プロペシアのジェネリック薬を安全に最安で買えるおすすめクリニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「プロペシアのジェネリック薬ってどうなの?」「どこで買えるの?」と気になっていませんか?

プロペシアのジェネリックは価格も安く、同程度の効果が期待できるので、おすすめできます。しかし、入手法には注意が必要です。

このページでは、過去に育毛アドバイザーとして1000人を超える方々の育毛をお手伝いをしてきた経験を持つ筆者が、プロペシアのジェネリック医薬品について詳しく紹介します。

  1. プロペシアのジェネリックとは?
  2. プロペシアとジェネリック医薬品の3つの違い
  3. プロペシアのジェネリックの種類
  4. プロペシアのジェネリック薬を安く手に入れる方法
  5. 海外性のプロペシアのジェネリック薬に注意!!
  6. プロペシアのジェネリック薬の微妙な違い

このページを読んでいただければ、プロペシアのジェネリック薬のどれを使えば良いのか、どこで購入するのが安いのかわかるでしょう。

1. プロペシアのジェネリックとは?

出典:http://shinbashi-cl.com/propecia

プロペシアは一般名フィナステリドと呼ばれ、アメリカで開発されたAGAの先発医薬品です。

その後、ジェネリック医薬品が続々と販売され、日本国内でもいくつかの医薬品メーカーによって、フィナステリド錠のジェネリック薬が販売されています。

プロペシアのジェネリックは良いの?

プロペシアのジェネリック医薬品は価格が安く、同程度の効果が期待できるのでおすすめできます。

それでいて、プロペシアよりも数千円安く購入できます。

クリニックに行くとジェネリック薬をおすすめされることもあります。

2. プロペシアとジェネリック医薬品の3つの違い

先発医薬品であるプロペシアと、ジェネリック医薬品はどのように違うのか?その違いについて解説していきます。

先発医薬品とジェネリック医薬品の成分は基本的に同じです。

しかし、成分は同じでも実は異なる部分がいくつかあり、効果にまで違いがある可能性もあります。本章では先発医薬品とジェネリック薬の違いについて紹介します。

  • 効果の違い
  • 製法の違い
  • 市場に出るまでの試験の違い

2-1. 効果の違い

先発品とジェネリック薬の成分は同じです。しかし、多くの医師が先発医薬品とジェネリック薬は効果に違いがあると言うそうです。

もちろん、同じという医師もいますが、効果に差が出る可能性はゼロではないと考えられます。

その理由については以降で触れていきます。

2-2. 製法の違い

ジェネリック医薬品は先発医薬品の有効成分は同じですが、薬の製法は各メーカーによって異なります。コーティングの仕方や内部構造などがそれぞれ異なってしまいます。

コーティング剤や構造が異なるだけで、吸収される速度や、成分が分解される速度などが変化する可能性もあります。

そのため、製法が異なるだけで効果が変わってくる可能性も十分に考えられます。

2-3. 市場に出るまでの試験の違い

ジェネリック医薬品は市場に出る前に薬が先発医薬品と同等であることを示したデータの提出が義務づけられています。

実際に、症状に有効であるかを調べる「有効性の試験」をしますが、統計的に有効であるという範囲に収まっていればよいため、完全に同じではありません。

また、安全性を調べる試験がなく、先発医薬品に比べ圧倒的にデータが少ない状態です。試験の工程や手間が少ないおかげでジェネリックを安く購入できるというわけです。

このように成分は同じでも、全く同じではない薬であるということだけは頭に入れておきましょう。

3. プロペシアのジェネリックの種類

2015年になって、フィナステリドを含むジェネリック医薬品が日本でも販売され始めました。

下記の表は日本で厚生労働省の認可が下りているフィナステリド錠と製造や販売会社の一覧です。

製品 会社 区分
プロペシア MSD株式会社 先発品
フィナステリド錠 0.2mg、1mg「ファイザー」 ファイザー株式会社 ジェネリック
 フィナステリド錠 0.2mg、1mg「サワイ」 沢井製薬株式会社 ジェネリック
 フィナステリド錠 0.2mg、1mg「トーワ」 東和薬品株式会社 ジェネリック
フィナステリド錠 0.2mg、1mg「クラシエ」 発売:クラシエ製薬株式会社
製造販売:大興製薬株式会社
ジェネリック
フィナステリド錠 0.2mg、1mg「SN」 製造販売元:シオノケミカル株式会社
発売元:あすか製薬株式会社
販売:武田薬品工業株式会社
ジェネリック

先発医薬品に比べ数千円程度安く、安全に使えるため、もし費用を少しでも抑えたいならクリニックでジェネリック医薬品の販売がされているかを確認してみましょう。

ちなみに『AGAスキンクリニック』であればファイザー社のジェネリックが安く手に入ります。

4. プロペシアのジェネリック薬を安く手に入れる方法

AGA治療薬は医師の診断がないと処方ができないため、クリニックに行く必要があります。

AGA治療は、自由診療であるため、クリニックによって薬の価格には大きく差があります。少しでもお得に薬を手に入れることができるように、全国に100あるクリニックを比較しました。

順位 クリニック名 製薬会社 価格 拠点数 治療の豊富さ
1 AGAスキンクリニック ファイザー ¥3,400(2回目以降¥6,000) 40院以上
2 湘南美容外科 ファイザー ¥4,200(2回目以降6,000) 20院以上
3 ヘアメディカル ファイザー ¥6,000 4拠点
4 親和クリニック トーワ ¥7,000 4拠点

初回と2回目以降の金額が異なるクリニックもありますが、プロペシアよりも数千円安いことがわかります。

これらのクリニックであれば、拠点数も多く、実績も多い大手のクリニックなので、安心して通うことができます。最安値のクリニックは『AGAスキンクリニック』でした。

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック』は非常に低価格で豊富な治療を受けられる、私が最もおすすめしたいクリニックです。

全国に約50院をもつ業界の中でも最大規模のクリニックで、費用に関しても毎月3,000円台からと業界最低水準で治療を受けられます。また、規模が大きい分、実績も豊富で、発毛実感率も99.4%と多くの方が満足しています。

AGAメソセラビーなど高度な治療も行っているので、AGA治療をこれからはじめる方だけでなく、色々試したけど効果がなかった人にも、全ての方におすすめのクリニックです。

⑴立地

以下のように、全国にバランス良く展開されています。また大都市には「女性専用」のクリニックも展開されているため、通いやすくなっています。

AGAスキンクリニックの拠点

【関東】東京 (秋葉原・池袋・上野・品川・渋谷・新宿・西新宿・新橋・銀座・六本木・町田)、神奈川(横浜)、埼玉(大宮・川口)、千葉(柏・船橋)

【北海道・東北】北海道(札幌・函館)青森、宮城(仙台)、秋田

【中部・北陸】富山、愛知(名古屋)

【近畿】京都、大阪(梅田2・難波)、神戸

【山陰・山陽】広島(広島・福山)、愛媛(松山)、高知

【九州・沖縄】福岡(福岡・小倉)、沖縄(那覇)

【女性専用クリニック】東京 (渋谷・新宿・銀座)、埼玉(大宮)、北海道(札幌)、愛知(名古屋)、大阪(梅田)、福岡(福岡)、沖縄(那覇)

⑵主な治療内容及び費用

  • カウンセリング・・・・・無料
  • 初診料・・・・・・・5,000円今ならキャンペーンで無料
  • プロペシア・・・・4,200円(税別)/月〜
  • ファイザー・・・・3,400円(税別)/月〜

AGAスキンクリニック公式ページ

https://www.agaskin.net

似たような名前のクリニックがいくつもあるので間違えないようにしましょう。

参考:家から一歩も出ずに診察が受けられる 『AGAヘアクリニック』

AGAヘアクリニック』は東京の秋葉原にあるクリニックですが、全国どこに住んでいてもスマホで無料の診察を受けられます。

医師にテレビ電話で無料診察してもらい、あなたの症状に応じた薬を送ってくれる画期的な仕組みで、多くの人が使うようになってきています。無料診察の後、治療にかかる費用を聞いて治療を断ることも可能ですし、もちろん薬を処方してもらわない限りお金は一切かかりません。

家から一歩も出ずに医師の診察を無料で受けられるので、近くにクリニックがない方にも、行くのが面倒な方にも、いきなり病院はちょっと..という方にもおすすめです。

⑴立地

東京の秋葉原にあるクリニックですが、全国どこにいてもスマホで治療を受けられます

⑵主な治療内容及び費用

  • 診察料・・・・・・・・・・・・・無料
  • テレビ電話診察、医療相談料・・・無料
  • 血液検査(薬を処方してもらう際に1度は必須)・・・3000円~
  • フィナステリド配合内服薬・・・・5,500円
  • プロペシア・・・・・・・・・・・7,500円
  • ザガーロ・・・・・・・・・・・・9,000円

AGAヘアクリニック公式ページ:

https://agahairclinic.com/

似たような名前のクリニックがたくさんあります。テレビ電話で診察してもらえるクリニックはほとんどないので間違えないようにしましょう。

5. 海外性のプロペシアのジェネリック薬に注意!!

プロペシアやジェネリック薬は世界中で使われており、輸入代行サイトなどを使えば違法に輸入された、下記の表にあるように様々な国でジェネリック品が購入できます。

製品 メーカー 区分 備考 容量  価格
プロペシア1mg28錠 メルク社(アメリカ製) 先発品 フィナステリド内服の元祖。日本国内でも製造されている。含有量5mgのバリエーションもある。 28錠 ¥5,000前後
プロペシア5mg100錠 ファイザー社(アメリカ製) ジェネリック 日本国内でも製造されている。 28錠 ¥3,800前後
フィンペシア1mg100錠 シブラ社(インド製) ジェネリック 発がん性のあるキリンイエローというタール系色素をコーティング剤に使用していた。 100錠 ¥2,000前後
フィナロ1mg100錠 インタス社(インド製)  ジェネリック イギリス大手製薬会社アストラゼネカと一般薬の供給を契約した会社。新進気鋭の会社で口コミが少なく判断しづらい。 100錠 ¥1,600前後
フィンカー5mg100錠 シブラ社(インド製)  ジェネリック ピルカッターなどで4分の1にカットしての服用が推奨されている。 100錠 ¥3,000前後

※為替によって変動します。2017年4月時点の価格です。

上記の表にあるように、日本製のものに比べてとても価格が安いです。

しかし、下記の3つの理由でネット通販での購入は絶対におすすめしません。その理由についてお伝えします。

  • 偽物や粗悪品が混ざる可能性
  • 海外製の安全基準
  • 公的な救済措置を受けられない

① 偽物や粗悪品が混ざる可能性

海外製の薬は、流通の過程で偽物や粗悪品が混じる可能性があります。

もし偽物や粗悪品だった場合、効果が得られずその間、AGAの症状が進行してしまうだけではなく、思いもしない副作用のリスクが現れる可能性さえあります。

そもそも、個人で薬を使っている人は、検査や医師の診療を受けてない人が多いと考えられ、偽物の効果がないもの使っていても気がつかない可能性もあります。

② 海外製の安全基準への不安

一般的に、ジェネリック医薬品は市場に出る前に薬が先発医薬品と同等性があることを示したデータの提出が義務づけられています。

しかし、ジェネリック医薬品も症状に有効であるかを調べる試験はしますが、安全性を調べる試験がなく、先発医薬品に比べ圧倒的にデータが少ない状態で販売されます。

これが、試験データも基準もわからない海外製のジェネリック品は特に、安全性に関してどうしても不安が残ってしまいます。

③ 公的な救済措置を受けられない

日本では、副作用により入院や治療が必要になるような事態が起こった場合には、公的機関から補助や救済措置を受ける制度があります。

しかし、医薬品を正規販売者以外から購入・使用し副作用が起きた際には、公的機関からの救済措置を受けられません。

海外製の製品は厚生労働省の認可が下りていない薬であり、厚生労働省のHPでも個人輸入された薬を購入をしないため下記のように注意を喚起しています。

『最近、個人輸入代行と称して、外国製の医薬品や医療機器を広告して、それらの購入を誘引する仲介業者がいます。しかし、日本の薬事法に基づく承認や認証を受けていない医薬品や医療機器の広告、発送などを行うことは、違法な行為です。また、何かトラブルが生じても一切責任を負おうとせずに、全て購入者の責任とされます。こうした悪質な業者には、くれぐれもご注意ください。引用:厚生労働省HP

6. プロペシアのジェネリック薬の微妙な違い

プロペシアのジェネリック薬であるフィナステリド錠は、ファイザー、サワイなど、いくつかの製薬会社が販売していますが、会社が異なるだけではありません。

使用する材料が製法に規定はないので、少しずつ違いがあります。

  • MSD社のフィナステリド錠とは?
  • ファイザーのフィナステリド錠とは?
  • サワイのフィナステリド錠とは?
  • トーワのフィナステリド錠とは?
  • クラシエのフィナステリド錠とは?
  • SNのフィナステリド錠とは?

基本的に、病院で医師の指導のもと使うのであればどれでも安全なので、詳しく知る必要はありませんが、参考までにみていきましょう。

MSD社のフィナステリド錠とは?

MSD社とは、アメリカの製薬会社でフィナステリドの元となる前立腺肥大の薬プロスカーを開発しました。

そのプロスカーがAGAにも効果があるということで、新たにAGA治療薬としてフィナステリド錠を販売し広まってきました。

現在では世界70ヵ国以上で使われています。

ファイザーのフィナステリド錠とは?

ファイザー社は、フィナステリド錠を販売し始めたのが早く、比較的知名度があり、クリニックなどでもファイザー社のフィナステリド錠を採用しているところが多いです。

ファイザー社のフィナステリド錠は、生物学的同等性、すなわち、飲み薬として使用した場合に、プロペシアとほぼ同じ結果が出ると認められています。

サワイのフィナステリド錠とは?

サワイのフィナステリドとは、沢井製薬から発売されているものです。

錠剤の形や色、添加物などは基本的に全て先発医薬品と同じものとなっています。

プロペシアとの違いは、プロペシアには黄色三二酸化鉄が含まれていますが、サワイには含まれていないこと、直径が0.1mm小さく、厚さが0.1mm厚いことが違いです。

トーワのフィナステリド錠とは?

トーワのフィナステリドとは、東和薬品から発売されているものです。

基本的には他のフィナステリド錠と同じですが、ボトルに30錠入っていることが特徴です。

クラシエのフィナステリド錠とは?

クラシエのフィナステリドとは、クラシエホールディングスから発売されているものです。

基本的には他のフィナステリド錠と同じですが、特徴は、他の会社が販売しているフィナステリド錠よりも少し安いことが特徴です。

しかし、販売しているクリニックがほとんどないので、あなたが通って手に入る場所にない可能性が高いです。

SNのフィナステリド錠とは?

SNのフィナステリドとは、シオノケミカルから発売されているものです。

基本的には他のフィナステリド錠と同じで、特徴もとくにありません。

以上のように、いくつかの会社でジェネリック薬が販売されていますが、おおよそ違いはありません。多くのクリニックでは、先発医薬品のプロペシアとファイザー社のフィナステリド錠の二択になるでしょう。

これまでご紹介した大手のクリニックで販売されているジェネリック薬が安いです。

7. 最後に

ここまで、プロペシアのジェネリック医薬品について詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

プロペシアのジェネリック薬は、プロペシアに比べて価格が安いので、お得にAGA治療薬を使うことができます。

少しでも安く済ませたい人は、クリニックに行ってプロペシアのジェネリック薬を処方してもらいましょう。

AGAスキンクリニック』であれば、拠点数も多く、実績も多い大手のクリニックなので、安心して通うことができます。

あなたの悩みが少しでも解決することを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket