1日1分でできる頭皮を柔らかく生まれ変わらせるポイント集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

頭皮を柔らかくするためにどうすればいいのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

実は、一般的に言われている方法の中には一時的な効果ばかりで根本の原因を解決できていない情報もあります。

本ページでは、そんなあなたに過去に育毛アドバイザーとして300人を超える方々の育毛をお手伝いをしてきた経験を持つ筆者が、頭皮を柔らかくするために根本的な解決に繋がる方法を下記の流れで詳しく解説していきます。

  1. 今日からできる頭皮を柔らかくする3つの方法
  2. 頭皮を柔らかくするためにすべき9つの習慣
  3. 本質的な解決にならない2つの対策
  4. 頭皮の固さを放っておくとおこる4つの症状

本ページを読んでいただくことで、頭皮を柔らかくするための知識がバッチリ身につくでしょう。

1. 今日からできる頭皮を柔らかくする3つの方法

頭皮が固い原因は血行不良なので、血行を良くすることで頭皮は柔らかくなります。

頭皮の血管は髪に栄養を届ける重要な役目を果たしているので、血行が良くなることで栄養が行き届きやすくなり、健やかな髪をつくることができます。

まずは、すぐにできる頭皮を柔らかくする以下の3つの方法をご紹介します。

  1. 頭皮をマッサージする
  2. 頭皮のツボを押す
  3. 頭皮を温める

1-1.頭皮のマッサージをする

頭皮のマッサージには血行を良くして、頭皮を柔らかくすることを期待できます。以下の手順で行ってみましょう。

簡単頭皮マッサージ手順

  1. こめかみあたりに両手の親指以外の4本の指をあてます。10秒間、指の腹を使ってゆっくりと円を描くように頭皮の表面をグリグリと動かします。
  2. 10秒が経ったら、指を少し上へずらして同じように頭皮を動かしていきます。少しずつ指を上絵ずらし頭のてっぺんまでいきます。
  3. 次に、後頭部耳の後、髪の生え際あたりに4本の指をあてて、1と同じようにマッサージします。
  4. 少しずつ指を後頭部の中心部へずらしていき、中央までいきます。

注意:頭皮マッサージのやりすぎはよくないので、力を入れすぎず5分以上はやらないように注意しましょう。

1-2. 頭皮のツボを押す

頭皮のツボを押すことで、血行を良くして頭皮を柔らかくできます。

ツボをより効果的に刺激するためには、いきなり強く押すのではなく、じんじんと圧迫感を感じる、痛きもちいぐらいの強さでツボの凹みに対して垂直にツボを押します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-10-54-26

以下の4つのツボをゆっくり1,2,3と数えながら3〜5秒ほど押してみましょう。5秒の中で、少しずつ力を強くしていき、緩やかに力を抜いていきます。

百会(ひゃくえ)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-20-34-35

効果

血圧の安定・めまい・立ちくらみ、乗り物酔い、二日酔いなど、全身症状の治療に効果があります。疲れ目や、鼻づまりなどが原因で起こる頭痛、耳鳴りなどにも効果的です。自律神経系の調整をするので、リラックス効果もあり、寝違えや首・肩こり、脱毛症の予防、痔などにも有効です。

場所

頭のてっぺん、耳と鼻を延長線上で結んだところに位置します。

角孫(かくそん)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-20-35-06

効果

結膜炎、耳鳴りや耳の痛み、むし歯や歯周炎、首すじから頭部にかけてのこわばりに効き目があるとされています。頭痛・頭重、めまい、立ちくらみなどにも効果が期待できます。

場所

もみあげ付近の、口を開けたり閉じたりする際に、くぼみができるところにあります。

風池(ふうち)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-20-34-52

効果

後頭部の筋肉をほぐし、血流を改善することで、肩こりや首のこりなどにも効果があるとされています。その他、耳鳴り、鼻づまり、花粉症、ストレス解消効果があるとされています。

場所

天柱から外側に指1本分ずらしたとこにあるくぼみにあります。

天柱(てんちゅう)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-18-31-38

効果

血圧安定に効果があるとされ、熱で汗が出ないときや、めまい、頭痛、目の疲れ、首の後ろや肩のりなどの際に、このツボを刺激するとよいとされています。血圧を安定させるため、のぼせ、低血圧症、高血圧症、乗物酔い二日酔い、などにも効果があります。さらに、慢性鼻炎や慢性副鼻腔炎による鼻づまり、鼻血、耳鳴り、寝違え、むくみ、むち打ちなど非常い効果は広くあります。

場所

首の後ろ側、中央に骨のくぼみがあります。その左右両側に僧帽筋という縦に太い筋肉があり、その上にあります。

1-3.頭皮を温める

お風呂に入ってゆっくり湯船に浸かれば全身の血行が良くなりますし、頭皮も温まるので血行が良くなります。

頭皮の血行も良くなるので湯船に入れる方は湯船でゆっくりと温まりましょう。

湯船に浸かれない方は、蒸したタオルを温めて頭に乗せたり、頭を包むことで直接温めるといいでしょう。

電子レンジで簡単蒸しタオル

  1. タオルを水に濡らし、絞ります。
  2. 濡らしたタオルをロールケーキのように丸めます。
  3. 電子レンジに入れて500Wで1分程度温めます。
  4. 加熱された蒸しタオルを一気に広げて冷まし、適温にします。
  5. 蒸しタオルを頭の上に乗せるか包みます。

※やけどしないように注意してください!

2. 頭皮を柔らかくするために気をつけるべき9つポイント

頭皮のマッサージやツボ押しをすることで、血行は一時的に良くなります。

しかし、本当に健康な頭皮や髪を手に入れるためには、日々の小さな習慣を変えていき、体そのものを健康に保つことが最も重要です。下記に気をつけるべき生活習慣を9つの紹介しますので、日頃から意識して少しずつ改善していきましょう。

  1. 湯船に浸かる
  2. 運動する
  3. ストレッチをする
  4. 目を疲れさせない
  5. ストレスを溜めない
  6. 睡眠をとる
  7. 食生活を整える
  8. 水分をとる
  9. タバコを控える

2-1. 湯船に浸かる

湯船に浸かることは血行を良くするのに非常に効果が期待できます。

仕事が忙しい方や、浴槽が狭い方は湯船に浸からずにシャワーだけで済ませている人もいるのではないでしょうか。

ゆっくりとお風呂に入ることで血行が良くなり、筋肉に溜まった老廃物を綺麗にし、肩こりや腰痛、頭痛などの症状も緩和できます。体の芯から温まることが重要ですので、シャワーだけではなくなるべく湯船に浸かるようにしましょう。

2-2. 運動する

運動をして筋肉を動かすことは血液の流れを良くするために非常に重要な役割をもっています。

筋肉を動かすことでポンプのように血液を身体中に送り出して、血行を良くする働きがあります。運動不足は筋肉を固まらせて肩こりや首コリなどの症状を引き起こすだけでなく、血行も悪くしてしまいます。

ウォーキングやジョギングなど激しい運動でなくても血行は良くなるので、帰宅前に少し遠回りして歩いたり、エレベーターやエスカレーターを使わずになるべく階段を使うなど、簡単にできることからやってみましょう。

2-3.ストレッチをする

ストレッチをすることで血行を促進する効果が期待できます。

筋肉を動かすことでポンプのように血液を身体中に送り出されています。ストレッチで筋肉をほぐすことで、筋肉が動きやすくなり血液の循環促進効果を高めることができます。

特に、肩や首まわりなどの筋肉は頭に近く、頭皮への血液の循環を阻害する要因にもなるので、長時間のデスクワークや勉強などをされる際は、時折ストレッチをするようにしてみるといいでしょう。

2-4. 目を疲れさせない

目の周りの血管は頭皮に繋がっているため、目の周りの筋肉が固まることで血行が悪くなり頭皮が固くなる原因になります。

長時間のデスクワークの方やスマホなどを頻繁にしている方は、時折遠くを見たり、眉毛を上下に動かしたり、眼球を上下左右に動かしたり、目が疲れないように気をつけましょう。

2-5. ストレスをためない

ストレスは体に悪いとされていますが、ストレスがたまると血行不良になります。

ストレスたまると自律神経が乱れ、血管を収縮させる作用のあるホルモンが大量に分泌されます。血管が狭くなることで、体が冷えて血行不良に繋がっていきます。

2-6. 睡眠をとる

実は睡眠も血液の循環にとても関わりが深い要素になっています。

寝ている間、体内では副交感神経の働きが活発になり全身の血管が拡張し、血液の流れは良くなります。

また、夜の睡眠中は様々なホルモン分泌され、脂肪を燃焼させたり、ホルモンの生成に使われるなど、血液中の脂肪分を代謝させることにも繋がります。

睡眠不足に気をつけ、最低6時間以上の睡眠は保つようにしましょう。

2-7. 食生活を整える

食べるものによっても血行は大きく左右されます。ちなみに以下に血液をサラサラに保ち、血行を良くする食べ物をまとめましたので、参考にしてみてください。

血行に良い食べ物

穀物 玄米
果物 りんご、バナナ、みかん、かき、キウイ、もも
野菜 玉ねぎ、にんにく、ねぎ、しょうが、はくさい、ブロッコリー、キャベツ、ピーマン、にんじん、豆類
魚介類 赤身魚、白身魚、タコ、イカ、ウナギ、
肉類 ヒレ肉、ササミ
海藻類  ひじき、わかめ、のり

また、反対に以下のようないわゆる「悪い食生活」をしていると血行が悪くなるため、注意しましょう。

  • 暴飲暴食
  • 甘いもの、脂っぽいもの
  • アルコールの摂りすぎ

2-8. 水分をとる

水分をしっかりと摂取することは頭皮を柔らかくすることに繋がります。

体内の水分量が減ると血液がドロドロになりやすく、血管が詰まりやすく血流が悪くなります。

寝る前と起きた後は特に水分が必要なので、コップ一杯の水を飲むと非常に健康にもいいとされています。水分はこまめに取りましょう。

2-9. タバコを控える

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させ血液の粘度を高めて血流を低下させます。それによって全身の新鮮な酸素と栄養素が充分に届けられなくなります。

血流が悪くなるのは一時的なものではありますが、タバコは体温を下げるので、喫煙の頻度が多いと体温が下がる時間も増え血行に良くありません。

タバコはほどほどにしましょう。

3.本質的な解決にならない2つの対策

一般的におすすめされている方法の中には、お金がかかるのに一時的な効果ばかりで本質的な部分を解決できていないものも多く出回っています。

以下に挙げるのはお金がかかるのに本質的な解決になっていない方法です。

お金をかけてまで本質的な解決にならないのであれば、筆者は1章や2章であげたお金がかからずにできる方法をおすすめします。

3-1.頭皮を柔らかくするシャンプー

頭皮を健康にするために、シャンプーを使い頭皮を綺麗に洗浄し清潔にすることは非常に大事です。また、シャンプーに含まれる有効成分も頭皮表面をなめらかに保つためには効果はあると思っています。

しかし、「頭皮を柔らかくする成分を配合しています」「頭皮の血行を良くします」とうたっているような商品がたくさんありますが、それらの効果は一時的な改善にしか過ぎません。

頭皮の固さの根本的な原因は血行不良によるものなので、部分的に頭皮の血行を良くするだけではなく、本質的には全身の血行を良くすることの方が大事だと私は考えています。

3-2.頭皮マッサージ器

頭皮マッサージ器は頭皮を柔らかくするようなイメージを持っている方も多いと思います。

頭皮に刺激を与えたり、マッサージをすることで血行促進効果は期待はできるとされていますが、その内容を公式な商品説明などで書いている商品はありません。

なぜなら、頭皮マッサージ器はそもそも医学的な根拠があるものではないからです。効果がないとは言い切れませんが、頭皮マッサージ器の目的は頭皮の洗浄であることを理解しておく必要があります。

4. 頭皮が固いことで起こりえる4つの症状

頭皮が固い原因は、血行が悪いことが原因であることはこれまでにお話ししてきました。

頭の血行が悪いまま放っておくと、以下の4つの症状を引きおこしてしまうので詳しく見ていきましょう。

  • 抜け毛
  • 頭痛
  • 肩こり、首こり
  • 顔のたるみ

4-1. 抜け毛

頭皮が固くなり、血行が良くない状態が続くと抜け毛の原因になります。

髪に必要な栄養は血液によって運ばれているので、血行が悪くなることで栄養がスムーズに供給できなくなり、髪が育たなくなるからです。

2章で紹介した血行をよくする方法を参考に、生活習慣を改善しましょう。

4-2. 肩こり、首こり

肩こりや首のこりは、血行不良が原因である場合があります。

頭皮が固いということは、体全体が血行不良であることも考えられます。

血行が良くない状態が続くことで、重たい頭を支える首や肩にも影響が出てきてしまうので、入浴で体を温めたり、ストレッチをするなどで対処しましょう。

4-3. 頭痛がする

後頭部から首にかけての頭痛の原因は緊張性頭痛と言われており、血行不良が原因で起こる頭痛です。

血液の循環を良くすることで、頭痛の症状は改善することができます。

4-4. 顔のたるみ

顔の筋肉や皮膚は頭と繋がっています。頭皮の血行不良により頭の筋肉が固まってしまい、弾力がおとろえると、顔の皮膚や筋肉を支える力も衰えるため、顔のたるみに影響してきます。

5.さいごに

頭皮を柔らかくする方法について詳しく解説していきましたが、いかがでしたでしょうか?

  1. 湯船に浸かる
  2. 運動する
  3. ストレッチをする
  4. 目を疲れさせない
  5. ストレスを溜めない
  6. 睡眠をとる
  7. 食生活を整える
  8. 水分をとる
  9. タバコを控える

頭皮を柔らかくする1番の方法は血行を良くすることです。あなたの日常生活の意識を少し変えるだけで少しずつ血行は良くなっていきます。本ページで紹介した9つの中からできることから1つずつ改善していきましょう。

あなたの頭皮の悩みが少しでも改善に近づくことを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket