頭皮用化粧水をおすすめしない2つの理由と本質的なケア7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「頭皮に化粧水ってどうなの?」「頭皮の乾燥は化粧水でケアできる?」と気になっていませんか?

頭皮に化粧水はおすすめしていません。乾燥を防ぐどころか、かえって頭皮の環境を悪くしてしまう可能性さえあるためです。

このページでは頭皮ケアアドバイザーとして1000人を超える髪に悩む方にアドバイスを送ってきた筆者が、あなたの頭皮の悩みを解決するために下記の流れで紹介していきます。

  1. 頭皮に化粧水をおすすめしない2つの理由
  2. 頭皮トラブル(フケ・かゆみ・乾燥)の原因
  3. 頭皮のトラブルを予防・改善するための対策7選
  4. おすすめしない頭皮用の化粧水まとめ《7つの商品》
  5. 頭皮ケアには育毛剤がおすすめ

このページを読んで頂くことで、あなたの頭皮についての悩みを解決するために、何をすれば良いのか明確になるでしょう。

1. 頭皮に化粧水をおすすめしない2つの理由

頭皮の乾燥やフケ、かゆみなどに悩んだ方の中には、上記のような頭皮用の化粧水を検討されている方もおられるかもしれませんね。

結論からいうと、頭皮に化粧水はおすすめしません。まずはじめにおすすめしない理由や、頭皮ケアはどうすれば良いのか?という点について解説していきます。

1-1. 頭皮に化粧水をおすすめしない2つの理由

頭皮に化粧水はおすすめしません。安易に化粧水を使っていると、悩みが悪化してしまう可能性さえあるので、注意が必要です。

主な理由としては下記の2つです。

  • アルコールや添加物が入っていて刺激になること
  • 化粧水では根本的なケアにならないこと

アルコールや添加物が入っていて刺激になること

頭皮用の化粧水には少なからず、アルコールや防腐剤などの添加物が入っています。

頭皮を守るどころか、逆に肌が弱い人などは赤くなったりかゆみを生じるなど、頭皮が荒れてしまう可能性があります。

化粧水では根本的なケアにならないこと

頭皮のフケ、赤み、かゆみなどのケアをしたいと考え、化粧水の使用をお考えのことと思いますが、化粧水では根本的な解決になりません。

原因は様々ですが、主に、普段使っているシャンプーの刺激、皮脂の過剰分泌などが原因であり、化粧水を使っても根本的な原因の解決にならないためです。

1-2. じゃあ頭皮ケアはどうすればいいの?

先ほどお伝えしたように、化粧水では根本的な解決になりません。

何かを使わなくても、日常の中に隠れている頭皮環境に影響する原因に対してしっかりと対策をすることで、頭皮の環境は確実によくなります。

以上のように、次の章以降で紹介する頭皮トラブルの原因を理解し、頭皮トラブルが起こらないような対策を行っていきましょう。

どうしても頭皮用の化粧水を使いたいという人のために、「4章 おすすめしない頭皮用の化粧水まとめ」で、市販の化粧水をまとめていますので参考にしてみてください。

2. 頭皮トラブル(フケ・かゆみ・乾燥)の原因

頭皮では常に皮脂が分泌され、ヒトの皮膚に住むマラセチア菌という菌が皮脂を分解することで、バリアのような役割を担う膜を作っています。

頭皮は皮脂が多くなったり、逆に少なったり、菌のバランスが乱れることで、細胞の循環(ターンオーバー)が乱れます。

その結果、頭皮のバリア機能が弱まり、トラブルをおこしやすい頭皮となります。

皮脂のバランスを崩し、頭皮トラブルを引き起こすきっかけとなる事柄が6つありますので詳しく解説していきます。

  1. 体質
  2. 血行不良
  3. 紫外線
  4. 頭の洗い方
  5. 洗浄力の強いシャンプー
  6. 頭の乾かし方

2-1. 体質

加齢によって、乾燥しやすい体質になったり、食生活により皮脂が多く炎症が起こりやすい体質が作られていきます。また、遺伝的に乾燥しやすい体質である場合もあります。

慢性的に頭皮トラブルを起こしやすくなっている場合はすぐには治りませんが、しかし、食事や生活習慣などの日常を見直すことで少しずつ改善することが可能です。

2-2. 血行不良

血行不良が原因で、頭皮の健康に必要な栄養素が十分に頭皮に行き届かないと、頭皮は適切な働きができずに乾燥状態になる場合があります。

ビタミンなどが不足すると、皮脂が酸化しやすくなります。酸化した皮脂が頭皮を刺激し、頭皮のターンオーバーが乱れやすい頭皮の状態になってしまいます。

2-3. 紫外線

紫外線は頭皮の乾燥を進行させてしまいます。

頭皮が紫外線を浴びることによって皮脂が酸化し、酸化した皮脂が頭皮を刺激することで、頭皮のターンオーバーが乱れるきっかけとなります。

紫外線の強い夏は頭皮トラブルを起こしやすい季節です。

2-4. 頭の洗い方

頭皮を必要以上に洗いすぎてしまうと、保湿のために必要な皮脂を落ちてしまい乾燥の原因となります。

頭皮を清潔に保とうと、力強く頭を洗ったり、何度も頭を洗ったり、1日に何度もお風呂に入ったりする方もおられると思いますが、乾燥の原因になっている可能性が高いです。

また、温度の高いお湯で頭を洗うことで、皮脂が落ちやすくなり、油分を落としすぎている可能性があります。

2-5. 洗浄力の強いシャンプー

安価なシャンプーというのは洗浄力がとても強く、頭皮を守るために分泌している皮脂を全て洗い流してしまいます。

皮脂を落とすとすっきりしたように感じるので、好んで使っている人も多いのですが、皮脂を必要以上に落とすと、頭皮がそれを補うために過剰に皮脂を分泌するようになり、頭皮の皮脂バランスが崩れ、頭皮環境の悪化に繋がります。

2-6. 頭の乾かし方

髪を乾かす際にも注意が必要です。高温の風を出すドライヤーを長い時間、頭皮に当てることで頭皮の水分を奪うことになり乾燥の原因になります。

ただし、自然乾燥は頭皮に良くないので頭の洗い方については次章でご紹介します。

3. 頭皮のトラブルを予防・改善するための対策7選

頭皮トラブルを起こさないようするためには皮脂のバランスを保つことが一番です。日々の小さな意識や行動の積み重ねがポイントになってきます。

頭皮トラブルを未然に防ぎ、健康な髪を育てるためにも、できることから少しずつやりましょう。すでに頭皮トラブルに悩んでいる人もこれらの対策をすることで、改善方向に向かうでしょう。

  • 頭の洗い方に気をつける
  • ドライヤーの使い方に気をつける
  • アミノ酸シャンプーに変える
  • 紫外線対策をする
  • 食生活に気をつける
  • タバコを控える
  • アルコールを控える

① 頭の洗い方に気をつける

髪の汚れはお湯ですすぐだけでも7割〜8割の汚れを落とすと言われています。

強く洗い過ぎたり、シャンプーやリンスを頭に残らないように以下の手順でしっかりとやさしく洗髪しましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-10-21-36-12

② ドライヤーの使い方に気をつける

ドライヤーは非常に高温の熱を出しますので、頭皮の水分を奪い乾燥の原因になります。できるだけ頭皮に負担がかからないドライヤーの仕方をご紹介します。

ちなみに、過度に水分を失わせないように8割くらいまで乾かした後は、冷風にして乾かすか、自然に乾燥させることをおすすめします。

頭を乾かさずに長い時間放置してしまったり、乾かし方が不十分だと、雑菌が繁殖してフケの原因になります。そのため、普段乾かし方が甘いと感じる人はしっかりと乾燥させましょう。

③ アミノ酸シャンプーに変える

シャンプーの洗浄力を抑えるために、アミノ酸シャンプーに変えると良いでしょう。化粧水を使うよりも、アミノ酸シャンプーに変えた方が頭皮や髪にはメリットがあります。

シャンプーも種類がたくさんあり、選ぶのがとても大変です。

そこで、洗浄成分、刺激成分、コスパなどの観点で比較をし、最もおすすめのシャンプーを紹介します。

どのように比較したのか?他のアミノ酸シャンプーも気になる人はこちらの記事で「20種を比較してわかった!おすすめのアミノ酸シャンプー2選」詳しく紹介しています。

haru 黒髪スカルプ・プロ

スクリーンショット 2016-08-24 11.43.57

haru 黒髪スカルプ・プロ』は、天然成分100%にこだわって作られた無添加シャンプーで、累計50万本を販売達成した今大人気のアミノ酸系シャンプーです。

頭皮に優しいだけでなく、頭皮環境を整える天然成分を多数配合しており、頭皮と髪をダブルでケアしてくれます。きしまないための成分を配合しており、これ一本でリンスもコンディショナーも不要で、艶のある美しい髪を保ちます。

30日間の返金保証がついているので安心してはじめることができますね。

  • 定期購入: ¥2,880 (通常¥3,600)
  • 特徴: アミノ酸シャンプー、100%天然由来、無添加、ノンシリコン

haru 黒髪スカルプ・プロ公式ページ

http://www.haru-shop.jp/

公式ページで購入するのが最も安いです。

④ 紫外線対策をする

特に夏場は紫外線対策をして、頭皮を守りましょう。

紫外線対策としては、帽子をかぶる、UVカットのトリートメントなどがありますので、日差しが強い季節は意識してみましょう。

なお、帽子をかぶる際は、蒸れて頭皮に悪い影響を及ぼさないように、通気性のいいものを選びましょう。

⑤ 食生活に気をつける

体は全て普段口にする食べ物によって作られています。普段の食生活から改善していくことが重要です。

皮膚に関わる栄養素で特に重要なものは、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、セラミド、α-リノレン酸、亜鉛などが挙げられます。

下記の表は皮膚の頭皮に良い効果が期待できる栄養素と食べ物の表です。

栄養素 効果 食べ物
ビタミンA  皮膚を維持する、新陳代謝を活発化する  いわし、さば、あなご、うなぎ、卵、牛乳、ピーマン、にんじん
ビタミンB  新陳代謝を活発化乾燥による炎症を抑える 豚肉、レバー、卵、豆類
ビタミンC  コラーゲンの合成、抗酸化作用  レモン、いちご、柿、しいたけ、ピーマン
ビタミンE  血行促進、新陳代謝の活発化  油、ゴマ、アーモンド、豆類、たらこ
セラミド  皮膚を保湿する成分  豆類、こんにゃく、ほうれん草、ヨーグルト、ひじき、わかめ
リノレン酸  細胞分裂の補助  えごま、大豆、小麦、柿
亜鉛  細胞分裂に必要、新陳代謝の活性化  牡蠣、牛肉、たらこ、卵

また、頭皮の健康のためには塩分、油分、糖分、食品添加物などには注意しなければなりません。

「油分」や「糖分」をとることで、皮脂の過剰分泌に繋がります。また、「食品添加物」「塩分」は血行を悪化させるため、髪に悪影響を与えます。

そのため、以下のような食べ物はなるべく避けることが大切です。

  • ラーメン
  • スナック菓子
  • ファーストフード
  • 揚げ物

我慢することは難しくても、頻度を落としたり、良くない成分が少ないものを選ぶなど工夫をしてみましょう。

⑥ タバコを控える

タバコは頭皮に必要な栄養素であるビタミンを破壊します。また、タバコは血管を収縮させ血行を悪くしてしまいます。その結果、ターンーバーを乱す原因となります。

タバコは辞めるか、本数を減らすように気をつけましょう。

⑦ アルコールは控える

お酒をたくさん飲む人はアルコールを控えた方がよいでしょう。理由は2つです。

  • 睡眠の質を下げる
  • 皮膚の形成に必要な栄養素が破壊される

アルコールはこのように様々な部分に影響を及ぼすため量を減らすか頻度を減らしましょう。

4. おすすめしない頭皮用の化粧水まとめ《7つの商品》

頭皮用の化粧水をどうしても使いたいという人のために、頭皮用の化粧水として使われているものを下記の表にまとめました。

どの化粧水にも刺激になる成分が入っていることがわかります。これらの刺激成分が入っていることで、頭皮が刺激を受け、頭皮環境が乱れることに繋がります。

頭用化粧水 刺激になる成分 価格
キュレル
%e9%a0%ad%e7%9a%ae%e4%bf%9d%e6%b9%bf%e3%80%80%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%ac%e3%83%ab
 パラベン 1200~1400円
すこやか地肌
%e3%81%99%e3%81%93%e3%82%84%e3%81%8b%e5%9c%b0%e8%82%8c
フェノキシエタノール 7300円
アスタリフト・スカルプフォーカスエッセンス%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%83%95%e3%83%88%e3%80%80 安息香酸ナトリウム
フェノキシエタノール
メチルパラベン
5600~6100円
ノブ薬用スカルプローション
メチルバラベン 1400〜1500円
オルタニカ スカルプエッセンス
エタノール 6480円
アマナクラ スカルプケアローション
エタノール 2600円
POLA シンフリー 薬用トニック
エタノール
オキシベンゾン
香料
1944円

これらの化粧水を使うのであれば、育毛剤などの方がおすすめです。

なぜなら、刺激性のある成分は控えられていることが多く、髪を健やかにするための美容成分もたっぷり入っているためです。詳しくは次の章で紹介します。

5. 頭皮ケアには育毛剤がおすすめ

頭皮用の化粧水はおすすめしませんが、育毛剤であればおすすめできます。

なぜなら、育毛剤は刺激となる成分が控えられていることが多いためです。それに加え、炎症を抑える成分が入っていたり、髪を健やかにするための美容成分もたっぷり入っています。

刺激成分が入っておらず、頭皮ケアにおすすめの育毛剤を紹介します。

薬用ナノインパクト100

薬用ナノインパクト100』は創業100周年を超える上場企業「ホソカワミクロン株式会社」のグループ会社によって販売される育毛剤です。

薄毛の原因に対して「現状維持」と「改善」それぞれに効果が期待できる成分がバランスよく含まれていることが特徴です。

その名の通り、豊富な成分のナノ化(小型化)に非常に力を入れた育毛剤で、皮脂の詰まった毛穴からも成分が浸透し、健やかな頭皮と髪を作る手助けをしてくれるでしょう。

価格(単品) 7,560円/本
初回限定価格 3,780円/本
3ヶ月利用時 18,900円/3本
内容量 60ml/本

薬用ナノインパクト100公式ページ

https://nanoimpact.jp/

Amazonなどで買うよりも公式ページの定期便を使うことが最もお得です。

マイナチュレ

マイナチュレ』は比較した結果最もおすすめできる女性用の育毛剤でした。無添加でありながら、多くの有効成分を配合しています。

薄毛の原因となるホルモンの生成を抑える効果が期待できるオウゴンエキスなども配合されており、薄毛の原因に直接的な対策を打つこともできます。

複数の雑誌で紹介されたり、3年連続モンドセレクションで金賞を受賞するなど品質にも安心でき、今最も人気がある育毛剤です。

価格(単品) 5,095円/本
初回限定価格 980円
定期購入 4,457円/6ヶ月
内容量 120ml/本

マイナチュレ公式ページ

http://www.my-nature.jp

育毛剤には偽物も多く出回っているので、なるべく販売元のページから直接購入しましょう。

6. さいごに

頭皮に化粧水は有効なのか?その他、頭皮のケアの方法について詳しく解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

頭皮用化粧水は頭皮に刺激となる可能性があり、かえって頭皮トラブルの原因になる可能性があるため、おすすめしません。

そして、頭皮トラブルを改善するのであれば下記のような方法の方が効果的だからです。

  • 頭の洗い方に気をつける
  • ドライヤーの使い方に気をつける
  • アミノ酸シャンプーに変える
  • 紫外線対策をする
  • 食生活に気をつける
  • タバコを控える
  • アルコールを控える

できることから取り組んで、頭皮を綺麗に、そして、髪を綺麗に保ちましょう。

化粧水を使うくらいなら、育毛剤などの方が刺激成分などに配慮もされており、頭皮を整えるための成分もたっぷり入っているのでおすすめです。おすすめの育毛剤は下記の2つです。

あなたの頭皮についての悩みが解決することを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket