プロが教える!牽引性脱毛症の8つの原因と対策の完全ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

牽引性脱毛症がどんな症状?原因は何なの?どうやって対処すればいいの?と詳しい内容が気になっていませんか?

牽引性脱毛症は適切に対処をすることで、改善が見込めますが、放置しておくと最悪の場合、生え際や分け目がドンドン薄くなって、女性らしい美しい髪を失ってしまう可能性もあります。

本ページでは育毛アドバイザーとして過去に300人以上の育毛のお手伝いをしてきた筆者が牽引性脱毛症を気にする女性へ原因や対処法を以下の流れで紹介していきます。

  1. 牽引性脱毛症で悩む人はたくさんいる
  2. 牽引脱毛症の主な8つの原因と対策

本ページを読んでいただければ、牽引性脱毛症の理解が深まり、あなたの悩みがグッと解決に近づくでしょう。

1. 牽引性脱毛症で悩む人はたくさんいる

女性の方は髪をまとめて結んだり、分けたりすると思いますが、結ぶことで髪が引っ張られたり、髪の重さで引っ張られることで、分け目や生え際の毛根に負担がかかり、髪が抜けてしまう症状を牽引性脱毛症と呼びます。

「そもそも自分は牽引性のハゲなの?」「どうやって対策をすればいいの?」と悩んでいらっしゃる方が非常に多いです。

実際に牽引性脱毛症で悩むお2人の声をみてみましょう。

口コミ・評判

yuuuui_1004さん

牽引性脱毛症について。私は牽引性脱毛症だと思います。いつも(家にいる時)邪魔なので髪ゴムで適当にお団子を割とキツく結んでるのでそれがいけないんだと思います。どんな結び方をしたら牽引性脱毛症ならないですか?どうしても邪魔なので髪を結んでしまいます…

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14170296974

口コミ・評判

sp_re_93185さん

若い女性の脱毛について20歳の女性で、職業上毎日の髪結いで髪が引っ張られて脱毛に悩んでます。育毛に効果が期待できる飲み薬や育毛剤をご紹介ください。よろしくお願い致します。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1088185250

牽引性脱毛症について、しっかりと原因を理解し、対策をとることで改善できるものですので安心してください。

しかし、もしこのまま髪に負担をかける生活をしていると最悪の場合、どんどん悪化して引っ張られた部分がハゲてしまう可能性もあります。

そのため、今疑わしいと感じた方は、症状を悪化させないために対策が必要です。

そこで次の章で牽引性脱毛症の詳しい原因や対策について紹介していきますので、参考にしながらしっかりと対策をしましょう。

牽引性脱毛症の対策に「育毛剤」はあまり期待できない!

牽引性脱毛症の対策に育毛剤をすすめているメディアもあるようですが、宣伝なので間に受けないでください。

牽引性脱毛症はあくまでも髪が引っ張られることで毛根に負担がかかり脱毛してしまう症状なので、毛根の負担を軽減することで、改善が期待できます。

ただし、髪は生えて、成長し、抜けるサイクルが決まっており、すでに薄くなっている場合は対策を始めてから改善には半年前後時間がかかるでしょう。

いまいち効果が実感できないからといってすぐに育毛剤に頼るのはおすすめできません。

2. 牽引脱毛症の主な8つの原因と対策

もしかするとあなたも、知らず知らずのうちに牽引性脱毛症を引き起こす原因となることを行ってしまっているかもしれません。

牽引性脱毛症を引き起こす原因となることは主に下記の8つです。

  • ポニーテール
  • エクステ
  • 編み込み
  • カチューシャヘッドアクセ
  • お団子
  • ヘアアイロン
  • 分け目がいつも同じ
  • ブラッシングで引っ張る

原因を把握し、心あたりがあるようならすぐに対策をうちましょう。

2-1. ポニーテール

ポニーテールは綺麗にセットしようとすると、髪を引っ張りあげるため、常に髪の毛が引っ張られている状態となり負担がかかりやすい髪型です。

対策として緩く結ぶポニーテールにするか、結ぶ位置を少しずつ変えると良いでしょう。また、結ばない日を作って、毛根を休ませるのも大事です。

2-2. エクステ

エクステは髪を長く見せたり、ボリュームを出せるなど、おしゃれを楽しむにはとてもいいものですが、エクステは長い髪を地毛につけるため、重くなり重力によって分け目が引っ張られることで毛根に負担がかかっている可能性があります。

対策としてはエクステをつけるのをやめるか、色を入れるだけの短いものを使うなどして、髪が重くなったり、引っ張られないように対策をしましょう。

2-3. 編み込み

編み込みは綺麗にセットするために、とても強く髪をまとめる必要があるため、負担がかかりやすい状態です。

対策としては、編み込みの中でも負担が比較的少ない三つ編みにしたり、頻度を減らすことで対策をとりましょう。

三つ編みの場所を少しずつずらしていくことも効果的です。

2-4. カチューシャ・ヘッドアクセ

カチューシャやヘッドアクセも使い方によっては髪に負担がかかってしまいます。いつも同じ場所にセットしたり、外れないようにしっかりとつけたりしていませんか?

対策としては、場所を変えることで、いつも同じ髪に負担をかけなくてすみます。

また、カチューシャやヘッドアクセも使う頻度を減らすなどして対策をしましょう。

2-5. お団子

お団子ヘアは髪を強く引っ張りあげるため、髪に負担がかかりやすい髪型です。簡単にできておしゃれに見えますが、毎日は毛根によくありません。

対策としては、お団子にする頻度を落とすか、お団子ヘアにしないことしかありません。毎日お団子というのは避けましょう。

2-6. ヘアアイロン

ヘアアイロンは、髪をストレートにしたり、巻き髪にしたりおしゃれには欠かせないアイテムですよね。

ヘアアイロンは、挟んで髪を引っ張りセットをするので、髪だけでなく毛根にも負担がかかります。

なるべく引っ張らないようにセットをするために、ヘアアイロンを持つ手で毛根に負担がかからないようにフォローをするなどいつも以上に気を使いましょう。

2-7. 分け目がいつも同じ

牽引性脱毛症は髪の重みによっても引き起こされるため、分け目がいつも同じだと、毛根に負担がかかってしまいます。

対策としては、分け目を毎日変えたり、分け目を作らないようにセットをするとよいでしょう。

髪を短く切ってしまうことで、髪の重みも減るので毛根への負担を軽減することも可能です。

2-8. ブラッシングで引っ張る

入浴後にドライヤーで乾かしながらブラシで強く引っ張っていませんか?

髪が絡まったりして、強くひっぱってしまうことも少なくないでしょう。

なるべく優しくブラッシングし、絡んだ髪を解くにしても、手で髪を掴み毛根に負担がかからないようにフォローをしましょう。

それでもよくならない場合は・・

もし、髪への負担を軽減して半年ほど経っても、一向に改善しない場合は牽引性脱毛症だけでなく、女性男性型脱毛症FAGAという症状で薄くなっている可能性が高いです。

その場合は育毛剤も視野に入れながら、全く異なる対策が必要なので、詳しくはこちら「プロが教える世界一わかりやすい女性の薄毛の完全マニュアル」の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

3. さいごに

牽引性脱毛症の原因や対策について紹介してきましたがいかがでしたか?

牽引性脱毛症を引き起こすことは主に下記の8つです。

  • ポニーテール
  • エクステ
  • 編み込み
  • カチューシャヘッドアクセ
  • お団子
  • ヘアアイロン
  • 分け目がいつも同じ
  • ブラッシングで引っ張る

放置しておくと、どんどん症状は悪化してしまいますので、まずは上記の8つの原因に対策を打ちましょう。

そして、薄毛を進行させないために、生活習慣や頭皮ケアも合わせて行っていきましょう。

あなたの悩みが少しでも軽くなることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket