ファイザー社のフィナステリド錠とプロペシアの違いまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ファイザー社の販売しているフィナステリド錠は「プロペシア」と比べた時に効果や価格はどの程度異なるのか気になりますよね。

ファイザー社のフィナステリド錠は先発医薬品「プロペシア」と成分が同じジェネリック医薬品です。

ファイザー社のフィナステリド錠を上手に使えば治療費をグッと抑えることも可能です

本ページでは、そんなあなたに過去に育毛アドバイザーとして300人を超える方々の育毛をお手伝いをしてきた経験を持つ筆者が、ファイザー社のフィナステリド錠とプロペシアを比較し詳しく紹介します。

  1. ファイザー社フィナステリド錠と「プロペシア」の徹底比較
  2. ネットでの購入をおすすめしない3つの理由
  3. 先発医薬品とジェネリック医薬品の3つの違い?

本ページを読んでいただければ、ファイザー社のフィナステリドやプロペシアを効果的に使えるようになるでしょう。

1. ファイザー社フィナステリド錠と「プロペシア」の徹底比較

ファイザー株式会社が販売しているフィナステリド錠の使用を検討していませんか?

このページでは、ファイザー社の販売するフィナステリドについて、先発医薬品である「プロペシア」と比較をしながら解説していきます。

1-1. ファイザーのフィナステリドとは?

先発医薬品として、MSD社の「プロペシア」がありますが、2015年にファイザー株式会社が厚生労働省の認可を受け、ジェネリック薬(後発医薬品)として販売を開始しました。

販売名称は下記の通りです。

フィナステリド錠 0.2mg 「ファイザー」/28錠
フィナステリド錠 1mg     「ファイザー」/28錠・90錠・140錠

ジェネリック薬品とは新薬(ここでいうプロペシア)と同じ有効成分を同じ量だけ使って作られた薬のことを指します。

1-2. ファイザーと「プロペシア」の価格比較

ジェネリック薬は一般的に先発医薬品よりも安価に販売されています。実際に「プロペシア」よりもどのくらい安く購入できるのか、比較してみました。

ちなみに、AGA治療薬は医師の診断がないと処方ができないため、診断料がかかってしまうクリニックもあります。また、AGA治療は、自由診療であるため、クリニックによって薬の価格には大きく差があります。

わかりやすく価格を比較するため、全国の100あるクリニックを調べた結果、拠点数が多く、実績も豊富なクリニックの中からファイザーを販売しているクリニックを選び、安かったところを3つピックアップしました。

カウンセリングや診断料、薬の代金を総合的に計算した結果を下記の表にしています。
-横にスクロールできます-

湘南美容外科(旧:AGAルネッサンスクリニック) AGAスキンクリニック ヘアメディカル
カウンセリング 無料 無料  無料
初診料 無料 ¥5,000 ¥5,000
ファイザー プロペシア ファイザー プロペシア ファイザー プロペシア
薬代金 ¥4,200(2回目以降6,000) ¥4,200(2回目以降6,500) ¥3,400(2回目以降¥7,000) ¥4,200(2回目以降¥7,000) ¥6,000 ¥6,500
総計 ¥4,200(¥6,000) ¥4,200(¥6,500) ¥3,400(¥7,000) ¥4,200(¥7,000)  ¥11,000 ¥11,500

初回と2回目以降の金額が異なるクリニックもありますが、ファイザーの方がプロペシアより少し安い程度でしたが、およそ¥6,000〜7,000程度でした。

それぞれのクリニックへは下記のリンクから詳細を見ることができます。また、それぞれのクリニックの店舗がある地域も紹介しておきます。

最安値は湘南美容外科(旧:AGAルネッサンスクリニック)でした。

1位・・・湘南美容外科(旧:AGAルネッサンスクリニック)

2位・・・AGAスキンクリニック

3位・・・へアメディカル

湘南美容外科(旧:AGAルネッサンスクリニック)』の拠点

  • 【関東】東京 (新宿・品川・上野・銀座・立川・町田)、千葉(千葉・柏)、神奈川(横浜・川崎・横浜静原宿・橋本)、埼玉(大宮)
  • 【北海道・岩手】北海道(札幌)、岩手(仙台)
  • 【中部・北陸】新潟、長野、静岡、浜松、名古屋
  • 【関西】大阪(大阪、梅田)京都、神戸
  • 【山陰・山陽】広島
  • 【九州】福岡(福岡)、那覇

AGAスキンクリニック』の拠点

  • 【関東】東京 (秋葉原・池袋・上野・品川・渋谷・新宿・西新宿・新橋・銀座・六本木・町田)、神奈川(横浜)、埼玉(大宮・川口)、千葉(柏・船橋)
  • 【北海道・東北】北海道(札幌・函館)青森、宮城(仙台)、秋田
  • 【中部・北陸】富山、愛知(名古屋)
  • 【近畿】京都、大阪(梅田2・難波)、神戸
  • 【山陰・山陽】広島(広島・福山)、愛媛(松山)、高知
  • 【九州・沖縄】福岡(福岡・小倉)、沖縄(那覇)
  • 【女性専用クリニック】東京 (渋谷・新宿・銀座)、埼玉(大宮)、北海道(札幌)、愛知(名古屋)、大阪(梅田)、福岡(福岡)、沖縄(那覇)

へアメディカル』の拠点

  • 【関東】東京(東京 銀座)
  • 【中部】愛知(名古屋)
  • 【関西】大阪(大阪)
  • 【九州】福岡(福岡)

2. ネットでの購入をおすすめしない3つの理由

「プロペシア」を販売しているMSD社、フィナステリド錠を販売しているファイザー社の母体はアメリカにあり、最初はアメリカで作られています。

本来であれば、AGAクリニックできちんとした診断がなければ入手することができませんが、ネットの通販サイトでは、海外から個人輸入をしたものを購入することができます。

また、海外から輸入されたものは日本で販売されている薬に比べ1000円ほど安く購入できます。

しかし、下記の3つの理由でネット通販での購入は絶対におすすめしません。その理由についてお伝えします。

2-1. 偽物や粗悪品のリスク

個人輸入品は非常に安くて、ネットで購入できるので手軽です。しかし、偽物や粗悪品であるというケースがあります。

この場合、効果が期待できないどころか思いもしない副作用が発現することがあるので注意が必要です。

2-2. 副作用が起こった時の公的な救済が受けられないこと

日本では、副作用により入院や治療が必要になるような事態が起こった場合には、公的機関から補助や救済措置を受ける制度があります。

しかし、医薬品を正規販売者以外から購入・使用し副作用が起きた際には、公的機関からの救済措置を受けられません。

2-3. ジェネリック医薬品が市場に出るまでの工程の違いがあること

日本では、厚生労働省が厳しい基準を設けて、ジェネリック医薬品が出る前に審査をしています。

しかし、本来先発医薬品に比べ、ジェネリック医薬品は有効性や安全性についてのデータが圧倒的に少ない状態で市場に出ます。

海外でのジェネリック医薬品の基準はそれぞれ異なるので言及することはできませんが、日本より安全性について不安要素が残ることは容易に想像ができるのはないでしょうか。

以上の理由から、ネット通販での購入は避け、なるべくAGAクリニックで処方してもらうようにしましょう。

3. 先発医薬品とジェネリック医薬品の3つの違い?

実際に、ファイザーのフィナステリド錠とプロペシアに効果に違いがあるのかどうか気になる方も多いのではないでしょうか?

ファイザーのフィナステリド錠(ジェネリック医薬品)とプロペシア(先発医薬品)の成分は基本的に同じです。

厚生労働省の厳しい承認基準をクリアしなければ、ジェネリック薬を販売することはできません。

しかし、成分は同じでも、異なる部分がありますので、先発医薬品とジェネリック薬の違いについて紹介しておきます。

3-1. 効果の違い

先発品とジェネリック薬の成分は同じです。しかし、多くの医師が先発医薬品とジェネリック薬は効果に違いがあると言うそうです。

もちろん、同じという医師もいますが、効果に差が出る可能性はゼロではないと考えられます。

その理由については以降でも触れていきます。

3-2. 製法の違い

ジェネリック医薬品は先発医薬品の有効成分は同じですが、薬の製法は各メーカーによって異なります。コーティングの仕方や内部構造などがそれぞれ異なってしまいます。

コーティング剤や構造が異なるだけで、吸収される速度や、成分が分解される速度などが変化する可能性もあります。

そのため、製法が異なるだけで効果が変わってくる可能性も十分に考えられます。

3-3. 市場に出るまでの試験の違い

ジェネリック医薬品は市場に出る前に薬が先発医薬品と同等であることを示したデータの提出が義務ずけられています。

実際に、症状に有効であるかを調べる「有効性の試験」をしますが、統計的に有効であるという範囲に収まっていればよいため、完全に同じではありません。

また、安全性を調べる試験がなく、先発医薬品に比べ圧倒的にデータが少ない状態です。試験の工程や手間が少ないおかげでジェネリックは安く購入できるというわけです。

このように成分は同じでも、全く同じではない薬であるということは頭に入れておきましょう。残念ながら、どちらの薬が良いとは言えませんが、安全性や効果の面でいうと先発医薬品の方が無難だと思います。

ただ、ファイザーのフィナステリド錠は日本で認可を持っている薬なので、安心して大丈夫です。もし費用を少しでも抑えたいならファイザー、より安全なものを使いたいなら「プロペシア」がおすすめです。

4. 最後に

ここまで、ファイザー社のフィナステリド錠と先発医薬品であるプロペシアについて比較してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ファイザー社のフィナステリド錠はプロペシアに比べ500円〜1000円ほど安く購入できます。しかし、ファイザー社のフィナステリド錠とプロペシアは有効成分は同じですが、正確に全く同じ薬ではないので、効果が異なる可能性もあります。

もし費用を少しでも抑えたいならファイザー、より安全なものを使いたいなら「プロペシア」がおすすめです。

海外製のジェネリック医薬品をネットで購入することは危険ですので、絶対にやめましょう。AGAクリニックできちんと診断の上、処方してもらうようにしましょう。

下記の3つのクリニックであれば安くファイザー社のフィナステリド錠を購入することができます。

あなたの悩みが少しでも解決することを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket