M字ハゲにならないための世界一効果的な予防法10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

将来自分もM字型にハゲるのではないか?と心配ですよね。

実は、M字の部分はそもそもハゲやすい部分なので、早めに予防をしておかなければ、気づいた時にはハゲが進行し改善できないほどになってしまうかもしれません。

本ページでは育毛アドバイザーとして過去に300人以上の育毛のお手伝いをしてきた筆者がM字ハゲ予防を以下の流れで紹介していきます。

本ページを読んでいただければ、近い将来M字ハゲを進行させないために今できることの知識が身につくでしょう。

1. M字にハゲやすい2つの理由とM字ハゲになりやすい人の特徴

M字にハゲている人は非常に多くあなたも将来ハゲる可能性があります。そうならないために、今からハゲの予防をすることはとても有効な方法です。

しかし、多くの人がハゲになることを意識しておらず、ハゲてしまってから焦っているのが現状です。

  • M字にハゲやすい2つの理由
  • M字ハゲになりやすい人の特徴

上記の2点をしっかりと理解して、M字ハゲの危険性を理解を高めましょう。

1-1. M字にハゲやすい2つの理由

そもそも前頭部はハゲやすい部分であり、M字ハゲになりやすい2つの理由があります。

  • 毛細血管が少ない場所であること
  • ハゲを引き起こす原因となる酵素「5αリダクターゼ」が多い場所であること

髪の成長に必要な栄養は血管によって運ばれますが、おでこのM字にあたる生え際の部分には毛細血管が少なく、栄養が行き渡りにくくなることで髪の生育に影響が出やすい場所です。

そしてさらに、生え際はハゲを引き起こす原因となる酵素「5αリダクターゼ」が多く、そもそもM字にハゲやすいということをご理解いただければと思います。

1-2. M字ハゲになりやすい人の特徴

M字ハゲの原因は主に生活習慣、食生活、頭皮環境と言われており、M字ハゲになりやすい人は下記にあるような特徴があります。

原因 ハゲになりやすい人
生活習慣 睡眠不足である
運動不足である
ストレスが溜まりがち
タバコを吸う
食生活 いつもコンビニのものばかり食べている
外食が多い
お酒をよく飲む
頭皮環境 頭を強く洗ってしまう
頭皮がかゆい

心当たりがあることはありましたでしょうか?これらの原因がなぜハゲを引き起こすのかしっかりとメカニズムを理解していなければ、いくら簡単な予防法とはいえ、継続することができないでしょう。

下記の図を見てください。

男性ホルモン「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という還元酵素が結びつくことで、ジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、「脱毛ホルモン」と呼ばれ、脱毛に作用するホルモンで、毛根に存在するアンドロゲン受容体に受け取られることで髪の成長を抑制したり皮脂を過剰に分泌し毛髪の育成に悪影響を及ぼします。

このようにM字ハゲは主に生活習慣、食生活、頭皮環境の改善で予防をすることができるので、しっかりと仕組みを理解した上で次章以降の予防対策をしていきましょう。

2. M字ハゲの予防が期待できる生活習慣4つのポイント

M字ハゲを予防するために、今日から気をつけることができる生活習慣の4つのポイントについてご紹介します。

  • 睡眠は時間と質にこだわる
  • 有酸素運動をする
  • ストレスの発散方法を見つける
  • タバコの本数を減らす

2-1. 睡眠は時間と質にこだわる

睡眠が足りないと、ストレスがたまりホルモンのバランスを崩すので毛髪環境に悪影響を与えます。

そのため、しっかりと睡眠の時間にこだわりましょう。

どうしても時間が確保できない方は睡眠の質にこだわってみましょう。以下の4つを守ることで睡眠の質が向上するため、改善が期待できます。

①寝る前にスマホやパソコンをなるべく触らない

人が睡眠と目覚めを正しくするために「メラトニン」というホルモンが働いていますが、スマホやパソコンのプルーライトはこのメラトニンを抑制する働きがあります。

そのため、寝る前にスマホやパソコンを操作すると、なかなか寝付けず、質の悪い睡眠になってしまいます。

②90分の睡眠サイクルを意識する

個人差はありますが、多くの方が90分の睡眠サイクルで深い眠り、浅い眠りを繰り返すため90分を1セットと考えて睡眠時間を取ることが良いと言われています。

そのため、睡眠時間は7時間半、6時間、4時間半など90分の倍数で睡眠時間を確保すると良い眠りが実現します。

人によって睡眠サイクルはバラバラなので、90分周期でも快眠できなければ、オムロンの「ねむり時間計」などを使ってあなたにあった睡眠サイクルを探しましょう。

③22時~2時の睡眠時間を確保する

一般的に、成長ホルモンが最も多く分泌されるのが22時~2時と言われています。そして、この時間が髪を作るたんぱく質の合成が進むため、毛髪も最も生えやすい時間と言われています。この時間に睡眠を取っていればこの効果はグッと高まります。

つまり、睡眠時間を確保することが難しい方でも夜の22時~2時のゴールデンタイムはなるべく寝ていられるように意識しましょう。

④リラックスした状態で睡眠時間を向える

睡眠時は、副交感神経が優位に働いています。そして、眠る前からリラックスしている状態になることで副交感神経が同じように優位になるため、すっと眠りに入ることができるようになります。

そのため、なるべくリラックスしている状態で睡眠に入りましょう。リラックスしている状態は人それぞれですが、リラックスするのが難しい方は、寝る前にホットミルクを飲んでみましょう。

なぜなら、牛乳のタンパク質を消化することで生成されるオピオイドペプチドにはリラックス効果があるためです。

2-2. 有酸素運動をする

ランニングなどの有酸素運動は、少量ではありますが汗と一緒にDHTを流し出すことができるのでハゲの改善に効果が期待できます。

また、ストレスの発散や血行の促進にもつながるため、ハゲの対策をしたい方は定期的な有酸素運動をすることをおすすめします。ランニングを続けられなさそうであれば、以下のように無理のないことから始めてみましょう。

  • 通勤でバスを使わず歩く
  • 休日に散歩をする
  • 毎日湯船に浸かる
  • サウナで汗を流す

無理して運動してストレスになってしまうと元も子もありません。あくまでも気分をリフレッシュしながら汗をかけそうなものがあれば試してみましょう。

2-3. ストレスの発散方法を見つける

あなたなりのストレスの発散方法を見つけることも、ハゲ対策には効果的です。仕事など、ストレスから逃れることができなくても、そのストレスをうまく発散できれば髪の毛へのダメージを減らすことができます。

そこであなたなりのストレスの発散方法を見つけ、定期的にストレスを発散してあげましょう。

下記の2つはストレスを和らげる効果があると言われているので試してみるといいかもしれません。

  • 「太陽の光を浴びる」
  • 「ハーブティーを飲む」

2-4. タバコの本数を減らす

タバコは髪の育成に必要なビタミンを破壊します。また、タバコは血管を収縮させ血行を悪くしてしまいます。

タバコは辞めるか、本数を減らすように気をつけましょう。

3. M字ハゲの予防が期待できる食生活の4つのポイント

M字ハゲを予防するために、今日から気をつけることができる4つの食生活のポイントについてご紹介します。

  • ハゲに効く栄養素を摂る
  • ゴマと納豆を食べる
  • 避けるべき4つのもの
  • アルコールは控える

3-1. ハゲに効く栄養素を摂る

ハゲに効く栄養素として、脱毛ホルモン「DHT」を抑制する成分を適度に摂ることをおすすめします。

DHTを抑制する2つの成分

DHTを抑制する2つの成分は、「イソフラボン」と「亜鉛」と言われています。これらの栄養素は、DHTの元になる物質を抑制する働きがあります。そのため、イソフラボンと亜鉛を適度に摂取しましょう。

  • イソフラボンを取れる食材・・・納豆、豆腐など
  • 亜鉛を取れる食材・・・・・・・牡蠣、煮干し、するめ、ビーフジャーキー、チーズなど

その他髪の毛に良い食品

その他、髪の毛に良いとされる栄養素は、「ビタミン」「たんぱく質」「ミネラル」と言われています。

  • 「ビタミン」・・・血行促進・髪の老化防止
  • 「たんぱく質」・・髪の毛の原料となる
  • 「ミネラル」・・・髪の育成の促進をする

以上のことから、「イソフラボン」と「亜鉛」だけでなく、「ビタミン」「たんぱく質」「ミネラル」も適度に摂取することが、健康な頭皮作りに必要です。

しかしこれらの栄養素は摂りすぎても良いことはないので、1日3食、肉・魚・野菜・乳製品などバランス良く食べることを心がけましょう。

3-2. ゴマと納豆を食べる

一人暮らしなどで、なかなか食事に気を使えない方にも簡単な食べ物から、始めていただければと思います。忙しい方にも毎日食べていただきたいのは、「ゴマ」と「納豆」です。

ゴマ

sesame

ゴマには、頭皮に嬉しい栄養素「ビタミン」「たんぱく質」「ミネラル」が豊富に含まれるだけでなく、頭皮の老化を防ぐ効果のある「セサミン」も含有されています。忙しくてもゴマならおやつがわりに簡単に食べることができるため試してみてください。

納豆

Fotolia_95966982_XS

納豆には「イソフラボン」「亜鉛」「ビタミン」などが豊富に含まれているため、頭皮と髪の毛に優しいです。定食屋などでも簡単に追加できるので、1日1食どこかで食べられるように意識してみましょう。

3-3. 避けるべき4つのもの

頭皮の健康のためにできるだけ避けたいものが以下4つのものです。

  • 塩分
  • 油分
  • 糖分
  • 食品添加物

「油分」や「糖分」をとることで、皮膚がギトギトになり、毛髪の育成に良くない環境ができてしまいます。また、「食品添加物」「塩分」は血行を悪化させるため、発毛に悪影響を与えます。

そのため、以下のような食べ物はなるべく避けることがハゲ対策には大切です。

  • ラーメン
  • スナック菓子
  • ファーストフード
  • 揚げ物

我慢することは難しくても、頻度を落としたり、良くない成分が少ないものを選ぶなど工夫をしてみましょう。

3-4. アルコールは控える

お酒をたくさん飲む人はアルコールを控えた方がよいでしょう。理由は3つです。

  • 睡眠の質を下げる
  • DHTを抑制するはずの栄養素が減少する
  • 髪に必要な栄養素が破壊される

アルコールはこのように様々な部分に影響を及ぼすため、ハゲを改善したい人は飲む量を減らしたり、飲む頻度を減らすように心がけましょう。

4. M字ハゲの予防が期待できる頭皮ケアの2つのポイント

頭皮からは常に皮脂が分泌されてでおり、空気中のゴミがつきやすいので非常に汚れやすい環境にあります。

そして、その汚れが毛穴をふさいでしまうと、頭皮が皮膚呼吸できなくなり、毛根が弱ってしまいます。そのため、頭皮をよく洗えていないとハゲの大きな原因になります。

洗いすぎにも注意!

洗浄力が強すぎるシャンプーを使うと、必要以上に皮脂を洗い落としてしまい、今よりももっと皮脂が出るようになってしまします。すると一層汚れなどがつきやすくなるだけでなく、細菌の繁殖や炎症につながります。このような症状は毛根を弱らせ、抜け毛の大きな原因になります。

そこでこの章では、頭皮ケアの中でも大きな影響を与えうる「シャンプーの選び方」と「使い方」を紹介していきます。

本ページでは概要のみを紹介しますが、おすすめのシャンプーなど具体的な情報は「育毛のプロ直伝!若ハゲ対策に効果的なシャンプーの全知識」を参考にしてみてください。

4-1. 髪の毛に優しい「アミノ酸系のシャンプー」を使う

市販のシャンプーの多くが「洗いすぎてしまう」という問題があります。そういったものだと、頭皮の皮脂を必要以上に取り除いてしまい、その後皮脂が余剰に分泌されてしまったり、細菌の繁殖や炎症につながるため、おすすめをしません。

そこで筆者は髪の毛に優しいシャンプーは「アミノ酸系のシャンプー」をおすすめします。シャンプーには必ず界面活性剤が使われています。

界面活性剤とは水と油の境目(界面)を混じり合わせるもので、本来は水で落ちないような汚れを落とすのに効果的な成分で、食器用の洗剤などにも活用されています。

市販の洗浄力が強すぎるシャンプーは、石油を原料とした人工的に作られた合成界面活性剤を成分にしています。そういったものだと、皮脂を余分に取ってしまったり頭皮の皮膚細胞が破壊されてしまいます。

そのため、筆者は「アミノ酸系のシャンプー」をおすすめします。アミノ酸は皮膚や髪の毛を作るたんぱく質の成分になっています。そのため、適度に頭皮を洗浄することができるのでハゲには効果的です。

「アミノ酸配合」のシャンプーには注意!

アミノ酸配合のシャンプーとは、先ほどの合成界面活性剤にアミノ酸系洗浄剤を加えただけのシャンプーです。そのため、頭皮には悪いシャンプーになります。

純粋なアミノ酸系のシャンプーは「ココイルグルタミン酸」や「ココイルアラニン」が入っていますので、ご自身でシャンプーを探すときに参考にしてください。

4-2. 頭皮に優しく洗う

頭皮の汚れが毛髪の成長を妨げるため、きちんと頭皮についた汚れを落とすことが大切です。しかしながら、洗髪の際に頭皮に負担のかかる洗い方になってしまうと、頭皮や髪の毛にダメージを与え、ハゲの原因になる恐れがあります。

そのため、以下のステップで網の毛を洗うように意識をしましょう。

①洗う前に髪をとかしておく

髪が長い方は特に洗う前に髪を手ぐしやブラシでとかしておくことを意識しましょう。なぜなら、髪の毛が絡まった状態で洗髪をすると髪に非常に強い負荷がかかるためです。

ポイントはまずは毛先からとかしていき、その後全体をとかします。溶かすことで、シャンプー前に余計なゴミを落とすことにもつながります。

②シャンプー前にお湯で汚れをよく落とす

シャンプーをつける前にしっかりと髪の毛をすすぎます。そうすることで、以下の2つのメリットがあります。

  • シャンプーをつけた時の頭皮や髪の毛への刺激を減らすことができる
  • シャンプー前に汚れを落とすことができる

ちなみにこの段階で髪の毛の汚れを8割程度落とすイメージで洗いましょう。ちなみにお湯の温度は頭皮に刺激を与えない38度くらいがちょうどいいです。

③よく泡立ててからシャンプーをつける

10円玉くらい(男性の場合、女性のロングヘアの方は500円玉くらい)を出し、手のひらできちんと泡立たせてからシャンプーを使いましょう。

よく泡立てずにシャンプーを頭皮につけると、髪の毛でシャンプーを泡立てることになるので、刺激を多く受けてしまいます。

また、シャンプーのつけすぎは洗い残しの原因になるため注意しましょう。

④爪を立てずにさっと洗う

汚れを落とすために爪を立てる方もいらっしゃるかと思いますが、頭皮を守るために爪は立てずに指のお腹で頭皮をしっかり洗いましょう。

側頭部や後頭部など髪の生え際から頭頂部に向けて全体をまんべんなく洗います。

そして、髪に優しいシャンプーでなければ、洗い終えたらシャンプーはなるべく早く流すことが余計な刺激を与えないために大切です。

⑤洗い残しが無いようにしっかりと流す

髪をシャンプーで洗った時間よりも何倍も時間をかけて髪を流しましょう。ここでなるべくシャンプーの成分を残さないことが重要です。

シャンプーが残ってしまうと皮膚のトラブルにつながり、抜け毛につながります。

リンスを使う場合は以下の2点を守って使いましょう。

  • リンスやコンディショナーは頭皮にはつけず、髪の毛のみにつける
  • 洗い残しが無いようにしっかりと流す

⑥ドライヤーは8割まで

頭皮に刺激を与えないように「ゴシゴシ」ではなく、押さえるように髪の毛をの水分を拭き取った上でドライヤーをします。ドライヤーをせずに髪の毛を濡れたままで放置すると、細菌などが発生する原因になりますので、抜け毛が気になる方は必ずドライヤーをしましょう。

そしてドライヤーをして頂く際は温風を一箇所に過度に当ててしまうと、頭皮のトラブルの原因になります。そこで、温風と冷風を交互に当てて、過度に頭皮に熱を当てないようにしましょう。

また、8割程度乾いたところでドライヤーはやめておくことがベストです。なぜなら、8割までドライヤーで乾かせればそこからは自然乾燥で十分に乾きますし、頭皮に必要な水分も乾かしてしまうことを防ぐためです。

朝シャンは、頭皮に良くないため、抜け毛に悩む方、抜け毛を予防したい方は避けましょう。

朝シャンが良くない理由としては、シャンプーをした時に皮脂が落ちてしまうからです。皮脂は、頭皮をガードする役割も果たしており、それが落ちた状態で1日を始めると紫外線などで頭皮がダメージを受け、抜け毛につながります。

5. 心配な人は「育毛剤」でハゲ予防!

「3章までの予防だけでは心配」「もうすでに少しハゲてきている」という人は育毛剤を試してみたほうがいいかもしれません。

育毛剤は薄毛になってしまった方のためのものだと思われがちですが、実は育毛剤は頭皮の状態を健やかにするものも多く、予防にもつながります。

そこでハゲ対策に使える育毛剤の選び方と、実際のおすすめを紹介します。

5-1. はげに効果的な育毛剤の選び方2つのポイント

ハゲ対策の育毛剤選びにあたって、意識していただきたいポイントは2つあります。

  • M字ハゲの症状にあった育毛剤か
  • 続けられる価格か

M字はげの症状にあった育毛剤か

男性型脱毛症(AGA)に効果が期待できる育毛剤であれば、予防が期待できます。特にDHTの発生を抑制するために5αリアクターゼ酵素の働きを緩やかにするものがおすすめです。

続けられる価格か

育毛剤は、根気よく続ける必要があります。つまり、高い効果を期待して、あまりに高いものを選んでしまうと経済的に続けることが困難になり、対策をすることができません。

そのため、価格と期待できる効果をよく考えて、コストパフォーマンスの良いものを選びましょう。

5-2. おすすめ育毛剤2選

以上の観点から、筆者が予防したい方におすすめする育毛剤は、状況に応じて以下の2種類です。

イクオス

イクオス』は予防に期待できる成分を中心に、豊富な成分を含んでいる非常にコスパのいい育毛剤です。

様々な角度から育毛に期待ができる成分が豊富で、以下のような効果が特に期待できる育毛剤でした。

  • 脱毛ホルモンの元になる「5αリダクターゼ」をブロックする
  • 脱毛の指令が出るのを防ぐ
  • 炎症を抑え、頭皮を健やかに保つ
  • 保湿・血行促進

以上のように様々な角度効果が期待できるので、多くの方におすすめの育毛剤です。

また、商品が合わない場合には45日と比較的長い期間の返金を受け付けてくれること、フリーダイヤルで育毛の相談を受け付けていることから初めての育毛剤におすすめです。

価格(単品) 9,698円(税抜)/本
3ヶ月利用時 19,374円(税抜)/3本
内容量 120ml/本

イクオス公式ページ

http://iqos-official.jp/user_data/

Amazonなどで買うよりも公式ページで定期便を使うことが最もお得です。

また、口コミがどうしても気になる方は「500の口コミでわかるイクオスはあなたにベストな育毛剤か」にまとめたので参考にしてみてください。

チャップアップ

チャップアップ』は、頭皮の環境を整えたり、脱毛ホルモンを抑制するなど、「予防」「現状維持」に対して効果が期待できる育毛剤です。

以下は一例ですが、有効成分やその他効果が期待できる成分の数が非常に多いのが特徴です。

  • スカルプケアに役立つアミノ酸15種類
  • 頭皮環境の改善を目的とした成分17種類
  • 血流改善の改善を目的とした成分20種類

そのため、「維持」「予防」という観点で高い効果が期待できるので、「予防のために使いたい」という方には特におすすめです。

イクオスよりも長期間使うと価格は高めですが、成分数は多いため、イクオスで満足できなかった方はチャップアップを使ってみましょう。

価格(単品) 7,400円/本
3ヶ月利用時 20,700円/3本
内容量 120ml/本

チャップアップ公式ページ

http://chapup.jp/

単品購入時・定期便利用時共にAmazonなどで買うよりも公式ページが最安です。(当サイト調べ)

また、口コミがどうしても気になる方は「500の口コミでわかるチャップアップはあなたにベストな育毛剤か」にまとめましたので、参考にしてみてください。

6. 最後に

M字ハゲを予防するために今日からできることを中心に紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

おでこはもともとハゲやすい部分なので、なるべく若いうちから予防をしておかなければ気づいた時にはハゲてきている可能性があるので注意が必要です。

ハゲないために予防対策をしておくことで、ハゲるリスクをグッと減らすことができますので、本ページを参考にできることからやってみましょう。

もし日常の習慣の改善だけでは物足りない人は育毛剤も試してみるといいでしょう。

筆者おすすめの育毛剤は以下の2種類です。

あなたが近い将来ハゲないことを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket