薄毛治療は保険適用になるの?プロが教える治療費を安く抑えるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

病気などで薬を処方してもらう場合、健康保険証を提示すれば、自己負担額は減額されますが、”薄毛治療は保険の適用にならない”ということは一度は耳にしたり、目にしたことがあるのではないでしょうか?

みなさんが気になる下記のような疑問をすべて解決していきます。

■こんな疑問を持っていませんか?

  • 薄毛治療は保険の適用になるの?
  • 保険の適用にならないならどれくらいの費用がかかるの?
  • 保険の適用にする抜け道ってあるの?

このページでは、過去に育毛アドバイザーとして1000人を超える方々の育毛をお手伝いをしてきた経験を持つ筆者が、薄毛治療の保険についてや費用について下記の流れで詳しく紹介します。

  1. 薄毛治療は保険適応にならない
  2. 男女別にわかる!本当におすすめの薄毛専門のクリニック
  3. 薄毛専門クリニックで治療までの流れ
  4. 治療費を安く抑える2つのコツ
  5. リスクなく少し費用を抑えてできる自宅でケア

このページを読んでいただければ、薄毛治療の保険についてや、治療に関するお金について知識が身につき、少しお得に治療できるようになるでしょう。

1. 薄毛治療は保険適応にならない

薄毛の治療で気になるのは治療費ですよね。残念ながら、薄毛の治療は保険の適応にならないため高額な費用がかかります。

また、本格的に治療をする場合、少し知識をつけるだけで大きく費用を抑えられる可能性があるので、本ページを参考にしっかりと知識を身につけましょう。

1-1. 薄毛の治療が保険の適応にならない理由

男女の性別に関わらず、薄毛の治療は、厚生労働省が定めた医療保険が適応される病気に含まれていないため、保険の適応になりません。

生命に関わる病気の治療として見なされていないことが理由です。そのため、レーシックやED治療、美容整形などと同様に自由診療となり全て実費負担となっています。

風邪や骨折など医療保険が適応される病気や怪我であれば、2〜3割の負担で済む制度になっていますが、全て実費負担になることで、高く感じるかもしれません。

『いわゆる人間ドックその他の健康診断のための費用及び容姿を美化し、又は容ぼうを変えるなどのための費用は、医療費に該当しないことに留意する』

引用:所得税基本通達73-4

このように明記されており、薄毛の治療もこれに該当します。

1-2. 皮膚科でも保険の適応にならないのか?

病院の皮膚科などでも保険の適応にならないのか?と疑問に持つ方もいらっしゃいますが、保険の適応にはなりません。

どこで診断してもらうかではなく、「厚生労働省が定めた医療保険が適応される病気」に当てはまる病気と診断されなければ、保険の適応にはなりません。

皮膚科と薄毛専門クリニックの違い

皮膚科などの病院でも保険の適用にならないのか?と疑問に持つ方もいらっしゃいますが、保険の適用にはなりません。

どこでもらうかではなく、「厚生労働省が定めた医療保険が適用される病気」に当てはまる病気と診断されなければ、保険の適用にはなりません。

  皮膚科 薄毛専門クリニック
治療の目的 現状維持 育毛・発毛
治療の種類 薬の処方をしていない場合もある プロペシア・ミノキシジル・メソセラピー

サプリ・HRAG治療・自毛植毛など

治療薬の値段 高い 安い
専門性 ×
検査
血液検査・遺伝子検査
無料カウンセリング ×

なお、一部の皮膚科では治療薬を処方してもらうことは可能です。

皮膚科でも、一部の皮膚科では治療薬を処方してくれるところもありますが、数としては多くはなく、皮膚科に行くメリットがないためおすすめしません

皮膚科では専門的な知識を持っていない医師も多いので、治療にはクリニックに行くようにしましょう。

1-3. 薄毛治療に医療ローンは使えるの?

多くの人がおこなう薄毛治療は、1ヶ月あたり1万円以下で済んでしまうので、医療ローンを組むようなことはありません。

しかし、先進的で高度な治療をおこなう場合は、医療ローンを組むケースもあります。

そういった治療では1回あたり数万円〜数十万円の費用がかかり、治療によっては何度かおこなう必要があるため、治療費は高額になります。ローンを組む場合は月々1万円〜1万5000円程度に設定されていることが多いです。

薄毛治療薬で改善しなかった場合や、なるべく確実に早く効果を得たいという人が受ける治療ですので、まだ治療を初めていない人は気にする必要はありません。

1-4. 医療控除の対象にもならない

医療控除という「年間の医療費が10万円を超えたら、医療費控除でお金が戻ってくる」制度がありますが、こちらも、薄毛は病気とみなされないため、保険控除の適応にもなりません。

参考:医療保険・医療控除の適応になるケース

薄毛は病気ではないため、保険や控除の適応にならないことはお伝えしましたが、実は、病気が原因で髪が抜ける場合があります。

例えば、円形脱毛症や、甲状腺機能障害などの病気が原因で髪が抜けている場合は、その病気を治すための治療費は保険の適応になります。

もし抜け毛以外に、体調に変化がある場合は下記の2つの病気を疑いましょう。これらの症状であればその治療のために保険が適用されます。

病気 特徴 行くべき病院
円形脱毛症 10円サイズの円形に脱毛班がある場合 皮膚科
甲状腺機能障害 倦怠感、疲労感、むくみなどの症状がある人 内科

円形脱毛症は部分的に円形の脱毛が起こる症状なので、わかりやすいとは思いますが、もし気になる方はこちら『世界一詳しい円形脱毛症の完全ガイド|原因から治療法まで』の記事を参考にしてください。

甲状腺機能障害が原因の薄毛については、こちらで『側頭部が薄毛になった時に疑うべき5つの症状と症状別対処法』少し解説していますので、気になる点がある人はご覧ください。

2. 男女別にわかる!本当におすすめの薄毛専門のクリニック

薄毛の治療は保険の適応にならないので、風邪などで病院に行くのに比べて少し高いイメージがあるかもしれませんが、診察から薬の処方まで基本的に、3,000円〜10,000円程度で済むことも多いのです。

クリニックによって薬の費用に差がありますので、なるべく治療費が安いクリニックを選びましょう。

全国30以上あるクリニックについて、薬の価格や立地、治療の豊富さの観点で比較を行い、おすすめなクリニックを男女別に紹介します。

[男性]比較してわかった!本当におすすめの薄毛専門クリニック

の治療は基本的には治療薬で治療を進めていく為、クリニックの医療技術などには大きな差はありません。

ただし、薬の値段や治療法の豊富さ、立地条件などは大きく異なります。

そこで、30のクリニックを拠点数・治療の豊富さ・価格で比較し、上位9位を下記の表にまとめました。※10位は同率で複数ありましたので省略します。

ランキング クリニック名 拠点数 プロペシア価格 治療の豊富さ
1位 AGAスキンクリニック 50以上 ¥4,200~
(ジェネリック薬¥3,400~)
2位 湘南美容クリニック 50以上 ¥4,200~
3位 TOMクリニック 2 ¥7,000
4位 ガーデンクリニック 6 ¥6,500
5位 アゲインメディカルクリニック 2 ¥4,200~
6位 銀座総合美容クリニック 1 ¥7,560
7位 親和クリニック 4 ¥9,000
8位 ゴリラクリニック 7 ¥9,000
9位 ヘアメディカル 4 ¥6,500

※「-」はHPに記載がない、もしくはおこなっていないことを示しています。

コスパ、治療の豊富さを比べると、圧倒的にAGAスキンクリニックが優れています。そのため、私は薄毛に悩む方には『AGAスキンクリニック』に行くことをおすすめします。

男性に最もおすすめの薄毛専門クリニック・・・『AGAスキンクリニック』


AGAスキンクリニックは30のクリニックを比較した結果、非常に低価格で豊富な治療を受けられる、最もおすすめのクリニックです。

提携院含め全国に約50院をもつ業界の中でも最大規模の薄毛専門クリニックで、費用に関しても毎月3,000円台からと業界最低水準で治療を受けられます。

AGAメソセラビーなど高度な治療も行っているので、より効果が高い治療をしたい人にもおすすめです。

治療内容及び費用

  • カウンセリング・・・・・無料
  • 初診料・・・・・・・無料(一部の治療を始める時のみ5,000円)
  • プロペシア、フィナステリド錠など・・・・3,400円(税別)/月〜

AGAスキンクリニック公式ページ:https://www.agaskin.net

[女性]比較してわかった!本当におすすめの薄毛専門クリニック

今回、一番おすすめのクリニックを紹介するにあたって、女性のクリニックを徹底的に調べ、通いやすさ、価格と治療法について比較を行いました。

-スマホの方はスクロールできます。-

おすすめ順位 クリニック名 通いやすさ パントガール価格 治療の豊富さ
1位 東京ビューティークリニック 38 ¥7,000〜
2位 湘南美容クリニック 34 ¥10,260〜
3位 親和クリニック 4 ¥10,000〜
4位 東京青山クリニック 12 ¥30,000〜
5位 聖心毛髪再生外来 9 ¥12,960〜
6位 ウィメンズヘルスクリニック 1 ¥10,000〜30,000
別途初診料5,000円
7位 HARG治療センター 1 ¥150,000〜

女性の薄毛治療なら、コスパの面でも、通いやすさなどの面でも女性が薄毛治療をするのであれば、『東京ビューティークリニック』一択です。

女性に最もおすすめの薄毛専門クリニック 『東京ビューティークリニック』

東京ビューティークリニック』は、全国に拠点を持つ女性専用の育毛クリニックです。延べ10万人以上が来院したという圧倒的な実績があり、4~6ヶ月通院した方の99.4%が発毛を実感するなど信頼できるクリニックです。

業界最大手であるため多くの症例を元にした治療を期待できます。また、全国およそ40箇所で治療を受けられるので利便性も抜群です。

立地:銀座・渋谷・新宿・横浜・札幌・大宮・名古屋・梅田・難波・福岡(同じ治療を受けられる提携院は全国に40以上)

治療内容及び費用:

  • 発毛・育毛体験診断・・・・・初回無料
  • カウンセリング・・・・・無料
  • 初診料・・・・・・・無料(一部の治療を始める時のみ5,000円)
  • 女性向け薄毛治療薬「パントガール」・・・・・初回7,000円〜
  • FAGAメソラピー・・・・・・50,000円〜など

東京ビューティークリニック公式ページ:https://www.tokyobeauty.jp

これまでにも紹介しましたが、もし、クリニックが近くになさそうな人や、クリニックに行く時間がないという人は『AGAヘアクリニック』がおすすめです。こちらのクリニックであれば、家に居ながら診察を受け、安く薬を処方してもらえます。

3. 薄毛専門クリニックで治療までの流れ

“クリニック”というと「高そう…」「薄毛の治療って何をするのかな?..」と行ったことがない人は少し不安に思ってしまうかもしれませんね。

でも安心してください。薄毛専門クリニックは病院や歯医者さんなどと大きくは変わりません。

ただし、薄毛の相談や治療ということで、クリニックに行ってから治療までは少し他の病院とは違うので、薄毛専門クリニックで何をするのか?について紹介していきます。

  • 無料カウンセリング
  • 薬の購入
  • 高度な先進医療

① 無料カウンセリング

薄毛専門クリニックではまず、問診表などの記入をした後、患者の悩みや状態を聞きながら、髪の毛根や頭皮の状態をチェックします。そもそも薄毛になっているのかどうか?というところから診断してくれます。

薄毛の原因についての説明や、治療法、費用などについて説明を受けることができますので、気になることがあれば、無料カウンセリングでどんどん質問しましょう。

もし治療が不要な場合は、一切費用は発生しません。

保険の適応にならない治療って具体的にどんな治療法なのでしょうか。クリニックで行っている主な治療法について紹介していきます。

② 薬の購入

薄毛の治療薬は男性と女性で分けられており、ほとんどの人は性別に合わせて、治療薬を飲んだり、患部に塗ることで治療をすすめていきます。

薄毛を引き起こす原因物質を抑制し、抜け毛を防ぐ効果をもつものや、発毛効果があるものなどがあります。

下記の表にある薬は薄毛の治療に使われる主な治療薬です。

 薬の名前 効果 成分 錠剤の写真
プロペシア(男性用) 薄毛を引き起こす原因物質を抑制 フィナステリド %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-16-25-37
ザガーロ(男性用) 薄毛を引き起こす原因物質を強力に抑制 デュタステリド %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-16-21-41
リアップ、ロゲインなど(性別に合わせたもの) 血管を拡張し発毛を促す(作用機序は不明) ミノキシジル image1
パントガール(女性用) 栄養供給と髪を作る細胞の活性化によって髪の毛を発毛させる効果 アミノ酸・ビタミンなど

薄毛の症状を治療するためには、脱毛の抑制、発毛、などあらゆる面から行っていくことで高い効果が得られます。

これらのプロペシア、ザガーロ、パントガール などの薬は、約8割近くの人が現状維持あるいは改善する効果を持っていることが証明されています。

③ 高度な先進医療

薄毛専門クリニックでは自宅で使う薬以外にも、注射器で薬剤や特殊な細胞を直接頭皮に投与する「メソセラピー」「HARG治療」という治療や、後頭部の髪を髪が薄い部分に移植する「植毛治療」などの高度で先進的な治療があります。

高度な治療 概要 費用の目安
メソラピー 注射や超音波、レーザーなどを使い患部に直接育毛成分を浸透させる治療法 ¥19,000〜140,000/1回
HARG治療 骨髄や脂肪の幹細胞から抽出した成長細胞を頭皮に注入して発毛を促す治療 ¥80,000〜150,000/1回
植毛治療 毛が生えなくなった箇所に自身の髪を植え付ける ¥300,000/1回〜

薄毛の治療薬で改善しなかった場合や、なるべく確実に早く効果を得たいという人が利用します。

薄毛専門のクリニックにまだ行ったことがない人はまだ検討しなくても良いですが、興味がある人は、クリニックに行った際に専門家に質問しましょう。

薄毛専門のクリニックに行く前に知っておくべきポイント!

  • 無料カウンセリングでは髪や頭皮の状態をチェックして診断をしてもらえる
    (無料カウンセリングだけで帰ることも可能)
  • 3000円代から治療が可能
  • 薬を使えば8割以上の人が現状維持あるいは改善が見込める

4. 治療費を安く抑える2つのコツ

少しでも費用を抑えて治療ができれば嬉しいですよね。

この章では少しでも薄毛専門のクリニックでの治療費を安く済ませる裏技についてご紹介していきます。

  • コツ① ジェネリック薬を処方してもらう
  • コツ② 初回の料金が安い複数の薄毛専門クリニックに行く

コツ① ジェネリック薬を処方してもらう

薄毛専門のクリニックによっては、「価格の安いジェネリック薬(後発医薬品)でも良いですか?」と確認してくれるところもありますが、たまに、先発医薬品をそのまま処方される場合があります。

ジェネリック薬とは・・・

新薬の特許が切れた後、薬の成分は全く同じで臨床試験を簡易化して安くした薬をジェネリック薬と言います。効果はほとんど先発医薬品と同じと考えられています。

ジェネリック薬は先発医薬品に比べ1000円〜2000円程度安いため、費用を安く抑えたい人は、ジェネリック薬を処方してもらえるか聞いてみましょう。

コツ② 初回の料金が安い複数の薄毛専門クリニックに行く

AGA治療薬はクリニックによって、開きがありますがクリニックによっては、初回限定で薬の費用が安いクリニックがあります。

これら3つのクリニックであれば初回の薬の処方料金が安いので、もし「費用を安く抑えたい」「複数のクリニックに行くことは面倒ではない」という人は順番に3つのクリニックをまわると、薬の代金を安く抑えることができます。

5. リスクなく少し費用を抑えてできる自宅でケア

すでに髪が薄くなってきており、薬を使ってでもなるべく早く治したい方は薄毛専門のクリニックがおすすめですが、薄毛治療薬のリスクが気になる方や、「クリニックに行くほどは気になっていない」という薄毛の初期状態の場合は育毛剤からでも良いでしょう。

もし、その他全くお金をかけずに対策をしたい人はこちら「広告にだまされるな!自宅で0円から始められる薄毛対策10選」を参考にしてみてください。

これから検討する方に、特におすすめなのが以下の2つです。

  • 薬用ナノインパクト100・・・他の医薬部外品で効果が出なかった方におすすめ
  • マイナチュレ・・・女性におすすめ

薬用ナノインパクト100

薬用ナノインパクト100』は創業100周年を超える上場企業「ホソカワミクロン株式会社」のグループ会社によって販売される育毛剤です。

薄毛の原因に対して「現状維持」と「改善」それぞれに効果が期待できる成分がバランスよく含まれていることが特徴です。

その名の通り、豊富な成分のナノ化(小型化)に非常に力を入れた育毛剤で、皮脂の詰まった毛穴からも成分が浸透することが期待できます。

浸透力に期待が高く持てるため、他の育毛剤で効果が出なかった方にもおすすめの1本です。

価格(単品) 7,560円/本(初回半額)
3ヶ月利用時 18,900円/3本
内容量 60ml/本

薬用ナノインパクト100公式ページ

https://nanoimpact.jp/

Amazonなどで買うよりも公式ページの定期便を使うことが最もお得です。

マイナチュレ(女性用)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-10-23-24-40

マイナチュレ』は筆者が唯一おすすめする女性用の育毛剤です。無添加でありながら、多くの有効成分を配合しています。その結果、複数の雑誌で紹介されたり、3年連続モンドセレクションで金賞を受賞するなど品質にも安心できます。

価格(単品) 5,095円/本(初回半額)
3ヶ月利用時 3,790円/3本
内容量 120ml/本

マイナチュレ公式ページ

http://www.my-nature.jp

Amazonなどで買うよりも公式ページの定期便を使うことが最もお得です。

6. さいごに

これまで薄毛の治療が保険適応にならない理由や、具体的な治療法などついて詳しくお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

薄毛の治療は基本的に保険の適応になりません。

自由診療であるが故に、クリニックによって大きく治療費に違いがありますが、それぞれのクリニック毎の費用を比較することで、最小限の治療費に抑えることができます。

少しでも治療費を抑えたい人は、本ページを参考にジェネリック薬を使ったり、しっかりとクリニックを比較した上で検討するとよいでしょう。

あなたの薄毛の悩みが改善することを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket