簡単に髪にボリュームを出す方法5選と根本的な対策まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「髪のボリュームがなくなってしまった・・・」と悩んで対策を考えていませんか?

髪のボリュームがなくなってしまっても、ちょっとした工夫でボリュームを出すことが可能です。しかし、根本的な対策をしなければ、どんどんボリュームはなくなってしまうので、注意が必要です。

逆に髪のボリュームを抑えるための方法についても紹介していますので、詳しくは6章 を参考にしてみてください。

このページでは育毛アドバイザーとして過去に1000人以上の育毛のお手伝いをしてきた筆者が髪をボリュームをアップさせる方法について以下の流れで紹介していきます。

  1. 髪のボリュームが減ってしまう2つの原因
  2. 今日からできる!髪のボリュームをアップさせる方法5選
  3. 写真と動画でわかる!ボリュームアップするセットの方法
  4. 髪をボリュームアップさせる髪型4選
  5. 薄毛の原因と薄毛対策5選
  6. 髪のボリュームダウンする方法

このページを読んでいただければ、すぐにできる髪にボリュームを出す方法から、薄毛を改善するための方法がわかるので、あなたの悩みが解消するでしょう。

1. 髪のボリュームが減って見える2つの原因

「髪がヘナっとしてぺったんこになってしまう」「髪のボリュームがなくなってしまった気がする…」などと悩んでいませんか?

そもそも、髪のボリュームがなくなってしまうというのは、髪が細くなったり、弱くなることでピンとしたハリがなくなることで、髪の立ちが悪くなったり、髪が少なく見えてしまう現象です。

ちょっとしたスタイリングなどでも簡単にフォローできてしまうので、このページでは対策を紹介していきますが、その前に、髪のボリュームが減って見える2つの要因を紹介します。

  • 薄毛
  • 髪が重すぎる

① 薄毛

髪のボリュームがなくなった人の頭髪は、上図のように、髪が細く短くなってしまっている状態です。世間ではこれを薄毛などと呼んでいます。

髪が細くなることによって、切れ毛や抜け毛なども増え、髪が薄く見えてしまいます。

女性の薄毛は女性男性型脱毛症(FAGA)という脱毛症で、主に、生活習慣や加齢などが原因だと言われています。

薄毛はきちんと原因を知り、対策をすれば改善できる可能性もあります。詳しくは5章で紹介していますので、参考にしてみてください。このページではまず簡単に見た目の髪のボリュームを変えることができる方法を紹介していきます。

② 髪が重すぎる

髪が薄くなっているのではなく、「髪がぺたんとしている」と感じる人は、髪の重みが原因である可能性があります。

髪の量が多い場合、髪の重みで立ち上がりにくくなります。

また、髪が長い人や、年配の方で洗髪の回数を減らしている人は、皮脂汚れが髪に残り、髪が重くなってしまっている可能性も考えられます。

トリートメントは髪を重くなる

トリートメントは髪の隙間に中に入り込んで、髪をコーティングすることで、滑りをよくし髪をなめらかにします。

その反面髪は重くなってしまうため、ボリュームを出したいのならトリートメントは控える方が良いでしょう。髪が長い人は、使わないわけにはいかないと思うので、なるべく毛先だけにつけると良いでしょう。

2. 今日からできる!髪のボリュームをアップさせる方法5選

髪が薄くなってしまっていることが原因で、髪のボリュームがなくなってしまっている場合は、改善までには時間が必要です。

「今すぐなんとかしたい」という人に向けて、髪のボリュームをアップさせる方法を紹介していきます。

  • ドライヤーの当て方を工夫する
  • スタイリングの仕方を工夫する
  • シャンプーの仕方を工夫する
  • 適度に髪をすく
  • カーラーを使う

①ドライヤーの当て方を工夫する

シャワーや入浴後に、ドライヤーで髪を乾かす時に少し気をつけるだけで、髪にボリュームが出やすくなります。

髪は乾く時に形が決まります。そのため、生乾きのままにしておくと、水分を含んだ髪の重みで髪がぺったんこになり、そのまま乾いてボリュームがなくなってしまいます。

そのため、下記のポイントを参考に髪を乾かしましょう。

  • タオルで髪の水分を拭き取りながらしっかり乾かす
  • 同じところにあたりすぎないようにドライヤーを動かしながらブローする
  • 根元を立ち上げながら乾かす
  • 髪・頭皮を満遍なく乾かす
  • 仕上げは冷風で冷やす

ドライヤーによる熱の加わりすぎは、頭皮や髪に負担をかけてしまい、さらなるボリュームダウンに繋がってしまいます。そうならないように、なるべく上記のポイントを守って髪を乾かしましょう。

② スタイリングの仕方を工夫する

スタイリングでおすすめなのは、スプレータイプのスタイリング剤もしくは、ハードでマットな仕上がりになるワックスです。

ウェットな仕上がりになるワックスなどは、ベタついて重くボリュームがなくなってしまうためです。

髪を持ち上げながら髪の内側からスプレーしたり、根元から立ち上げるようにワックスをつけましょう。

③ シャンプーの仕方を工夫する

髪に皮脂や汚れがついていることで、髪はべったりとして重みでボリュームがなくなってしまいます。

そのため、シャンプーでしっかりと皮脂や汚れを落とすことがポイントです。

洗浄力の強いシャンプーで髪や頭皮をしっかりと洗えば、さらっとした仕上がりになり、ボリュームのあるように見えるでしょう。

④ 適度に髪をすくこと

適度に髪をすかなければ、伸びて重くなった髪によって、髪がぺたんとしてしまいます。

髪をすきすぎるとボリュームがなくなってしまいますが、適度にすくことで、髪に動きがつきやすく、立ち上がりはよくなります。

美容室に行かずに伸ばしっぱなしにしておくことは注意です。髪を伸ばしたい人もたまには髪をすいてもらいにいきましょう。

⑤ カーラーを使う

出典:http://zaza-j.com/blog/z010/?p=1145

頭頂部のボリュームが気になるときは、カーラーを使うと良いでしょう。

頭頂部にカーラーを巻きつけ20分〜30分ほど置くのが理想ですが、朝が難しい人は夜の入浴して髪を乾かした後に行っても構いません。

カーラーを使うだけで、髪がふわっとボリュームアップできるのでおすすめです。

3. 写真と動画でわかる!ボリュームアップするセットの方法

これまでの内容のおさらいを含めて、写真と動画を参考に、ボリュームアップする方法を紹介します。

youtubeには髪のボリュームをアップするセットの方法を動画にしたものがありました。

出典:https://www.youtube.com/

3つの方法を駆使することでふんわりとナチュラルにボリュームアップできるでしょう。

《パターン1》分け目をずらす

出典:https://www.youtube.com/

手ぐしで分け目を少しだけずらすことで分け目を目立たなくし、ボリュームがアップしたように見せることができます。

《パターン2》逆毛を立てる

出典:https://www.youtube.com/

髪を立ち上げ、クシなどを使って逆毛を立てます。その後手ぐしなどで髪を整えれば、髪が立ち上がりふんわりとボリュームアップしたようになります。

《パターン3》ドライヤーを根元にあてる

出典:https://www.youtube.com/

髪をまとめて立ち上げ、ドライヤーを根元にあて、熱風と冷風を交互にあてます。髪は熱されて冷やされるときに形が記憶されるので、根本がピンと立ち上がりやすくなります。

4. 髪をボリュームアップさせる髪型4選

これから紹介する4つを参考に、髪に工夫をすることで、簡単に薄い髪を目立たなくすることができます。すぐにできる方法ばかりなので、あなたに合う方法を見けましょう。

  1. 髪を短くする
  2. 前髪の量を多めにする
  3. パーマをかける
  4. 分け目をつけない

① 髪を短くする

出典:Instagram

ショートやショートボブなどにし、髪を短くしてしまうことはボリュームがあるように見えるポイントです。

髪の量が多すぎたり、髪が長いと重さで、ペッタリとしてしまうために、髪のボリュームが少なく見えてしまうためです。

髪が少なくなった時に目立ちやすい分け目やつむじなども、目立たなくできます。ショートヘアはなかなか難しいヘアスタイルですが、一度試してみると以外といけるかもしれません。

② 前髪の量を多めにする

出典:Instagram

前髪の間から、おでこが見えてしまうと「あれ?髪が薄い?」 と見られがちです。

前髪を多めに作ることで、おでこを出すのを防ぐことができ、ボリュームがあるように見せることができます。

③ パーマをかける

出典:Instagram

パーマをかけることで、頭全体のボリュームが出て、つむじや分け目、生え際なども気にならなくなるでしょう。

ゆるめのパーマから、ウェーブまで少し加えるだけでも、ずいぶんとボリュームアップできますので、美容師さんと相談しながら、あなたに合った髪型にアレンジしてもらいましょう。

④ 分け目をつけない

出典:https://www.beauty-co.jp/news

普段何気なく流している髪ですが、分け目をつけないことでボリュームアップしたように見えます。

髪が少ない場合、分け目をいつも同じにしておくことで、癖がついて、分け目が目立ってしまいます。

そこで、なるべく分け目を変えることで癖をつけずに、目立たないようにカバーすることができます。

5. 薄毛の原因と薄毛対策5選

髪のボリュームが少ない原因が薄毛だとすると、日頃から髪を太くし薄毛を改善しなければいつまで経っても、髪にボリュームを与えることはできません。

そこで、この章では薄毛を改善するために原因から必要な対策を紹介していきますので、参考にしてみてください。

5-1. 薄毛の原因

薄毛は、男性ホルモンによって引き起こされます。

下記の図は女性の女性ホルモンと男性ホルモンの関係を表した図です。

通常、女性ホルモンが多く分泌されていると、男性ホルモンの作用を抑え、髪が抜けるのを防いでいます。

しかし、女性ホルモンが減少すると、男性ホルモンの影響力が増し薄毛になります。

その他、頭皮環境や遺伝なども薄毛の原因になると言われており、日々の生活習慣や食生活など、様々な要因が絡み合って薄毛になります。

次に、具体的な薄毛に繋がる日々の行動とその対策について紹介します。

5-2. すぐにできる薄毛の原因と対策5選

女性の薄毛の代表的な原因を下記に紹介していきます。

薄毛を引き起こす要因を知り、それぞれに対してしっかりと対策をしていきましょう。

  1. 加齢
  2. 食生活
  3. ストレス
  4. 睡眠不足
  5.  シャンプーの刺激

① 加齢

女性は年齢と共に女性ホルモンの量が減少し始めます。女性ホルモンの量が減ることで髪の毛を発達や成長に影響を与え薄くなりやすくなります。

特に30代を超えたあたりから女性ホルモン量は減少しはじめると言われています。

また、女性ホルモンは頭皮のコラーゲンの生成を促す働きをしますが、減少することで頭皮のハリやコシがなくなったように感じるかもしれません。

対策

歳をとらないようにすることはできませんが、食生活、睡眠、運動などはアンチエイジングにも効果があると言われています。

体の中を若々しく保つことが、髪を若々しく保つことにも繋がりますので、食生活や睡眠、運動には気をつけるようにしましょう。

② 食生活

食生活の乱れはホルモンバランスの乱れにつながります。また、髪の原料になりうる栄養が不足してしまうと、髪を作りにくくなるため、薄毛につながる恐れがあります。

そのため、偏った食生活、特にジャンクフードばかり食べるような方はFAGAにつながる恐れがあります。

取りすぎてはいけない物質も!

塩分や脂分、食品添加物を多く摂取することで、頭皮がギトギトになったり、血行を悪くして髪の毛に栄養を届けにくくさせてしまいます。

わずかな差ですが、こういった食品も薄毛の原因につながる恐れがあります。

対策

1日3食バランス良く食べてくださいと言いたいところですが、忙しいとなかなか食事に気を使えませんよね。そこで、忙しくて食事が乱れている方は1日1品だけバランスを整える食べ物を摂取することから始めましょう。

例えば野菜が不足している方はランチなどに野菜ジュースをプラスするなどです。

女性の場合ダイエットなどに精をだされている方も多いと思いますが、ダイエットは女性ホルモンを一気に低下させてしまう原因になってしまうので、食事を抜くようなことは絶対に止めましょう。

③ ストレス

ストレスは女性ホルモンの働きに悪影響を与えると言われています。女性ホルモンは、脳からの信号を受けて、体内に分泌されますが、ストレスが原因で働きが弱くなってしまいます。

そのためストレスのたまる環境にいる方、無意識にストレスを溜めてしまっている方は、FAGAにつながります。

さらにストレスによって下記のような問題が起こる可能性があります。

  • 睡眠障害
  • 暴飲暴食
  • 食欲不振

これらは全て薄毛に繋がる可能性があるものばかりで、髪にとって良くないことばかりです。

対策

周囲のストレスは減らそうと思っても減らせませんよね。

仕事など、ストレスから逃れることができなくても、そのストレスをうまく発散できれば髪の毛へのダメージを減らすことができます。

そこであなたなりのストレスの発散方法を見つけ、定期的にストレスを発散してあげましょう。

下記の3つはストレスを和らげる効果があると言われているので試してみるといいかもしれません。

  • 太陽の光を浴びる
  • ヨガや瞑想する
  • カラオケに行く

④ 睡眠不足

睡眠不足は、女性ホルモンの減少に繋がります。

また、睡眠が足りないと、ストレスがたまりやすくなる、免疫力の低下、頭皮環境の悪化、血行不良など、女性ホルモンの減少に繋がるポイントがたくさんあります。

対策

睡眠時間を最低6時間確保することをおすすめしますが、どうしても時間が確保できない方は睡眠の質にこだわってみましょう。以下の4つは睡眠の質が向上させる効果が期待できます。

  • 寝る前にスマホやパソコンをなるべく触らない
  • 90分の睡眠サイクルを意識する
  • 22時~2時の睡眠時間を確保する
  • リラックスした状態で睡眠時間を向える

⑤ 頭皮環境

過度なヘアカラーやパーマ、は毛根に負担を与えたり、頭皮環境を乱す恐れがあります。

また、毎日行うシャンプーなども、刺激が強いものを使ったり、洗い流されずに残ることで頭皮の刺激となります。

洗髪時に爪を立てて洗ってしまったり、頭皮の皮脂を洗い流しすぎてしまうことで、頭皮環境を悪化させてしまいます。

対策

薄毛が気になる方は、パーマやカラーリングは頭皮の刺激となるので、なるべく控えた方がいいでしょう。

また、意外と頭皮の洗い方がまずい人もおられますので、以下の基本的なシャンプーのポイントを覚えましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-10-21-36-12

頭皮のフケや炎症などが気になっていませんか?心当たりがある人は、シャンプーが原因である可能性があります。

こちら「騙されるな!女性におすすめの育毛シャンプーランキングTOP3」の記事で、シャンプーの選び方からおすすめまで詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。ちなみにおすすめは『haru ”kurokamiスカルプ”』です。

女性の薄毛の原因や対策について詳しく知りたい人はこちら「世界一わかりやすい!女性の薄毛の完全マニュアル<原因・対策・治療まで>」の記事を参考にしてみてください。

5-3. 確実に改善したいなら薄毛専門のクリニック

髪の悩みはデリケートで、誰かに相談するのも勇気が必要ですよね。

薄毛専門のクリニックに行けば、無料カウンセリングという形で、診断からアドバイスまでを無料でおこなってもらうことができます。

治療を希望する場合は、薄毛を改善するための最善の治療を受けることができます。全国にクリニックは無数にありますが、『東京ビューティークリニック』は、全国に拠点を持ち、治療費が安くおすすめです。

クリニックについて詳しく知りたい人はこちら「徹底比較でわかった!女性の薄毛治療におすすめのクリニック【全国版2018年】」を参考にしてみてください。

6. 髪をボリュームダウンする方法

髪にボリュームがなくなってしまったと悩む人もいれば、髪が多すぎてボリュームを抑えたい人もいます。

この章では、髪のボリュームを抑えたい人に向けて、ボリュームが多い人の特徴と対策について紹介していきます。

逆に言うと、この章でお伝えしている内容に心当たりがある人は、ボリュームをダウンさせている行動ですので、ボリュームをアップさせたい人はこの章のポイントには注意をしましょう。

6-1. 髪のボリュームが多い人の4つの特徴

髪のボリュームが多い人は下記のような特徴を持っているはずです。

① 髪の量が多い

人によって生まれつき生えている髪の本数には差がありますが、 髪のボリュームが多い人は、髪の量がもともと多い可能性があります。

② 髪が太い

髪の量と同様に、髪の太さは生まれつき人によって差があります。

髪が生まれつき太い人は、髪がまとまりにくいため、ボリュームがあるように見えます。

③ 髪が痛んでいる

ドライヤーの熱やカラーリング、パーマ、シャンプーなどの、刺激によって、髪ののキューティクルが開いてしまい、乾燥しパサパサした状態になります。

このように髪が痛んでいる状態では、髪がまとまりにくくなり、ボリュームが出やすくなります。

④ くせ毛

生まれつき、くせ毛の人は髪がねじれていたり、流れが単一方向ではないため、髪がまとまりにくく、髪が膨らんでボリュームが出やすくなります。

6-2. 髪のボリュームを抑える5つの方法

髪のボリュームを抑えたいと思っても、中々難しいですよね。

下記のような方法でボリュームを抑えられるので試してみてください。

① トリートメントをしっかりと行う

トリートメントは、髪を補修する目的で使います。

痛んだ髪はパサパサして広がりやすくなるため、トリートメントを継続することで髪がスルスルとまとまりやすくなり、ボリュームを抑えられるようになるでしょう。

② ストレートパーマ・縮毛矯正

ストレートパーマや縮毛矯正はくせ毛やうねりを整えるためにおこなうものなので、ボリュームを出したい人は行わない場合が多いですが、念のためにお伝えしておきます。

くせ毛やうねりなど髪が曲がったり、広がりやすい人はボリュームがあるように見えることが多いので、ストレートパーマや縮毛矯正をすることで、髪のボリュームはなくなってしまいますので、注意しましょう。

③ ドライヤーの使い方に注意する

入浴後に、髪を乾かす際のドライヤーの使い方で、髪のボリュームを抑えることが可能です。

髪の根元を立ち上げながらドライヤーを当てて乾かすと、髪が広がりやすくなるため、ドライヤーは髪を寝かせながら真上からあてて乾かすようにすると良いでしょう。

④ ヘアクリームやオイルを使う

髪を保湿し、なめらかにすることで髪にまとまりを与えてくれるのが、ヘアクリームやオイルです。

日々、ヘアクリームやオイルで髪をケアすることで、髪の痛みをケアしボリュームを抑えることができます。

⑤ 美容師さんに相談する

最も手っ取り早く、髪のボリュームを減らすことができるのが、美容室に行ってカットをしてもらうことです。

美容師さんに、髪のボリュームの多さが気になることを伝えた上で、カットをしてもらいましょう。

7. さいごに

髪をボリュームアップする方法について詳しく解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

髪の量が少々少なくても、きっちりと対策をすれば、確実に改善することが可能です。

最も確実な方法は、クリニックに行って薬を処方してもらうことです。8割近い人が改善するので、一度無料相談に行ってみても良いかもしれませんね。

東京ビューティークリニック』クリニックが安くておすすめです。

あなたの髪についての悩みが軽くなることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket