植毛手術で失敗する3つのパターンと成功するための全情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

植毛手術に不安を感じていませんか?

植毛手術は医療ミスや重篤な症状など医療的な失敗は未だないので安心できる方法です。しかし、植毛を本当に成功したと言えるためには、少しでも良いクリニックを選んだり、植毛するにあたって理解しておくべきことがいくつもあります。

そこでこのページでは、過去に育毛アドバイザーとして1000人を超える方々の育毛をお手伝いをしてきた経験を持つ筆者が、植毛手術についてあらゆる点から詳しく解説していきます。

  1. 植毛手術が効果抜群な3つの理由
  2. 植毛手術が失敗することはある?植毛の失敗の3つのパターン
  3. 植毛で失敗しないためにできる3つの対策
  4. 植毛手術の4つの手法
  5. 植毛手術の流れと痛いポイント
  6. 傷がなくなるのはいつ?
  7. クリニックの比較でわかる!植毛手術にかかる費用の目安と強みの違い
  8. 植毛で失敗しないために選ぶべきクリニック4選

このページを読んでいただければ、植毛を成功させるために必要な知識が身につくでしょう。

1. 植毛手術が効果抜群な3つの理由

植毛は薄毛に悩む人にとっては、生やしたい部分に髪を生やせる唯一の方法です。

見た目の印象も大きく変わり、自分に自信が持てるようになるので、多くの方が植毛に取り組むようになってきました。

植毛は薄毛にとても効果がありますが、その3つの理由について紹介します。

  • 男性ホルモンの影響を受けにくい
  • 半永久的に生え続ける
  • 髪の細胞が死滅している場合にも改善が可能

1-1. 男性ホルモンの影響を受けにくい

植毛に使うドナー(移植される髪)は主に、自身の側頭部や後頭部の髪を使います。

薄毛の症状は男性ホルモンが元凶となり、脱毛を引き起こすホルモンに変換されてしまうことで髪が薄くなりますが、側頭部や後頭部の髪は脱毛ホルモンの影響を受けにくい部分です。

そんな側頭部や後頭部の髪を移植するために、移植をした後も脱毛ホルモンの影響を受けないのです。

1-2. 半永久的に生え続ける

移植した髪が定着さえ成功すれば、しっかりと髪が成長し太く、長く伸びてきます。

そして、植毛した髪はAGAの影響を受けにくい側頭部や後頭部の髪なので、半永久的に生え、抜けても生え変わることができます。

1-3. 髪の細胞が死滅している場合にも改善ができる

髪の細胞が死んでいる場合や、髪が全くない場所にも髪を植えることができます。

通常、薄毛は治療薬で改善できることが多いですが、薬では髪の細胞が死んでる場合や、もともと広いおでこなどに髪を生やすことはできません。

生きた髪の細胞を移植することができるので、髪がない場所にも髪を生やせる唯一の方法となっています。

2. 植毛手術が失敗することはある?植毛の失敗の3つのパターン

そもそも、植毛手術で医療ミスや重篤な症状が発生したケースはあるのでしょうか?

自毛植毛の手術では自分の髪を移植するため、アレルギーの心配もなく、その他医療ミスや、重篤な症状が発生したというケースはまだありません。

手術は成功をしたとしても、思い描いた髪型にならなければ、それを失敗とよべるのではないでしょうか。失敗だったと感じてしまう場合は少なからずあるので、どんなことで失敗となってしまうのか?

起こりえる3つのパターンを見ていきましょう。

  •  仕上がりが不自然
  •  密度が低い
  •  髪が抜けてしまう

2-1. 仕上がりが不自然

髪を移植する以上、仕方ないことではありますが、仕上がりが不自然になってしまうことがあります。

髪の毛穴は色々な方向に向いており、必ずしも均一ではありません。頭の部位によっても髪の流れや髪質は異なります。

質感が違う後頭部の髪を移植することで、見た目が自然にならなかったり、生え際やつむじの髪の流れが自然にならずに、仕上がりに違和感があることがあります。

こだわりが強い方は仕上がりに満足できないこともあるかもしれません。

2-2. 密度が低い

植毛は髪を植える密度が仕上がりに大きな影響を与えます。現在の植毛技術では薄毛になる前の密度に100%戻すことは困難で、約80%程度が限界と言われており、1度の植毛では80%の密度までもっていくことは難しいです。

1度の植毛でも十分に満足される人も多いですが、どうしても多少他の部分に比べて密度が気になってしまう人もいるようです。

1度の植毛で密度が満足できない場合は、2回、3回と同じ部分に植毛を行うことで、密度と完成度を高めていくこともできます。

2-3. 髪が抜けてしまう

移植した部分はAGAの影響を受けにくく髪が抜けにくいのですが、植毛をしていない部分のAGAが進行して、髪が抜けたということで不満に感じる方もおられます。

AGAの進行中の場合は、AGAの治療薬を服用して、AGAの進行を食い止めておかなければなりません。

移植した髪は一度抜けて、生え変わりますが、その髪が育つまでじっと待ちましょう。

3. 植毛で失敗しないためにできる3つの対策

医療ミスなどの重篤な失敗はほとんどない植毛ですが、「イメージと違う」ことが原因で失敗だと感じてしまうことを防ぐために医師としっかりと話すことが重要です。

また、植毛を終えた後に状態を保つために起こりえることをしっかりと把握しておく必要があります。

植毛が失敗に終わらないためにできることは3つです。

3-1. 理想形の共有

医師との関係性により、手術後の頭の完成のイメージが共有できていないまま、手術を終えイメージにずれがあった場合に失敗と感じてしまうことがあります。

完成後の密度はどうなるのか医師に質問したり、やりたい髪型が可能になるかどうかなど、髪がとにかく増えればいいという以外にこだわりが強くある場合は、医師にこだわりや、理想のイメージについて話しをして、相違がないかしっかりと確認を行いましょう。

3-2. 治療薬を使う

AGAを発症している人の場合は、移植していない部分の薄毛が進行してしまうことがあります。

植毛した部分ではない部分が薄くなってしまい、見栄えが悪くなると植毛が失敗したと感じてしまうかもしれません。

そうならないためには、きっちりと治療薬を使って、AGAの進行を食い止めておく必要があります。

AGA治療薬が効果がない人も一定数いますので、治療薬で抜け毛が抑えられるかどうか、植毛をする前に治療薬を使って確かめておくことをおすすめします。

治療薬をまだ使ったことがない人はこちらの記事「育毛アドバイザー直伝!AGAを安全に治す治療薬の完全ガイド」を参考にして、まずは治療薬を使ってみた方がいいかもしれません。

3-3. ケアをおろそかにしない

植毛後は移植した部分にかさぶたができますが、自然に剥がれるまでに、人為的にはがしてしまうと植えた髪が毛根ごと剥がれてしまう可能性があるため注意が必要です。

また、植えた髪は一度抜けて生え変わりますが、この時期に栄養が不足していたり、刺激が加わってしまうと定着率を下げてしまうことにもなりかねませんので、いままで以上に頭皮や体のケアに気をつけましょう。

詳しいケアの方法や注意点については、手術後に詳しい説明があるので安心してください。

4. 植毛手術の4つの手法

植毛の方法にはメスを使って頭皮を切り取るものや、パンチという機械を使って髪を毛根からくり抜く方法などいくつか方法があります。

移植する範囲の広さによって手法を変えたり、クリニックによって採用している方法が異なるなど、必ずしも選べるわけではありませんが、それぞれに特徴がありますので紹介しておきます。

現在、主に行われている植毛は下記の表にある3つです。

FUT法 FUE法 ARTUS(ロボット) 人工植毛
特徴 メスを使用し、頭皮を帯状に切り出しドナーを採取 パンチを使用しドナーを毛包ごと繰り抜く ロボットを使って、ドナーを毛包ごと繰り抜く 人工的に作ったポリエステル製の人工毛を植える
線状の傷が残る 傷が小さいのですぐに治る 傷が小さいのですぐに治る アレルギー反応によってかゆみやかぶれが生じる
痛み 痛みが持続する 痛みはすぐにおさまる 痛みはすぐにおさまる 痛みはすぐにおさまる
定着率目安 85〜95% 70〜95% 70〜95% 必ず抜ける
費用 高い 高い 安い 一度だけなら安い(メンテナンスが必要なため結果的に高くなる)
メリット
  • 広範囲の移植に合う
  • 傷が目立たない
  • 痛みが少ない
  • 医師の技術に左右されない
  • 傷が目立たない
  • 痛みが少ない
  • 安い
  • 移植する髪がなくても可能

最近では行われなくなった方法も含め下記の4つの方法について紹介していきます。

  • FUE法(ダイレクト法)
  • ARTUS(ロボット)FUE法の一種
  • FUT法(ストリップ法)
  • 人工植毛

4-1. FUE法(ダイレクト法) 

FUE法では、後頭部や側頭部から髪をパンチという機械を使って毛根ごとくり抜き、あらかじめ空けておいた箇所に髪を植えていくメスを使わない方法です。

そのため、患部を縫い合わせる必要もなく、大きな傷が残りにくいのがメリットです。

あやまって、毛根を切断してしまう可能性もあり、一般的に定着率は70%〜80%と言われています。

FUE法はどんどん技術が発展していき、クリニックによっては95%近くまで定着率が上がってきています。

4-2. ARTUS(ロボット) FUE法の一種

ARTUSは、FUE法で行うドナーを採取する作業を行うロボットのことです。

高性能のカメラ機能が搭載されており、瞬時に画像を分析し、髪の毛包を見つけ正確に抜き取っていきます。

採取した髪の植え付け作業は人の手を使って行います。

定着率を高めるためには少しでもドナーの細胞のダメージを減らしつつスピード間を持って植えることが必要です。ARTUSは精度を高く保ちつつ、大量のドナーを短時間で採取できることで重宝されています。

4-3. FUT法(ストリップ法)

FUT法ではメスで頭皮を帯状に切り取り、植える株の採取から、株をわけ、植毛をするところまで全て手作業で行う方法です。

そのために、毛根の切断率が低く、定着率は85%〜95%とも言われています。

ただ、皮膚を切り取った部分を縫合する必要があるため、傷後が残りやすいです。

1回に切り取る毛髪の量が多いので広い面積に移植出来るのが特徴です。

4-4. 人工植毛

人工植毛とは、人工的に作った髪を植毛する方法で、髪が全くなくても無限に髪を植えることができます。一度に大量の髪を植えることができるので、見た目上フサフサになり、一回あたりの費用でいうと比較的安価なのが特徴です。

しかし、人体に異物を埋め込むわけなので、必ず抜けてしまいます。定期的なメンテナンスも必要なため、最終的に高額な費用がかかります。

拒絶反応によりリスクや、メンテナンスの点によりほとんど行われなくなりました。

5. 植毛手術の流れと痛いポイント

植毛手術はどのように進められていくのかについて紹介しておきます。植毛手術は痛くないという話もありますが、痛いポイントも実はあります。

あらかじめ詳しく知っておくことで、覚悟を決めて手術当日に挑むことができるでしょう。

植える本数によって手術に要する時間は全く違いますが、およそ3時間〜6時間かかります。

①静脈注射(全身麻酔)

まず手術の一番はじめに静脈注射(全身麻酔)を腕にうちます。

注射ですので、もちろんチクっとした痛みは多少するかもしれませんが、この痛みは全く大したことありません。

全身麻酔は植毛がはじまってからしばらくすると効いてきて、意識がなくなります。

②局所麻酔

次は頭に局所麻酔の注射を打ちます。

植毛をする際は手術の手法を問わず、ドナーを採取する必要があるので、小さいとはいえ頭皮に穴を開けたり、皮膚を切ることになります。

その際の痛みをなくすために、後頭部と移植先(前頭部や頭頂部)付近に局所麻酔をしますが、最も痛みを感じるのがこの局所麻酔です。

今まで感じたことのない激痛という声も多数あります。何回もうつため、激痛を何度も味わうことになりますので、覚悟しておいてください。

ただし、この麻酔のおかげで手術中の痛みは感じなくなります。

③ドナー採取

麻酔が効いていることを確認したら、実際に移植する髪(ドナー)の採取に移ります。パンチという機械やメスで切り取ってドナーを採取する方法がありますが、手術中は麻酔が効いているので痛みを感じることはありません。

メスを使う手法の場合は、頭皮が引っ張られるような感覚はあるかもしれませんが、痛みは全くといっていいほど感じないでしょう。

④ドナー移植

ドナーが採取できたら、移植する箇所にドナーを埋め込む穴を開けながら順番に植えていきます。

この時も麻酔の効果で痛みを感じることはありません。しばらくすると全身麻酔が効いてきます。植毛は長時間に渡ることも多いので全身麻酔が効いてきて意識を失うと、目が冷めた頃には全てが終わっているという状況になります。

⑤最終チェックと包帯

全体のバランスを確認し、鏡で状態を見せられます。当然血だらけなので、驚かないでください。

包帯を巻いて終了です。

ニットをもらえるところもありますが、傷や髪の保護の意味でも事前に確認をして持参するようにしましょう。

⑥手術後

手術当日は、シャンプーが禁止されるためそのまま頭は洗わずに寝ることになりますが、後頭部をまくらに頭がつくたびに痛みを感じるでしょう。

鎮痛剤を処方してもらえるので、どうしても痛くて仕方ない方は使いましょう。

手術翌日から、こすらないシャンプーは許されるようになりますが、まだ傷がある状態は変わらないので、お湯や水はしみて少し痛いかもしれません。

なるべく、手術後のしばらくは安静にしておくことをおすすめします。

6. 傷がなくなるのはいつ?

傷については、植毛の方法にもよります。

まず、FUE法(メスを使わない方法)については、ドナーを取り出す際にできる傷も、移植した生え際も、1つ1つの傷の範囲が非常に狭いので、すぐに治ります。

およそ2〜3日はかさぶたが気になるかもしれませんが、1週間もすれば傷は治ってしまうでしょう。かさぶたがとれる頃には痛みはほとんどない状態になっているはずです。

FUT法(メスを使う方法)は後頭部や側頭部はメスで切られて縫合されている状態なので、10日〜2週間ほどで抜糸をされます。抜糸の後がまだしばらく残りますが1ヶ月経つ頃にはほとんどわからない程度に回復しているでしょう。

7. クリニックの比較でわかる!植毛手術にかかる費用の目安と強みの違い

そこで、全国にある植毛ができる20のクリニックを比較しました。その結果、拠点を2つ以上持つクリニックで、植毛に特化している。もしくはAGAの治療を行っており、植毛に力を入れているクリニックは5つに絞れました。

その5つのクリニックを比較しながら解説していきます。

7-1. 比較でわかるクリニックの費用

クリニックによって、基本料金がかかったり、グラフト毎の値段が異なります。5つのクリニックの費用を比較しました。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

アイランドタワークリニック TOMクリニック AGAルネッサンス 親和クリニック 聖心美容クリニック
基本料金 ¥200,000 ¥300,000 0 ¥200,000 0
500グラフト ¥800,000 ¥340,000 ¥498,000 ¥800,000 ¥498,000
1000グラフト ¥1,400,000 ¥600,000 ¥880,000 ¥1,400,000 ¥880,000
2000グラフト ¥2,600,000 ¥1,200,000 ¥1,460,000 ¥2,200,000 記載なし

※表に記載している金額は基本料金を含んだ金額です。

TOMクリニックが最も安かったですが、TOMクリニックは東京の新橋でしか植毛手術をすることはできません。

価格だけで選ぶなら、TOMクリニックがおすすめですが、距離的に難しいという方は、AGAルネッサンスクリニックがおすすめです。植毛は治療薬での治療も平行する場合が多く、AGAルネッサンスであれば治療薬も安く処方してもらうことが可能です。

植毛の値段の差は企業努力によるものなので、値段が安いことで何か不利益を被ることはないと思います。今回ご紹介した中で値段が高いクリニックについては、緻密で繊細な手術を行っているため、手間がかかることが値段に影響しているのだと考えられます。

7-2. 比較でわかる!クリニックの特徴と強み

植毛をより自然に仕上げ、高い定着率で成功させるには、高い技術力が必要です。

今回取り上げた5つのクリニックは技術や実績についてはトップクラスのクリニックばかりなので、問題ありませんが、調べてみると、手法や実績など強みとしているポイントがあることがわかりました。

下記に5つのクリニックと特徴を比較できるように表にまとめました。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

アイランドタワークリニック TOMクリニック AGAルネッサンス 親和クリニック 聖心美容クリニック
手術方法 FUE法(idirect法) FUE法(ARTAS) FUT法・FUE法(ARTAS) FUE法 FUE法(ARTAS)
メガセッション ×
価格
実績 20,000人以上(15年以上) ARTAS実績2,400人以上(10年未満)   4,600人以上(10年以上)
エリア 新宿・名古屋・大阪・福岡  東京新橋のみ  新宿・大阪・福岡・仙台 新宿・名古屋・大阪・福岡 札幌・東京(六本木)・埼玉(大宮)・神奈川(横浜)
静岡・名古屋・大阪・広島・福岡

実績で選ぶなら、圧倒的にアイランドタワークリニックがおすすめです。

次の章以降では、技術力が高いクリニックと価格が安いクリニックに分けておすすめのランキングを紹介していきます。

8. 植毛で失敗しないために選ぶべきクリニック4選

植毛はクリニックによって技術や価格に大きく違いがあるので、あなたの価値観に合わせてクリニックを選ぶことをおすすめします。

大きく分けると、実績が多く技術力に安心感があるクリニックと、価格が安いクリニックです。

それぞれでおすすめのクリニックを2つずつ紹介します。

8-1. 植毛の技術力が高いクリニック2選

高い定着率で密度を高く保ち、仕上がりにこだわりたいなら、なるべく技術が高い(実績が多い)クリニックで植毛することをおすすめします。

実績も多いクリニックであれば、失敗しないためにアドバイスをもらえたり、カウンセリングなどにも親身に聞いてもらうことができるでしょう。

アイランドタワークリニック

アイランドタワークリニック』は20,000以上の圧倒的な症例数を誇り、植毛分野のトップシェアをとっています。実績に裏付けられた技術力があり、デザイン性、定着率、サービスなどあらゆる点でトップクラスのクリニックです。植毛分野で最も安心できるクリニックとしておすすめできます

拠点は東京(新宿)・名古屋・大阪・福岡にありますが、交通費、宿泊費キャシュバックキャンペーンなども行われていますので、お近くの拠点までの負担も軽減されます。

アイランドタワークリニックでは事前に無料カウンセリングを行っていますので、まずは一度自分の目で確かめてみることをおすすめします。

アイランドタワークリニックの公式ページ

https://www.ilandtower-cl.com/

似た名前のクリニックがたくさんあるので間違えないように注意しましょう。

親和クリニック

親和クリニック』は10年で5000近くの症例を持ち、チーム医療に力を入れた技術力に自信を持つクリニックの1つです。

研究などにも熱心で、新しい独自の技術の開発など、植毛治療を進化させ続けています。

拠点は新宿・名古屋・大阪・福岡にあります。

親和クリニックの公式ページ

https://shinwa-clinic.jp/

似た名前のクリニックがたくさんあるので間違えないように注意しましょう。

8-2. 植毛の価格が安いクリニック2選

植毛は技術力が高い方が安心できると言っても、費用が高すぎてできないのでは意味がありません。

これから紹介するクリニックは、圧倒的な低価格を実現しているため、同じ費用をかけるなら2倍近くの量の髪を移植できるので、密度を高くしやすいです。

とにかく費用を安く抑えたい人におすすめなクリニックを2つ紹介します。

TOMクリニック

TOMクリニック』は比較的新しいクリニックですが、治療費を抑えることに力を入れており、植毛の費用は業界最安値です。

とても安心して通えるクリニックの1つです。植毛は業界最安値を実現しており、相当な企業努力が伺えます。

拠点は東京(新橋)、大阪(梅田)にありますが、植毛ができるのは新橋だけとなっています。交通費を考えても圧倒的に安いので、遠方の方も足を運ぶだけのメリットがあります。

関東圏の人はTOMクリニックの無料カウンセリングを一度受けてみるとよいでしょう。

Tomクリニック公式ページ

http://www.tom-clinic.com

似たような名前のクリニックがたくさんあるので、間違えないようにしましょう。

AGAルネッサンスクリニック

AGAルネッサンスクリニック』は日本一高品質でリーズナブルなクリニックを掲げており、多くの人が使うAGA治療薬を最安値で処方しています。

拠点数も多く、多くのメイン都市に拠点がありますので、価格で選ぶ場合にTOMクリニックよりも行きやすいこともポイントの1つです。

また、無料カウンセリングを医師が行ってくれるので、非常に安心感があるのも強みで、誠実さを感じられます。

拠点は新宿・大阪・福岡・仙台にあります。

AGAルネッサンスクリニック公式ページ

https://www.rs-clinic.com/

似たような名前のクリニックがたくさんあるので、間違えないようにしましょう。

9. 最後に

植毛手術の流れや、植毛の効果や失敗などあらゆる面から解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

植毛手術は麻酔が痛いですが、それを乗り越えれば、生やしたい部分に確実に髪を復活させることができる唯一の方法です。

植毛は技術によっても仕上がりや定着率に大きな差が出ますので、仕上がりにこだわりがあり、費用に余裕がある方は下記の2つのクリニックがおすすめです。

植毛はやってみたいけど、とにかく費用を抑えたいという方には下記の2つのクリニックがおすすめです。

植毛を行っているクリニックでは、無料カウンセリングがあり、あらかじめしっかりと相談を受けてもらえますので、自分の目でクリニックを見定めるためにも、上記の4つの中からどれか無料カウンセリングに行ってみましょう。

あなたの髪の悩みが軽くなることを心からお祈りしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket