図解でわかる「HARG治療」はあなたにベストな治療法か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「HARG治療って本当に効果あるの?」「HARG治療なら髪が生え続けるらしい」と聞いてHARG治療を検討していませんか?

専門クリニックなどのHP では、HARG治療について詳しく紹介していますが、良いことだけが書いてあるので、真実が見えずらくなっています。

そこで、このページでは、過去に育毛アドバイザーとして1000人を超える方々の育毛をお手伝いをしてきた経験を持つ筆者が、HARG治療についてフラットな視点から下記の流れで解説していきます。

  1. HARG治療とは?
  2. HARG治療の効果とそのメリット
  3. HARG治療の副作用とデメリット
  4. HARG治療って実際どうなの?
  5. HARG治療の費用は?治療を受けられるクリニック
  6. HARG治療とメソセラピーの違い

このページを読んでいただければ、HARG治療を正しく理解し、薄毛の改善に役立つ知識が身につくでしょう。

1. HARG治療とは?

HARG治療とは、Hair Re-generative theraphy(毛髪再生治療)のことで、骨髄や脂肪の幹細胞から抽出した成長細胞を頭皮に注入する幹細胞を使った最新の治療法です。

毛母細胞を活性化させる効果が強く、発毛を促す効果が期待できます。プロペシアやミノキシジルなどの薬を試してダメだった人や、副作用がある治療をしたくない人におすすめです。

効果が出るまでに3~8か月かかること、そして痛みを感じる可能性が高いといったデメリットがあります。

2. HARG治療の効果とそのメリット

HARG治療とはどんな効果があり、どんなメリットがあるのか?について紹介していきます。

2-1. HARG治療の効果と作用の仕組み

HARG治療では、成長因子と呼ばれる幹細胞から抽出した髪を生やし成長するために必要な因子と、髪が育つために必要な栄養素を頭部に直接注入することで、下記のように髪の周期を正常に戻して行くのがHARG治療です。

薄毛の人は、髪が生えて、成長し、抜けて行くサイクルが乱れ、成長期が途中で終了してしまうことによって引き起こされているため、髪のサイクルを正常に戻す必要があるのです。

およそ月に1〜2回の治療を行い、合計で5〜10回の治療が必要とされています。そして、効果を得るためには3〜8ヶ月程度の期間が必要です。

2-2. HARG治療のメリット

HARG治療のメリットは下記4つです。

  • 発毛効果が証明されている
  • 効果が持続する
  • 副作用がない
  • 女性でも治療可能

HARG治療は、研究論文で発毛効果があったというデータが出ています。

さらに成長因子の作用で、頭皮や毛根の細胞を活性化するので、一定期間治療をした後は効果が持続します。

そして特に副作用もないため、男女問わず治療ができるという点がメリットです。

<臨床データ>

http://www.harg.org/aboutharg/paper.html

2-3. HARG治療で効果が出るまでに必要な期間

HARG治療がしっかりと効いていたとしても、実際に見た目に変化が現れ、髪が増えたと実感できるようになるまでにははやくても6ヶ月程度時間がかかることは覚悟しましょう。

頭髪は下記の図のような「髪が生え、成長し、抜ける」という一定の成長サイクルを繰り返していますが、薄毛の人は、この「成長期」が短くなっています。


成長期が短くなると、髪が成長する前に抜けてしまうため、細い髪や、短い髪が多くなってきます。

髪が薄い状態は上記の図の休止期の状態にある髪が多いという状態であり、休止期を経て産毛が生え始めるまでには最短でも3ヶ月はかかります。

さらに、生えた産毛が成長し、髪が増えたと実感できる程度まで伸びるまでにはさらに時間がかかるため、最短でも6ヶ月もの期間がかかるというわけです。

3. HARG治療の副作用とデメリット

薄毛治療と言うと、副作用があるイメージを持っている人も多いかと思いますが、HARG治療はどうなのか?そして、デメリットはあるのか?について紹介していきます。

3-1. HARG治療の副作用って?

HARG治療は普及しはじめて、時間が浅い治療法ですが、現在はまだ副作用についての報告はないようです。

アレルギーや感染症などのリスクについても、きちんとチェックされされているため、副作用についてはほとんどリスクなく治療を受けられそうです。

3-2. HARG治療のデメリット

HARG 治療は副作用がない治療ということで、安心して治療を受けられそうですが、実はデメリットも下記のようにいくつかあります。

  • 費用が高額
  • 治療回数が必要
  • 治療に痛みがある

HARG治療は、1回の治療(因子の投与)あたり10万円程度の費用が必要で、効果を得るためには、複数回の治療が必要なため、継続して治療を受けると、50万〜100万円を超える費用が必要です。

成長因子の投与の際には注射を使いますが、治療には麻酔は使わないため、痛みを伴うことがデメリットです。

3-3. HARG治療で発毛しない場合って?

HARG治療は、成長因子がヘアサイクルを正常化させ発毛を促進させるのですが、髪の元となる毛母細胞が死滅しているケースでは効果がありません。

そのため薄毛になりはじめてから長い年月が経っている場合は、改善できない可能性があります。

1つの目安ですが、おでこやつむじが薄くなり、ツルツルてかてかしたような状態の頭は、細胞が死滅している可能性があるためHARG治療でも発毛しません。

4. HARG治療って実際どうなの?

HARG治療は、まだまだ新しい治療法であり、他の治療法に比べて1ヶ月あたりの費用は高額になるため、実際のところはどうなのか?と心配になっている人も多いのではないでしょうか?

4-1. HARG治療はデータが少ない!

HARG治療は効果があることが証明されているとお伝えしましたが、HARG治療については、実は症例数については脱毛症患者の22人についてしかデータが取られていません。

他の薄毛の治療薬であれば数千人程度のデータが調べられていますが、それらに比べると、圧倒的にデータが少ないため、「因子投与患者の髪の状態に偏りがあったのではないか?」「さらに人数を増やしても効果があると言えるのか?」については少し疑問が残ります。

4-2. HARG治療の口コミまとめ

実際どうなのか調べるため、ネット上にある100の書き込みを調べ、効果があったという人と、効果が得られていない人の口コミをまとめました。

全体としては効果があったという口コミの方が多いようでした。

効果があったという人の口コミ

「ボリュームが出た」「復活した」「薄かった部分が濃くなったなど」効果があったという多くの口コミが見つかりました。

口コミ・評判

dko********さん

ハーグ治療経験者です。大手のクリニックでプロペシアやミノキシジルなどと併用して、ハーグ療法で治療しました。

個人差は大きいと思いますが、効果的にはそこそこありますよ。
薄く透けていた部分にボリュームが出てきました。
ただし、元通りというのは難しいですね。

出典:Yahoo知恵袋

口コミ・評判

kan********さん
予防でやるかどうかはわからないですが。
自分は既に散々な状態だったのでしました。
千葉中央美容形成クリニックでしましたが、だいぶ復活した感じはあります。
安い金額ではないけどやって良かったです。 

出典:Yahoo知恵袋

口コミ・評判

mas********さん
HARG療法を大宮中央クリニックでしています。
もうすぐで半年くらいになりますが、効果は実感できてます。
薄かった部分は濃くなって増えてきたし、他の部分も髪が黒々というか増えてきています。
自分の毛で増やすという意味ではHARGなんだと思います。
効き目は相性、個々に差もあると思いますが、悪くはないと自分は思います。

出典:Yahoo知恵袋

効果が得られていないという口コミ

効果が得られていないという口コミは効果があった人に比べて、少ないものの効果が得られていない人もおられるようでした。

ただ、治療にはある程度の期間が必要ですが、まだ期間が経っていなさそうな人の書き込みもありました。

口コミ・評判

vhg********さん

昨年、都内でHARG治療を5回ほど体験しましたが今のところ効果がみられません。この先も続けていけば発毛する可能性はあるのでしょうか。

もし続けても無駄なら気持ちを切り替えて違う方法を模索しようと思います。何かアドバイスをお願いします。

出典:Yahoo知恵袋

5. HARG治療の費用は?治療を受けられるクリニック

HARG治療を受けられて、複数拠点を持っているクリニックを下記の表にまとめました。

クリニック名 拠点数 HARG治療価格
HARG治療センター(本家) 東京(新宿) HARG治療:900,000/6回〜
ガーデンクリニック 東京(池袋・品川)・横浜・名古屋・大阪・福岡 HARG治療:¥80,000〜
ゴリラクリニック 東京(池袋・新宿・銀座・上野)・横浜・名古屋・大阪・福岡 ノンニードルHARG注入療法:¥80,000〜
AGAスキンクリニック 全国50以上 AGA幹細胞再生治療:¥60,000〜
湘南美容クリニック 全国50以上 毛髪再生メソセラピー: ¥98,000〜

※「-」はHPに記載がない、もしくはおこなっていないことを示しています。

HARG治療を研究し、治療法を開発したのはHARG治療センターの院長先生です。本家の治療を受けたいのであればHARG治療センターに行きましょう。

その他のクリニックでもHARG治療を受けることができますので、あなたの通いやすさや予算に応じてクリニックを選びましょう。

AGAスキンクリニックでは、HARG治療と原理がほとんど同じ幹細胞を使ったAGA幹細胞再生治療を行っています。HARG治療に比べ治療費が安いので、費用を抑えたい人はAGAスキンクリニックに行きましょう。

6. HARG治療とメソセラピーの違い

HARG治療とよく混同されることも多い、頭皮に直接薬品を注入する「AGAメソセラピー」という治療方法があります。

注射器などで直接頭部に注入する点は同じなのですが、厳密には全く違うもので下記のような違いがあります。

  • HARG治療・・・「成長因子(毛根の細胞を活性化する物質)が入っている」
  • メソセラピー・・・「有効成分や栄養素が入っている」

以下の表で、HARG治療とメソセラピーの違いについて、治療法の「概要」「成分」「効果の持続性」の比較軸でまとめていますので確認してみてください。

HARG治療 メソセラピー
概要 髪を作り出す細胞を活性化し、ヘアサイクルを正常化させることで薄毛を改善していく治療法です。 有効成分を注入することで、発毛を促したり、抜け毛を防ぐことで、薄毛を改善していく治療法です。
成分 毛母細胞を活性化させる成長因子と髪が成長するために必要なタンパクAAPE、ビタミン、アミノ酸等などの成分が豊富に配合されている。 ビタミン、アミノ酸等。ミノキシジルやフィナステリドなどの有効成分が配合されている。
効果の持続性 治療後も効果が継続する。 治療を継続しなければ効果も止まる。

ただし、最新のメソセラピーの薬品には成長因子が配合されているケースも多いです。

「HARG治療」というのはあくまでも、日本医療毛髪再生研究会で「HARG治療施設」と認定を受けた医療機関が行う再生治療ですので、日本医療毛髪再生研究会の認定外であっても、成分によっては、ほぼ同等の効果が得られる治療なのです。

メソセラピーであっても、事前のカウンセリング時に成長因子が配合されているか確認してみましょう。

7. さいごに

ここまでHARG治療ついて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

HARG治療は他の薄毛治療にはないメリットやデメリットがあります。

メリット デメリット
  • 発毛効果が証明されている
  • 効果が持続する
  • 副作用がない
  • 女性でも治療可能
  • 費用が高額
  • 治療回数が必要
  • 治療に痛みがある

費用は高額ですが、副作用はなく効果も持続する治療法なので、もし他の治療でダメだった人や副作用などが気になる人はHARG治療を検討してみてよいでしょう。

このページを読んでみて、「HARG治療は違う」と感じた人はこちら「病院の薄毛治療で改善|おすすめのクリニック10選【全国地域別】」のページを参考にしてみてください。

あなたの悩みが少しでも解決することを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket