プロが教えるM字ハゲを世界一効率良く治すための全ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

M字ハゲをどうやって治すのか気になっていませんか?

M字ハゲはきちんと対策をすれば治りますが、まちがった知識で対策をしてしまうと、ますます進行してしまう恐れがあります。

本ページでは育毛アドバイザーとして過去に300人以上の育毛のお手伝いをしてきた筆者がM字ハゲの原因や治療法を以下の流れで紹介していきます。

本ページを読んでいただければ、M字ハゲの治療がどういうものなのかが理解でき、あなたのハゲの悩みがぐっと改善に近づくでしょう。

1. M字ハゲが治るたった1つの理由

M字ハゲは「治らない」「治る」など色々な声が飛び交っていますが、M字ハゲは放置しているとハゲはどんどん進行してしまいます。しかし、しっかりと治療を行うことで治すことができる可能性があります。

筆者が以前アドバイスをした方の声からもおわかりいただけるのではないでしょうか。

口コミ・評判

39歳・男性「生え際がほぼ全滅状態から」
ここ3年ほどで生え際がほぼ全滅していました。プロペシアなども効果がなく諦めていたところ、プラセンタというものがあることを知り試してみることに。あまり安くはなかったけれど、ダメでもともとという気持ちで試したら生え際にびっちりと産毛が生えてきました。生活習慣も見直してこの産毛を大叔父に育てていきたいと思います。

この方のようにしっかりと治療をすることで治すことは可能です。本章ではM字ハゲを治すために下記の2つをしっかりと理解してください。

  • ハゲのメカニズム
  • ハゲが治るたった1つの理由

1-1. M字ハゲのメカニズム

M字ハゲを治すためにはハゲの原因やメカニズムを理解しておくことがとても重要になります。

ハゲは主に男性ホルモンの乱れから起こります。男性ホルモン「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という還元酵素が結びつくとジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、「脱毛ホルモン」と呼ばれ、脱毛に作用するホルモンで、毛根に存在するアンドロゲン受容体に受け取られることで髪の成長を抑制したり皮脂を過剰に分泌し毛髪の育成に悪影響を及ぼします。

下記の図はハゲのメカニズムを図で表したものです。

このように、主に生活習慣が乱れていることで、ハゲの原因となるジヒドロテストステロンが増えてしまったり、髪の成長を抑制してしまうことでハゲが進行してしまいます。

1-2. M字ハゲが治るたった1つの理由

下記の図は髪が生えてから抜けるまでの周期を表した図です。m字ハゲが治る理由を知るためにまずは髪のサイクルを理解しましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-17-32-28

通常、2年〜6年かけて成長期から退行期に入るまでに毛根が太くなったり、髪が太く成長します。しかし、ハゲの人は成長期が短くなるため、毛根が太くなったり、髪が太くなることなく髪が抜けてしまいます。

ハゲの人はこのサイクルがどんどん短くなることで髪がなくなっていきます。

そのため、髪が残っている状態であれば、薬や日常生活の改善で髪のサイクルを戻すことができるので、ハゲを治せる可能性があります。

もし、ツルツルにハゲている人でも2次章で紹介する方法を参考にすれば治せる可能性もあるので安心してください。

2. 最も効率良くM字ハゲを治す治療法5選

最も効率よくM字ハゲを治したいなら病院で治療を受けることがおすすめです。

M字ハゲを治す方法はたくさんありますが、今の主流となっているのは以下表の5つで、あなたの症状に合わせて治療を受けられます。

主に、髪を育てる細胞を刺激したり、ハゲを誘発する「5αリダクターゼ」を抑制することで効率よくM字ハゲを治すことができます。

治療の名称 概要 期待効果 費用 治療を受ける場所
HARG治療法 骨髄や脂肪の幹細胞から抽出した成長細胞を頭皮に注入して発毛を促す薄毛治療。 ★★★★★ AGA専門クリニック など
プロペシアの投与 ハゲを食い止めるために、脱毛ホルモンDHTの発生を抑制する。皮膚科に行くとこれがメインの治療法になる。 ★★☆☆☆ AGA専門クリニック・皮膚科 など
ミノキシジルの投与 毛母細胞と呼ばれる髪の根元の細胞の細胞分裂を加速させることで髪の成長を早める ★★★☆☆ AGA専門クリニック など
植毛治療 毛を生えなくなった箇所に植え付ける ★★★★★ AGA専門クリニック など
AGAメソラピー 注射や超音波、レーザーなどを使い患部に直接育毛成分を浸透させる治療法 ★★★★☆ 中~高 AGA専門クリニック など

本章ではそれぞれの治療法について詳しく紹介していきます。

生活習慣や育毛剤などはハゲを食い止めることはできますが、「治す」というには効果が薄いので3章で紹介します。

2-1. HARG治療法

HARG治療法とは、Hair Re-generative theraphy(毛髪再生治療)のことです。骨髄や脂肪の幹細胞から抽出した成長細胞を頭皮に注入して発毛を促す薄毛の治療法です。

効果が出るまでに3~8か月かかること、そして痛みを伴う治療である可能性が高いといったデメリットがありますが、育毛剤のようなアレルギーの心配がなく安心して治療を受けられることがメリットです。

男性ホルモンに働きかける治療法ではないため女性の方でも安心して治療を受けられます。

2-2. プロペシアの投与

皮膚科や、AGAクリニックに行くと多くの場合で男性はプロペシアを投与してもらえます。プロペシアには、ハゲの主原因であるDHTという悪玉ホルモンを抑制する働きがあります。

しかしながらプロペシアには、抜け毛やハゲを「止めること」は期待できるものの、「育毛」「発毛」の効果はあまり期待ができません。

女性はプロペシアを利用しても効果がありません。反対に妊娠中だと胎児に悪影響を与える恐れがありますので注意が必要です。

2-3. ミノキシジルの投与

AGAクリニックだとミノキシジルを処方してもらえます。

ミノキシジルは医学的に発毛効果が認められている発毛・育毛成分です。毛母細胞と呼ばれる髪の根元の細胞の細胞分裂を加速させることで髪の成長を早める働きをします。

AGAクリニックの場合、プロペシアに加え、ミノキシジルも処方してもらえるため皮膚科の治療よりも高い効果が期待できます。

2-4. 植毛治療

毛を生えなくなった箇所に植え付ける「植毛」という手段もあります。植毛には以下の2種類があります。

  • 人工毛植毛・・・人工繊維でできた人工毛を植え付ける
  • 自毛植毛・・・・自分の髪の毛を薄毛の部分に移植する

以上の2パターンがありますが、リスクが少ない自毛植毛の方が主流となっています。移植した髪が定着すれば、その後のメンテナンス等も必要なくなり、若ハゲの悩みから解放されることができます。

しかしながら、治療費が高額で、範囲によっては100万円以上の治療費になるケースも多いです。

2-5. AGAメソラピー

AGAメソラピーとは、注射器やレーダーなどを使って、患部に直接育毛成分を浸透させる最新の治療法の事です。

メリットは、患部に直接浸透させることができるので、外用薬や内服薬よりも確実に毛根に栄養を届けるため、早期の効果が期待できることです。また、痛みもほとんどないように各医療機関が様々な取り組みをしています。

また、女性の方は、「プロペシア」を使えない分、早い回復に向けてAGAメソラピーを使うことをおすすめします。

2章で紹介してきた方法は、最も効率的に早く治す方法ですが、100%治せるわけではなく費用も高くつき、副作用もあるため敬遠される方もいらっしゃいます。

なので、医師と一緒にどのような手順で治療を進めていくのかアドバイスを受けながら決めていきましょう。

3. 自宅でもM字ハゲの改善ができる2つの対策

発毛の期待は薄いですが、ハゲの進行を食い止めるために費用も安く、より安全にできる対策を2つご紹介します。

  • 生活習慣の見直し
  • 育毛剤

3-1. 生活習慣の見直し

自分でできる、最もお金のかからない方法が生活習慣を見直すということです。ハゲの原因は、遺伝だけでなく、生活習慣や食生活とも言われています。

そのため以下のように生活習慣や食生活、シャンプーなどできることから改善していくことも治療の大きな一歩になります。

解決策 主な行動
①生活習慣の改善
  • 睡眠の量と質の向上
  • 有酸素運動、難しければ体を定期的に動かし汗をかく
  • ストレスの発散方法を見つける
②食生活の改善
  • 「イソフラボン」「亜鉛」他バランスの良い食生活を
  • 忙しければ「ごま」と「納豆」を食べる
  • 「油分」「塩分」「食品添加物」をなるべく避ける
③頭皮ケア
  • 頭皮に優しいシャンプーを選ぶ
  • 頭皮に優しい洗髪の方法を実践する

具体的には何をすればいいのかが気になる方は、「誰でも今日からできる!世界一効果的にハゲを防止する39の対策」を参考に対策をしてみてください。

3-2. 育毛剤

自宅でできる治療のもう一つの手段が、「育毛剤」です。

病院での治療ほどは高価ではなく、またリスクも少なく、生活習慣の改善よりは効率的に対策をすることができます。

今は通販などでも簡単に育毛剤を手に入れることができます。そして、正しい選び方をすれば、ハゲの改善の期待が持てます。

筆者は状況に合わせて以下の育毛剤をおすすめします。

  • イクオス・・・初めての育毛剤におすすめ
  • フィンジア・・医薬部外品で効果が出なかった方におすすめ
  • リアップ・・・副作用があっても強い効果が欲しい方におすすめ

イクオス

イクオス』は、豊富な成分を含んでいる非常にコスパのいい育毛剤です。

M字ハゲの原因に対して、様々な角度からの対処に期待できる成分が豊富で、以下のような効果が特に期待できる育毛剤でした。

  • 脱毛ホルモンの元になる「5αリダクターゼ」をブロックする
  • 脱毛の指令が出るのを防ぐ
  • 炎症を抑え、頭皮を健やかに保つ
  • 保湿・血行促進

以上のように様々な角度効果が期待できるので、M字ハゲをなんとかしたい多くの方におすすめの育毛剤です。

また、商品が合わない場合には45日と比較的長い期間の返金を受け付けてくれること、フリーダイヤルで育毛の相談を受け付けていることから初めての育毛剤におすすめです。

価格(単品) 9,698円(税抜)/本
3ヶ月利用時 19,374円(税抜)/3本
内容量 120ml/本

イクオス公式ページ

http://iqos-official.jp/user_data/

Amazonなどで買うよりも公式ページで定期便を使うことが最もお得です。

また、口コミがどうしても気になる方は「500の口コミでわかるイクオスはあなたにベストな育毛剤か」にまとめたので参考にしてみてください。

フィンジア

フィンジア』は注目成分のキャピキシルやピディオキシジルを高濃度で含むスカルプケア商品です。

ちなみにキャピキシルはミノキシジル(※)の3倍の効果が期待できるという実験データもある成分です。副作用のリスクは少ないと言われています。

※「発毛」の効果が認められている成分

注目成分の他にも、唐辛子の成分であるカプサイシンやビワ葉エキス、ヒオウギエキスといった多くののアプローチでのM字ハゲの改善に期待できる成分が豊富にバランス良く配合されています。

イクオスよりは値段は高いですが、筆者がM字ハゲの方におすすめしたい成分が豊富に含まれているため、イクオスで効果があまり出なかった方におすすめです。

価格(単品) 12,800円/本
3ヶ月利用時 29,940円/3本
内容量 60ml/本

フィンジア公式ページ

http://finjia.jp/

Amazonなどで買うよりも公式ページで定期便を使うことが最もお得です。また、口コミがどうしても気になる方は「300人の口コミでわかるフィンジアはあなたにベストな育毛剤か」にまとめたので参考にしてみてください。

リアップ

リアップ』は、大正製薬が販売し、薬局などで買える唯一のミノキシジル外用薬です。

ミノキシジルは日本で唯一発毛効果の認められた成分でそれが高濃度で含まれる「リアップX5」に発毛効果が期待できます。

そのため「後退してしまったM字ハゲを元に戻したい」という人にはおすすめの育毛剤です。ただし、副作用のリスクもあるため、服用の際は体の変化に注意しながら使いましょう。

価格(単品) 7,048円(税抜)/本
3ヶ月利用時 21,144円(税抜)/3本
内容量 60ml/本

リアップ(大正製薬)公式ページ

http://www.taisho.co.jp/riup/

初めてリアップを使う場合は、薬局などで薬剤師などに相談しながら使うことをおすすめします。

副作用が不安な方は病院などで医師の指導のもとミノキシジル外用薬を処方してもらった方がより安全です。

リアップに関してより詳しく知りたい方は「200の口コミでわかる「リアップ」はあなたにベストな治療薬か」に口コミをまとめましたので参考にしてください。

4.さいごに

M字ハゲを最も効率良く治すために、ハゲのメカニズムから、治療法まで紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

生活習慣や育毛剤を使うことでM字ハゲを食い止めたり改善することはできますが、抜け切った髪を元に戻すほど治すことは難しいです。

効率よくM字ハゲを治す方法は下記の5つです。

  • HARG治療法
  • プロペシアの投与
  • ミノキシジルの投与
  • 植毛
  • AGAメソラピー

これらの方法は皮膚科やAGAクリニックでないと行えません。もし一刻も早く治したい人は、医師の話をしっかりと聞いた上でこれらの治療を検討しましょう。

あなたの頭の悩みが少しでも改善することを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket