プロが教える高校生が薄毛になる原因と対策まとめ【図解付き】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

高校生のうちから髪が薄くなってきたら不安ですよね。

実は、あなた以外にも、非常に多くの高校生の方が薄毛の悩みを抱えています。高校生の薄毛はきちんと対策をすることで回復の見込みもまだまだあります。しかし、放置していると近いうちに二度と髪が生えないようになってしまう可能性もあります。

本ページでは育毛アドバイザーとして過去に300人以上の育毛のお手伝いをしてきた筆者が薄毛の原因や対策を以下の流れで紹介していきます。

  1. 薄毛に悩む高校生はあなただけじゃない
  2. 高校生の薄毛の原因と、今すぐはじめるべき薄毛の8つの対策
  3. 高校生の薄毛を改善するための3つのステップ
  4. 育毛剤を使ってかんたん薄毛対策

本ページを読んでいただければ、高校生からはじまる薄毛の原因から対策まで必要な情報をお伝えするので、改善へ一歩近づくことができるでしょう。

1. 薄毛に悩む高校生はあなただけじゃない

「ハゲは若い自分たちには関係ない」と考えている方は多いですが、実は薄毛で悩んでる10代の人はたくさんいます。

そして、高校生などの若年層の方々の薄毛は早めに対策をとることで改善することが可能です。しかし、放っておくことで確実に薄毛が進行していくため注意が必要です。

本章では、同じ悩みを持つ方々や、薄毛になりやすい人の特徴などについて紹介していきます。

1-1. 薄毛の悩みを抱える高校生はたくさんいる

「10代のうちからハゲるわけはない」と思っている方が多いのですが、実は高校生くらいの薄毛は珍しいことではありません。

yahoo知恵袋には高校生の方で薄毛かどうか確かめたい方、薄毛に悩む方の投稿がたくさんありました。

口コミ・評判

ID非公開さん
薄毛について、悩んでいる女子高校生です。昨年ほどから髪の毛が薄くなってきて、つむじがとくに目立ちます。高校生ということもあり、すごく気になってる状態です。元々、髪の毛が細く、軟毛でしたが量は普通でした。ホルモンバランスの乱れも考えましたが、前から生理不順が続いており、ピルを飲んでるのでそれはないのかな…と考えています。

出典:yahoo知恵袋

この方は頭頂部の周辺の地肌が薄くなっているので、ハゲてきてしまっています。しかし、ピルを飲んでいるということなので、使用をやめれば改善する見込みは十分にあります。

詳しい原因と対策については後ほど解説します。

口コミ・評判

ID非公開さん
高校生ですこれは薄毛ですか?普通の高校生ぐらいですか?

出典:yahoo知恵袋

この方は、つむじがはっきりしているだけで、薄毛ではないように見えます。

特に10代の方は、学校の友達などから指摘をされる機会も多く、人目がとても気になる時期なので、薄毛でなくても薄毛であると心配しすぎている方も多く見られるような印象です。

気になる気持ちはわかりますが、気にしすぎることがストレスとなって、本当に薄毛を引き起こす可能性もあるので、なるべく意識しないようにしましょう。

1-2. 高校生の薄毛が治りやすいたった1つの理由

薄毛は放っておくと着々と進行しますが、年齢が若い時に対処するほど治りやすいという特徴もあります。

年齢が若い方が回復能力が高く、新陳代謝が良いため、対策による育毛効果が高くなるからです。

私の所へ相談しに来られた方に、早めに対策をしたことで随分症状が改善された方がいらっしゃいます。

口コミ・評判

23歳・男性「改善してよかった」
10代の頃から薄毛が気になり始めました。どうしていいかもわからなかったので、クリニックに行って相談してみたところ、生活習慣の改善を指導されました。そこから半年くらい、徹底的に生活習慣に気をつけた生活をしました。今では、ずいぶんましになったので、早めにはじめておいて良かったなと思います。

薄毛がひどく進行してからではもう手遅れです。この方のように早めの対策で悩みを解決してしまいましょう。

1-3. 薄毛になりやすい人

若くして薄毛になる人には理由があります。薄毛になりやすい人の特徴は主に以下の7つです。

  • 親族に薄毛の人がいる人
  • 食生活が乱れている人
  • 普段運動をしない人
  • 夜更かししがちな人
  • スマホやゲーム、PCなどを長時間する人
  • ストレスを感じやすい人
  • カラーやパーマを頻繁にしている人

もし、1つでも当てはまるものがあるなら今薄毛になっていなくても、将来薄くなってしまったり、あなたの薄毛はさらに悪化してしまう可能性があります。

次章では薄毛の原因と対策について詳しく解説していきます。

2. 高校生の薄毛の原因と、今すぐはじめるべき薄毛の8つの対策

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-20-10-00

薄くなる場所によってM字ハゲ、U字ハゲ、O字ハゲなど、呼び名は変えられていますが、場所が異なるだけで、男性の薄毛の9割は「男性型脱毛症(AGA)」が原因と考えられています。

女性の場合は、この男性型脱毛症が女性に起こるということで、「女性男性型脱毛症(FAGA)」と呼ばれています。

主に、若年層の薄毛は遺伝による要素も大きいですが、日々の習慣に原因がある場合も多いく、病院や育毛剤に頼らなくてもできる対策がありますので本章で紹介していきます。まずは薄毛のメカニズムからしっかりと理解していきましょう。

2-0. 男性脱毛症(AGA)のメカニズム

薄毛は主にホルモンの変化から起こります。男性ホルモン「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という還元酵素が結びつくとジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。

女性も男性ホルモンを持っており、このメカニズムは女性も同じです。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、「脱毛ホルモン」と呼ばれ、脱毛に作用するホルモンで、毛根に存在するアンドロゲン受容体に受け取られることで髪の成長を抑制したり皮脂を過剰に分泌し毛髪の育成に悪影響を及ぼします

下記の図は薄毛のメカニズムを図で表したものです。

高校生などの時期は身体がまだ完成しておらず、ホルモンバランスが乱れやすい時期です。

図の中でホルモンのバランスに影響を与えたり、薄毛の原因となる主なものを8つピックアップしましたので、それぞれの対策について詳しく解説していきます。

  1. 食生活
  2. 眼睛疲労・睡眠不足
  3. ストレス
  4. 血行不良
  5. 運動不足
  6. 頭皮環境
  7. 遺伝
  8. ピルの使用

2-1. 食生活

ファーストフードやお菓子ばかり食べるなど、偏った食生活にはなっていませんか?

薄毛の原因となる食生活は以下の2つです。

  • 栄養不足
  • 塩分・油分・食品添加物の取りすぎ

栄養不足

もしかすると栄養が足りていないことが原因にあるかもしれません。髪の原料となる「タンパク質」や、育成を促進させる「ミネラル」「ビタミン」の不足は髪の成長を妨げる大きな原因になります。

  • 「ビタミン」・・・血行促進・髪の老化防止
  • 「タンパク質」・・髪の毛の原料となる
  • 「ミネラル」・・・髪の育成の促進をする

上記の栄養分が不足していると、発毛の促進を妨げるため、薄毛の大きな原因となります。

対策としては、1日3食、肉・魚・野菜・乳製品などバランス良く食べることを心がけましょう。難しければ、「納豆」と「ごま」を食べられれば、簡単にこれらの栄養素を摂取できます。

「イソフラボン」と亜鉛」には5αリダクターゼを抑制し、デヒドロテストステロン(DHT)の分泌を抑えることが効果が期待できます。

  • イソフラボンを取れる食材・・・納豆、豆腐など
  • 亜鉛を取れる食材・・・・・・・牡蠣、煮干し、するめ、ビーフジャーキー、チーズなど

食生活はすべての万病の元ですので、正しいバランスの良い食事を摂るように心がけましょう。

NGな食生活

以下の3つのものは薄毛を促進させるリスクがあります。

  • 塩分
  • 油分
  • 食品添加物

「塩分」と「油分」をとることで、皮膚がギトギトになり、毛髪の育成に良くない環境ができてしまいます。また、「食品添加物」は血行を悪化させるため、発毛に悪影響を与えます。

そのため、以下のような食べ物はなるべく避けることが薄毛対策には大切です。

  • ラーメン
  • スナック菓子
  • ファーストフード
  • 揚げ物
  • コンビニ弁当など

我慢することは難しくても、頻度を落としたり、良くない成分が少ないものを選ぶなど工夫をしてみましょう。

薄毛に良いとされている食べ物について詳しく知りたい方は「プロが教える!育毛に効果的な食べ物と簡単な食事の全知識」を参考にしてみてください。

2-2. 眼睛疲労・睡眠不足

夜遅くまで勉強したり、スマホやゲームばかりしていると(眼精疲労)目が疲れてしまいます。眼精疲労は首などの血流を悪くしたり、髪の成長に使われるはずの栄養が目の疲労回復にあてられてしまうため、育毛に影響します。

また、寝る直前にスマホやゲームなどの明るい画面を見ていると睡眠の質が悪くなります。寝ている間に成長ホルモンが分泌され、身体の環境を整える働きがあります。

睡眠不足だと、髪の成長も抑えられてしまうので、薄毛に大きく影響を与えます。

下記の3つを参考に対策をしてみてください。

  • 寝る1時間前まではスマホやゲームなどの画面は見ないと決める
  • 1時間ゲームをしたら30分は休むなどルールを決める
  • 睡眠時間を6時間は確保する

2-3. ストレス

ストレスがたまると男性ホルモンが多く分泌されます。男性ホルモンは脱毛ホルモンとも呼ばれるジヒドロテストステロン(DHT)を生成してしまうため、ストレスは薄毛の大きな理由となります。

また、ストレスは血管を収縮させる原因になります。頭皮に必要な栄養は血液によって運ばれていますから、髪の毛への栄養供給を阻害してしまうことで薄毛の原因となります。

心配性な人に多いのが、薄毛を気にしすぎることでストレスとなり薄毛が進行してしまうパターンです。薄毛は必ず治ると信じて気にしないようにしましょう。

2-4. 血行不良

栄養分や酸素は血液で運ばれますが、頭皮の血行が悪くなってしまうと、毛髪に栄養酸素が行き渡らなくなります。

すると、毛髪の育成に悪影響を及ぼすだけでなく、髪の毛が弱ってしまいます。そのため、血行を悪くするような生活習慣は薄毛に大きな影響を与えます。

下記の2つは血行をよくするために大事なことなので、普段行わない人は継続してやってみましょう。

  • 適度に運動をする
  • 湯船に浸かって温まる

2-5. 運動不足

運動不足は薄毛に影響を与えます。運動をすることで筋肉が動かされると、血液がポンプのように全身に送り出され血行をよくします。

運動不足により、血行不良になるだけではなく、もう一つの働きがあります。それは、脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)を汗と一緒に体外に排出させることです。

この効果はわずかではありますが、運動をしている人は薄毛になりにくい傾向にあります。

学校の体育の授業にはきちんと出席する定期的に運動をするように心がけるなど、汗をかいたり、血行をよくするように気をつけましょう。

2-6. 頭皮環境

頭皮では常に皮脂が分泌されていますが、頭皮は髪を育てる重要な場所であり、毛穴に詰まることで、頭皮の環境に悪影響を与えます。頭皮環境も髪の成長を妨げている恐れがありますので、対策が必要です。

皮脂の洗い残し

頭皮からは常に皮脂が分泌されており、空気中のゴミがつきやすいので非常に汚れやすい環境にあります。そして、その汚れが毛穴をふさいでしまうと、頭皮が皮膚呼吸できなくなり、毛根が弱ってしまいます。そのため、頭皮をよく洗えていないとハゲの大きな原因になります。

得に高校生は代謝もよく体育の授業や、休み時間に汗をたくさんかくことが多いので、頭皮に雑菌が繁殖しやすい状態にあります。

対策はきちんと毎日髪を洗うことだけです。下記の頭皮に優しい頭の洗い方を参考にしっかりと洗いましょう。

頭皮に優しい頭の洗い方

  1. シャンプーの前に指の腹で2〜3分程洗う
  2. シャンプーは手の上で泡立ててから使う
  3. 指の腹で洗う(爪を立ててはだめ)
  4. すすぎは3分以上、リンスはその倍以上すすぐ

パーマ・カラー・整髪料

高校生というとオシャレに興味が出てくる時期なので、パーマやカラーなどを楽しむ人も多いと思います。

パーマ・カラー・整髪料などが頭皮についてしまうことで、刺激となり炎症を引き起こしたり、毛根がダメージを受けてしまい薄毛の原因となっている可能性があります。

パーマやカラーについては、頻度を抑えるか、やらない。また、整髪料については、頻度を抑えるか、洗髪時にしっかりと洗い流すように気をつけましょう。

「女子100人に聞いた!若ハゲに悩む男に似合う髪型ベスト5」こちらの記事で少し薄毛が気になり始めた人のためのおすすめの髪型をまとめていますので、参考にしてください。

2-7. 遺伝

高校生が薄毛になる原因は遺伝によるところも大きいです。そのような人は生まれつき薄毛になりやすい性質を持っているため、若くても男性ホルモンの増加とともに薄毛になる確率はグッと高まります。

遺伝する薄毛の要因は以下の2つです。

  • 5αリダクターゼの分泌量・・・・・両親どちらからも遺伝の可能性があり
  • アンドロゲン受容体の感度・・・・母親からのみ遺伝する

両親や、祖父祖母など、親族にハゲている人がいる場合は遺伝子を受け継いでいる可能性が高いです。

残念ながら、遺伝に対して直接対策を行うことは難しいです。しかし、主な原因が遺伝であっても、特に高校生の時期は生活習慣も大きな影響を与えていますので、しっかりと対策をすることで立ち向かいましょう。

2-8. ピルの使用

ピルには、女性ホルモンを安定させる効果がありますが、使用前よりも女性ホルモンの分泌は総じて抑えられてしまいます。

実は女性の薄毛の原因はこれまで紹介したものに加えて、「女性ホルモンの減少」も薄毛に大きな影響を与えています。女性ホルモンには「脱毛ホルモン」の生成を抑制する強い働きがあり、髪が抜けることを防いでいます

しかし、これまで紹介した原因やピルの使用により、ホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンが減少し、「脱毛ホルモン」の生成を抑制できなくなることで、髪が抜け、薄毛になってしまいます。

つまり、ピルを飲んでいる方は、女性ホルモンが抑えられるため、男性ホルモンが相対的に多くなり、薄毛につながる恐れがあります。

ピルをどうしても使わなければならない人もいらっしゃると思いますが、特に高校生でピルを使っているなら、ピルが薄毛の原因である可能性が高いので、使用をやめてみてはいかがでしょうか。なお、髪はすぐには生えてこないので最低でも3ヶ月〜6ヶ月は我慢し続けないと効果は薄いでしょう。

3. 高校生の薄毛を改善するための3つのステップ

高校生の薄毛には遺伝や生活習慣など色々な原因が絡んでいる上、食事などについては自分だけでは中々変えられない部分も多いと思います。

精神的な負担を和らげたり、間違った対策をしないためにも、下記の3つのステップで薄毛を改善していきましょう。

  1. 両親や家族に相談する
  2. 原因を把握した上で生活習慣の改善
  3. 育毛剤(医薬部外品)を使う

① 両親や家族に相談する

高校生の頃の食事や生活習慣は、家族の人の協力がないと中々改善は難しいのではないでしょうか。

今後、薄毛を改善していくためには、食事や生活習慣などの改善が欠かせません。そのため、まずは勇気を出してご両親や家族の人に悩んでいることを相談し協力してもらえるようにお願いしましょう。

② 原因を把握した上で生活習慣の改善

原因を把握した上で、家族の方の協力があればより効果的な対策を打てるので、薄毛はグッと改善に近づくでしょう。

生活習慣や食生活、頭皮環境を改善するなら、本ページの2章を参考にしながら改善をしていきましょう。

③ 育毛剤(医薬部外品)を使う

育毛剤は育毛に効果が期待できるとされている成分が配合されており、お風呂上りなどに、頭皮に塗布する形で使います。病院などで処方される薬と違って、副作用の心配もほとんどなく使えます。

日々の染み付いた習慣を変えることは難しいかもしれませんが、育毛剤であれば日常にプラスで使えるので、続けられる人も多いです。

ただ、安いものではありませんので、家族の人に相談した上で、次章で紹介する育毛剤を参考に使ってみましょう。

参考:専門のクリニックに行く

薄毛の治療をするためには専門のクリニックがあります。

クリニックでは問診や検査など頭の状態を調べ、適切なアドバイスをしてもらえます。

しかし、薄毛を本格的にはじめるとなると、副作用のある治療薬を使うことになります。薄毛の治療薬は身体が完成しきっていない高校生にはリスクが高いので、「治療薬はまだやめておいた方がいい」とアドバイスされることも多いようです。

クリニックでは、無料カウンセリングがついているので、どうしても診察してもらいたい人は、一度相談に行ってみてもよいでしょう。それだけでも随分と気持ちが楽になるかもしれません。

※なお、AGAクリニックで治療や診療を受けるには18歳以下(高校生以下)の人は、親・親権者・未成年後見人などの同意書が必要です。

薄毛専門のクリニックについてはこちらの記事「プロが教える薄毛を病院で治す時に知っておきたいポイントまとめ」を参考にしてみてください。

4. 育毛剤を使ってかんたん薄毛対策

高校生はクリニックの治療を受けることは、金銭面、副作用の面で難しいかと思いますが、育毛剤であれば多少お金はかかりますが、2章で紹介した方法以上に手軽に高い効果が期待できます。

育毛剤とは、育毛や発毛に効果が期待できる成分が配合されているもので、お風呂上がりなどに頭皮に塗布します。

病院の治療薬で発毛しなかった人が育毛剤で発毛したというような例もあり、あなたの体質に合えば一気に変化が現れる可能性もあります。

ただし、効果に関しては証明されたものではありませんので、育毛剤もあくまでも対策の一つと捉え、生活習慣や食生活などと併用して行うようにしましょう。

効果は証明されていない反面、病院で処方される治療薬のように副作用の心配がほとんどなく使えることがメリットです。

育毛剤は種類がたくさんあり、どれを選んでいいのかわからないという方も多くいらっしゃいます。そんな方のために、本章では下記の流れで紹介していきます。

  • 育毛剤が効果が期待できると言われるその理由
  • 高校生が使える育毛剤

4-1. 育毛剤が効果が期待できると言われるその理由

育毛剤には大きく以下の2つの効果が期待できます。

  • 脱毛ホルモンDHTを抑制する
  • 血行を促進させる

育毛剤には、薄毛の原因である、脱毛ホルモンDHTを抑制することが期待できるとされている成分が配合されています。

また、血行をよくする成分が配合されているものもあり、頭皮の血行を拡張することで頭皮栄養が届きやすくなるため、薄毛に効果が期待できるとされています。

治療となると、強い副作用があるので、副作用が怖い方は育毛剤を使う人が多い傾向にあります。育毛剤は薬ではないので副作用はほとんどありません。安心して使う事ができるのが特徴です。

4-2. 高校生が使える唯一の育毛剤

薄毛の改善には最低でも3ヶ月〜6ヶ月程度は時間がかかります。そのため、1つの育毛剤を試して、効果が実感できるっようになるためには、根気よく続ける必要があります。

ちなみに、10代でも使える育毛剤はあまりなく、私がおすすめしている育毛剤の各メーカーに問い合わせたところ、年齢制限等がないという回答が返ってきたのは「チャップアップ」だけでした。

チャップアップ

チャップアップ』は、頭皮の環境を整えたり、脱毛ホルモンを抑制するなど、「予防」「現状維持」に対して効果が期待できる育毛剤です。

以下は一例ですが、有効成分やその他効果が期待できる成分の数が非常に多いのが特徴です。

  • スカルプケアに役立つアミノ酸15種類
  • 頭皮環境の改善を目的とした成分17種類
  • 血流改善の改善を目的とした成分20種類

そのため、「維持」「予防」という観点で高い効果が期待できるので、つむじハゲをなんとかしたいという方には特におすすめです。

成分数は多く効果は期待できるため、ご両親に相談しながらチャップアップを使ってみましょう。

価格(単品) 7,400円/本
3ヶ月利用時 20,700円/3本
内容量 120ml/本

チャップアップ公式ページ

http://chapup.jp/

単品購入時・定期便利用時共にAmazonなどで買うよりも公式ページが最安です。(当サイト調べ)

また、口コミがどうしても気になる方は「500の口コミでわかるチャップアップはあなたにベストな育毛剤か」にまとめましたので、参考にしてみてください。

5. さいごに

薄毛に悩む高校生に向けて、薄毛になりやすい人や、薄毛対策について詳しく紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

高校生など若い方の薄毛は早めの対策で十分に改善が見込めます。

薄毛の改善には正しい対策を時間をかけて行う必要があります。本ページで紹介した対策を実践してみて、長い目でみてじっくりと改善していきましょう。

あなたの薄毛が改善に近づき、悩みが軽くなることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket