20種からプロが厳選!増毛のためにおすすめのシャンプー3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「髪が薄くなってきた…髪を増やしたいけどどうすればいいの?」「増毛するためにはシャンプーで何とかならないかな?」と悩んでいませんか?

増毛する上で、シャンプー選びはとても重要です。もし、頭皮に良くないシャンプーを使っていると増毛どころか、逆効果になってしまうかもしれません。

このページでは育毛アドバイザーとして1000人を超える髪に悩む方にアドバイスを送ってきた筆者が、増毛シャンプーについて下記の流れで紹介していきます。

  1. 増毛に役立つ低刺激なシャンプーおすすめランキング
  2. 増毛のために知るべきシャンプー選びの3つのポイント
  3. 増毛のために押さえておきたいシャンプーの仕方
  4. 増毛のために注意したいシャンプー

このページを読んで頂くことで、増毛に良いシャンプーがわかり、増毛するために必要な知識を身につけることができるでしょう。

このページでは、男性向けに解説していきますので、女性の方で髪を増毛したい方は、こちら「使ってわかった!女性におすすめの育毛シャンプーランキング」を参考にしていただければと思います。

0. はじめに. シャンプーだけでは増毛は難しい

まずはじめにご理解いただきたいのが、シャンプーだけでは髪は増えないということです。髪が薄くなる原因はいくつかありますが、シャンプーそのものには薄毛を改善する効果はないためです。

育毛剤の成分の入った「育毛シャンプー」などもありますが、シャンプーはすぐに流してしまうので、浸透せず、あまり意味がありません。

ただし、頭皮環境は薄毛の原因になるため、シャンプーを変えることで、頭皮の調子が良くなれば、増毛しやすい環境が整うことになります。

およそ2000円以下の安価な市販のシャンプーは、とても洗浄力が強く、頭皮の環境に大きな影響力を与えるため、頭皮を優しく洗浄し、頭皮環境を整えられるシャンプーに変えることはとても重要です。

本気で髪を増やしたい人はどうすれば..?

シャンプーを変えただけでは、薄毛を食い止めたり、髪を生えやすい土台は作ることはできても、見違えるほどは髪を増やすことができません。
 
本気で増毛をしたいのであれば、病院に行き、医薬品をもらいつつ治療をすることが最も確実です。このページではシャンプーについて紹介していきますので、病院が気になる方は「プロが教える薄毛を病院で治す時に知っておきたいポイントまとめ」の記事をチェックしましょう。

1. 増毛に役立つ低刺激なシャンプーおすすめランキング

そこでまずはじめに、増毛するために優しい洗浄力で低刺激なおすすめのシャンプーをランキング形式で紹介していきます。

後ほど詳しく紹介しますが、シャンプー選びでは下記の3点が重要です。

  • 洗浄成分が強くないこと
  • 添加物(防腐剤)や刺激成分が入っていないこと
  • コスパが良いこと

そこで、アミノ酸が配合された20種類のシャンプーの成分を徹底的に比較した結果を下記の表にまとめました。

シャンプー 洗浄成分 添加物
刺激成分
1位
haru 黒髪スカルプ・プロ
スクリーンショット 2016-08-24 11.43.57

¥2,880〜
2位
ハーブガーデン
¥2,000〜(セット¥4,000〜)
3位
ブラックシャンプー
¥4,666〜
ウーマシャンプー(プレミアム)

¥3,460〜

オレフィン(C14-16)
スルホン酸Na

フェノキシエタノール

モンゴ流シャンプー

¥4,480〜

オレフィン(C14-16)
スルホン酸Na

フェノキシエタノール
エタノール
バイタリズムシャンプー¥2,000前後  △
スルホコハク酸(C12-14)
パレス-2Na
 ×
エタノール
フェノキシエタノール
メチルパラベン
香料
 モーガンズノンシリコンアミノ酸ヘアシャンプー
¥2,052〜
 ◯ ×

安息香酸Na
エタノール

チャップアップシャンプー

¥3,280〜
×
ポリアミノプロピルビグアニド
フェノキシエタノール
マイナチュレシャンプー
¥2,704〜
 ◯  ×

安息香酸Na
フェノキシエタノール

守り髪ベースメイクシャンプー
¥1,400〜

オレフィン(C14-16)
スルホン酸Na
 ×
フェノキシエタノール
メチルパラベン
プロピルパラベン
ZACCパールリッチシャンプー
コンディショナーセット¥6,000〜
 ◯ ×
フェノキシエタノール
メチルパラベン
プロピルパラベン
フィヨーレFプロテクト
¥9,00〜2,000

ラウリルスルホ酢酸
×
安息香酸Na
エタノール香料
HIMAWARIひまわりシャンプー
¥700〜
 ×
エタノール
安息香酸Na
香料
ソープオブヘア
¥3,000前後
×
エタノール、フェノキシエタノール メチルパラベン
プロピルパラベン
香料
凛恋
¥1,998〜
 ◯  ×
フェノキシエタノール
ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル
ラサーナ
¥1,728〜

オレフィン(C14‐16)
スルホン酸Na
×
プロピルパラベン
エチルパラベン
メチルパラベン
安息香酸Na
香料
インプライムボリューム
アップシャンプー

¥1,400〜2,000
×
フェノキシエタノール
メチルパラベン
プロピルパラベン
香料
 アスタリフトスカルプ
フォーカスシャンプー

¥1,944〜
×
メチチルパラベン
安息香酸Na
香料
 ボタニスト
¥1,400〜
 △  ×
メチルイソチアゾリノン
メチルクロロチアゾリノン
エタノール
香料
ちふれアミノ酸シャンプー
¥500〜
×
フェノキシエタノール
メチルパラベン
プロピルパラベン

比較した結果、添加物や刺激成分が入っていないおすすめできるシャンプーは3つだけで、1位〜3位まではコスパを基準にランキングにしました。また、それ以下のものは、防腐剤などの添加物や刺激物が入っているため、ランキングから除外しました。

この中で、最もおすすめのシャンプーは『haru 黒髪スカルプ・プロ』で、コンディショナーやリンスなどが別になっておらず、一本でケアをすることが可能で、最もコスパの良いシャンプーでした。

その他3位までにランクインしたシャンプーについてもう少し詳しく紹介します。

1位『haru 黒髪スカルプ・プロ』

スクリーンショット 2016-08-24 11.43.57

haru 黒髪スカルプ・プロ』は、天然成分100%にこだわって作られた無添加シャンプーで、累計50万本を販売達成した今大人気のアミノ酸系シャンプーです。

頭皮に優しいだけでなく、頭皮環境を整える天然成分を多数配合しており、頭皮と髪をダブルでケアしてくれます。きしまないための成分を配合しており、これ一本でリンスもコンディショナーも不要で、艶のある美しい髪を保ちます。

髪がぐんぐんと増やしていくための土台となる頭皮をしっかりとケアしてくれるでしょう。

口コミ・評判 

評価:★★★★★5
使った次の日から頭皮の調子が良くなったように感じました。明らかにフケや頭皮の赤みが改善し、抜け毛が減ったので大満足です。
少しヌメリがあるので、リンスをしたような感覚になり、男性にとってはヌメリを落とすのが面倒に感じるかもしれませんが、髪が適度にしっとりしてボリュームがアップし、寝癖もつきにくく、セットしやすくなりました。

商品情報

  • 定期購入: ¥2,880 (通常¥3,600)
  • 特徴: アミノ酸シャンプー、100%天然由来、無添加、ノンシリコン
  • コンディショナー不要
  • 30日間返金保証

haru 黒髪スカルプ・プロ公式ページ

http://www.haru-shop.jp/

2位『ハーブガーデン』

ハーブガーデン』は、天然由来成分無添加100%のシャンプーで、あらゆるメディアや雑誌で紹介され、SNSでも大人気のアミノ酸シャンプーです。

植物由来のオイルや、美容成分がたっぷり入っているので、頭皮を優しくケアしながら、美しい艶のある髪に仕上げてくれます。

ハーブガーデンシャンプーは定期で購入すると¥2,000、コンディショナーとセットで購入しても、¥4,000なので、とてもコスパの良いシャンプーです。

口コミ・評判

評価:★★★★★5
ハーブガーデンシャンプーは、泡立ちがとても良く、流すときもさらっと流せます。それでいて、頭皮にもやさしい感じがしました。1本でもゴワゴワせず、次の日も髪がしっかりとセットできます。

商品情報

  • 定期購入: ¥2,000 (通常¥4,000)
  • コンディショナーセット¥4,000
  • 特徴: アミノ酸シャンプー、無添加、オイル入り、10種の植物エキス
  • 15日間返金保証

ハーブガーデン公式ページ

http://www.herbgarden-sf.com/

3位『ブラックシャンプー』

スクリーンショット 2016-08-24 11.44.28

ブラックシャンプー』は頭皮に栄養を与える、21種類の天然植物成分を配合したあらゆるネットショップでも人気のアミノ酸系のシャンプーです。

このシャンプーは3分間のパックを推奨されており、シャンプーの泡でパックすることで、栄養成分を浸透させることが可能です。低刺激のシャンプーだからこそできることです。

成分にこだわった分、値段も高めですが、頭皮環境をスッキリと整えてくれるでしょう。。香りや爽快感があるのでさっぱりとした洗い上がりが好きな人におすすめです。

口コミ・評判

評価:★★★★★5
ブラックシャンプーは、しっかりと泡立ち、比較的しっかりと洗浄できるシャンプーです。清涼感があって、スースーして気持ちよく洗い流せます。
シャンプー後はとてもさっぱりした感じがしましたが、頭皮には優しく、1週間ほど使ったあとは、頭皮環境も良くなり、ボリュームがアップしたように感じました。

商品情報

  • 定期購入:¥4,666 (通常¥5,184)
  • 特徴:21種類の植物成分
  • 低刺激、高保湿、洗い上がりスッキリ

ブラックシャンプー公式ページ

http://www.andgino.jp/pc/bshampoo/

2. 増毛のために知るべきシャンプー選びの3つのポイント

まず、増毛したいのなら、先ほど紹介したシャンプーを使うことをおすすめします。

なるべく良いシャンプーを使うことで、頭皮環境を整え、かゆみ、フケ、赤み、薄毛、抜け毛などあらゆる頭皮トラブルを予防、改善し増毛するための土台となります。

1章で紹介したシャンプーをどのようなポイントで選んだのか?も含め、シャンプー選びのポイントについて解説します。

2-1. シャンプー選びの3つのポイント

シャンプーを選ぶポイントは下記の3つです。

  • 洗浄成分が強くないアミノ酸系のシャンプーであること
  • 添加物や刺激成分が入っていないこと
  • コスパが良いこと

① 洗浄成分が強くないアミノ酸シャンプーであること

一般的なシャンプーは洗浄力が強すぎるため、皮膚に刺激となったり、皮脂を落としすぎることで頭皮にダメージを与えます。

そのため、皮脂を適度に落とし、刺激性が少ない「アミノ酸シャンプー」と呼ばれるシャンプーを選びましょう。

※アミノ酸シャンプーとは、ヒトの体と同じ構成成分であるアミノ酸で、髪や頭皮を適度な洗浄力で洗えるものです。

アミノ酸シャンプー以外のシャンプーと違いがわかるようにした表を紹介しておきますので、下記の硫酸系、石鹸系シャンプーとしっかりと見分けがつくようにしましょう。

界面活性剤の種類 洗浄力の強さ 価格 備考
硫酸系シャンプー ×
強い

安め
1000円以下
1000円以下のシャンプーはだいたいこれ
「ラウリル硫酸◯◯」「◯◯スルホン酸」と表記
石鹸系シャンプー
やや強い

中位
2000円以下
石鹸カスが頭皮に残りやすい
「石鹸シャンプー」と命名されている
アミノ酸系シャンプー
弱い
×
高め
2000円以上
皮脂を落としすぎないので最も良い
「ココイル◯◯」「ラウロイル◯◯」と表記

硫酸系のシャンプーは「ラウリル硫酸◯◯」「◯◯スルホン酸」などと表記がありますので、これらは避けましょう。

そして、石鹸系シャンプーは刺激は中程度で、石鹸カスが頭皮につまりやすく、こちらも頭皮にはあまりよくありません。

これらの硫酸系シャンプーや、石鹸系シャンプーを選ばないようにしましょう。

② 添加物や刺激成分が入っていないこと

多くのシャンプーには、使い心地を良くしたり、コストを下げたり、腐るのを防ぐために、防腐剤などの添加物や刺激となる成分がたくさん含まれています。

髪を増やしたいなら、添加物や刺激成分がなるべく入っていないものを選ぶことをおすすめします。

普段から刺激成分が入っているシャンプーに慣れてしまっているために、普段は何も感じないかもしれませんが、刺激成分の入っていないシャンプーを使うことで確かな変化を感じることができるでしょう。

③ コスパが良いこと

基本的に、2000円以下のシャンプーは安かろう悪かろうで、刺激の強い成分や、添加物が豊富に含まれていておすすめできません。

しかし、これまでの2つの点を抑えたシャンプーであれば、なるべくコスパの良いシャンプーを選ぶことをおすすめします。

なぜなら、どれだけ良いシャンプーも長く続けられるものでなければ意味がないからです。

2-2. 増毛のために育毛成分が入ったシャンプーを選ぶ必要はない!

「増毛するためには、育毛成分が入ったシャンプーが良い」という情報もあり、「育毛するための成分が入ったものでないといけない・・・」とお考えの方もおられるかもしれません。

しかし、シャンプーは洗い流してしまうので、どんな有効な成分が入っていたとしても関係ありません。

増毛のためには、これまでお伝えしたポイントでシャンプーを選び、正しくシャンプーをすることが重要です。

参考:ドラッグストアで買えるシャンプーをおすすめしない理由

ドラッグストアで販売されているシャンプーはおすすめできません。今回シャンプーを比較するにあたって、ドラッグストアで販売されているシャンプーも加えましたが、ほとんどシャンプーが頭皮に刺激になる成分が入っています。

長期間店頭に置くことを想定されるので、腐らないように添加物を入れる必要があったり、店頭で販売したりTVCMには莫大なコストがかかるため、どうしても安価な成分を入れなければならなくなってしまいます。

3. 増毛のために押さえておきたいシャンプーの仕方

増毛するための対策をしていても、正しくシャンプーができていない人も大勢いて、間違ったやり方をしていることが原因で髪が増えない要因となっている可能性もあります。

あなたのいつもの洗い方と比べながら、問題がないかチェックしながら見ていきましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-27-21-33-06

① 洗う前に髪をとかす

髪が長い場合は、風や静電気によって髪が絡まりやすくなっています。

絡まったままシャワーを浴びると抜けやすくなってしまうので、毛先の方から手ぐしやブラシでとかしましょう。

ヘアスプレーや整髪料で固めている場合は、髪が引っ張られて余計に抜けやすくなるので注意が必要です。

② お湯で汚れを落とす

整髪料や汚れを指の腹で、優しくとかすようなイメージで落としましょう。

お湯の温度は38度程度で、汚れの8割程度落とすつもりでシャワーをしましょう。

この時にしっかりと汚れを落としていると、シャンプーの量が少なく済むので、頭皮に余計な負担をかけないで済みます。

③ よく泡立ててからシャンプーをつける

髪が短い場合は10円玉程度、ロングヘアの場合は500玉程度の量をつけよく泡立ててから髪につけてください。

手のひらを丸め指先で円を描くようにすると泡立ち易いですが、うまく泡立てられない場合は洗顔用のネットを使うのもいいですね。

シャンプーの量が多すぎると、すすぎ残しの元になり頭皮に良くありません。

④ 爪を立てずに優しく洗う

襟足→耳の後ろ→後頭部→頭頂部→生え際の順に指の腹で優しくマッサージをするように洗ってください。

汚れは爪を立てなくても、泡に汚れを溶かすようにすると十分に落ちます。

⑤ しっかりすすぐ

すすぎ残しは頭皮トラブルの元ですので、しっかりとすすいでください。

目安は洗う時間の倍ぐらいです。

泡をすすぎ終わったら、シャワーヘッドで頭皮のマッサージをするように押し当てると毛穴もしっかりとすすぐ事ができます。

⑥ バスタオルで水気を取る

シャワーが終わったら、乾いたバスタオルを髪の根元から押し当てるようにして水気を取ってください。

髪が濡れている時は、静電気や衝撃に弱くなっていますのでゴシゴシと拭くのはNGです。

⑦ ドライヤーで根元を乾かす

ドライヤーをせずに髪の毛を濡れたままで放置すると、細菌などが発生する原因になるので、必ずドライヤーをしましょう。

ドライヤーのコツは「熱量ではなく風量で乾かす」ことと「根元から乾かす」ことです。

また、髪の8割程が乾かす目安です。それ以上ドライヤーを当て続けると髪に必要な水分まで失われてしまいます。

そうすることで、髪に余計なダメージを与えなくてすみます。

4. 増毛のために注意したいシャンプー

いかにも頭皮や増毛のために良いシャンプーのようなイメージがあるかもしれませんが、薬用シャンプーとアミノ酸配合シャンプーに注意する可能性があります。

意識せずに使っていると、頭皮環境の悪化に繋がることさえあります。

4-1. 薬用シャンプーに注意

薬用シャンプーには注意です。例えば、「メディクイックH」「オクト」などの薬用シャンプーが薬局などで販売されています。

薬用シャンプーは菌を殺し、皮脂の分泌を抑える成分が入っています。これらの成分の効果によって、頭皮環境が改善しそうですが、実はそうではありません。

頭皮に住む菌は皮膚を守るバリアのような機能を持っているため、菌を殺してしまうことで、頭皮のバリア機能が弱まり、頭皮環境を乱す原因となります。

また、薬用シャンプーは実は洗浄力が非常に強く、頭皮には刺激になる可能性が高いです。

ちなみに・・・私自身、薬用シャンプーを試したことがありましたが、頭皮が乾燥するようになり、フケが出たため、すぐに使用を中止しました。

4-2. アミノ酸配合シャンプーに注意

「アミノ酸配合」と記載のあるシャンプーが存在します。しかし、このようなシャンプーを選ぶことはおすすめしません。

アミノ酸配合というのは、硫酸系の洗浄成分がメインで作られており、アミノ酸を配合しただけのシャンプーです。

騙されないように注意しましょう。

参考: シリコンって本当はどうなの?

シリコンは多くのシャンプーに含まれている成分で、髪をコーティングし、キューティクルが壊れないように保護したり、髪同士の摩擦を避け、髪を通りやすくする役割があります。

結論をお伝えすると、髪にとっては良い成分です。しかし、皮膚もコーティングしてしまうため、毛穴が詰まり皮膚にダメージを与えるということです。

頭皮環境を改善したいなら、シリコンが入っていないノンシリコンのシャンプーを選ぶことをおすすめします。

【シリコンにあたる成分一覧】

シロキサン、シクロメチコン、ジメチコン、シクロペンタシロキサン、シリカ、シリル、シロキ、シラン、ジメチコノール、ジメチコンポリオール、シリル化ケラチン、ジメチコノール

ランキング上位のアミノ酸シャンプーは、シリコンが入っていませんが、髪のケアのために、アルガンオイルなどの天然のオイルやヒアルロン酸などの美髪成分が入っているので、通りもよく髪のまとまりも良く仕上がります。

そうはいっても、髪の通りを良くしたいという人は、洗い流さないトリートメントを毛先につけると良いでしょう。

5. さいごに

増毛するために、おすすめのシャンプーを紹介し、選び方などについても紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

増毛のためには下記のポイントを押さえてシャンプーを選ぶことをおすすめします。

  • 洗浄成分が強くないアミノ酸系のシャンプーであること
  • 添加物や刺激成分が入っていないこと
  • コスパが良いこと

以上のポイントを考慮に入れた上で、最もコスパが良くおすすめのシャンプーにランクインしたものは下記の3つです。

このページを参考にしながら増毛のためにおすすめのシャンプーを選んでいただければ幸いです。

あなたの髪についての悩みが軽くなることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket