プロが選ぶあなたに合ったおすすめの女性用育毛剤ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

育毛剤を使うなら、少しでも良いものを使いたいですよね。

しかし、女性用の育毛剤は種類も多く、本当に何が良い育毛剤なのかわかりにくくなってしまっています。

世の中の育毛剤ランキングには広告を目的としたものが多く、間違った情報を参考にしてしまうと、「全然聞かない」ということになりかねません。

このページではこれまで300人以上の薄毛に悩みを抱える女性の相談に答えてきた育毛アドバイザーの私が、客観的な視点から女性用育毛剤を徹底的に比較をし、おすすめの育毛剤について以下の流れで紹介して行きます。

  1. 女性の育毛剤ランキング
  2. 女性に良い育毛剤を選ぶ3つのポイント
  3. 選ぶべきではない3つの育毛剤
  4. 年代によって異なる女性の薄毛の原因
  5. 症状や原因によっては育毛剤を使う必要がない場合もある
  6. 育毛剤を効果を高める5つの正しい使い方
  7. 育毛剤と合わせてすべき女性の薄毛対策8選

このページを読んでいただければ、おすすめの育毛剤がどれか客観的に知ることができるでしょう。

1. 女性の育毛剤ランキング

20種類以上もある育毛剤の中から、女性用の育毛剤のランキングをつけるにあたって、成分数、価格、添加物の有無などについて徹底的に調べました。

まず、無添加なものに絞ってから、成分数と価格について下記のように分布図を作成した結果、価格が安く成分数が多いおすすめの育毛剤は以下ようになりました。

以上の分布図を元にコスパを考えると女性にお勧めできる育毛剤ランキングは以下のようになりました。

  • 1位:マイナチュレ
  • 2位:ベルタ
  • 3位:ハリモア

※それぞれの細かい比較についてはランキングの後に紹介します。

実際、上位の育毛剤は人気のものが多く、いい商品だからみんな使っていることがお分かりいただけます。

1位 マイナチュレ

マイナチュレ』は比較した結果最もおすすめできる女性用の育毛剤でした。無添加でありながら、多くの有効成分を配合しています。

薄毛の原因となるホルモンの生成を抑える効果が期待できるオウゴンエキスなども配合されており、薄毛の原因に直接的な対策を打つこともできます。

複数の雑誌で紹介されたり、3年連続モンドセレクションで金賞を受賞するなど品質にも安心でき、今最も人気がある育毛剤です。

初めて育毛剤を使う方から、違う育毛剤でダメだった方までどんな方にもおすすめできる育毛剤です。

価格(単品) 5,095円/本
初回限定価格 980円
定期購入 4,457円/6ヶ月
内容量 120ml/本

口コミはたくさんありましたが、下記のように髪に変化を感じられたというような口コミが多く見られました。


口コミ・評判

36代女性
評価:★★★★★★6

数ヶ月前から頭頂部と前頭部の髪の薄さが気になり育毛剤を探していたところこちらの商品を見つけました。@cosmeやいろいろ口コミを見て無添加だし安心して使えそうだと思いこちらの商品を購入することにしました。

現在使用してもう少しで1カ月半になるところですが、使い始めて少しでセットする時にふんわりするのを実感しました。次に少しツヤが出てきたように感じました。

現在は1カ月と少し経った頃頭頂部の赤みが少し白くなってきたのを感じました。使用して段階があるそうなのでふんわりしたり赤みがなくなったりしてだんだん育毛へと繋がっていくそうです。きっと育毛することは長期戦になるだろうと覚悟はしていましたが変化があると希望が持ててがんばれます。

値段は少々お高めですがもし悩んでいたら試してみる価値はあるかと思います。※一部抜粋

マイナチュレ公式ページ

http://www.my-nature.jp

育毛剤には偽物も多く出回っているので、なるべく販売元のページから直接購入しましょう。

2位 ベルタ

ベルタ育毛剤』の成分は、天然由来の成分でできた育毛剤で、最も成分数が多い育毛剤でした。

成分数がとにかく多く、エイジングケアに効果が期待できるとされているプラセンタや、保湿効果に優れたコラーゲンが含まれているので、マイナチュレを試してダメだった方や、特に40代以降の方におすすめの育毛剤です。

ベルタ育毛剤もTVや雑誌で多数取り上げられており、今最も注目されている女性用育毛剤です。

価格(単品) ¥5,980
初回限定価格 ¥3,980
6本セット ¥4,580/1本あたり
内容量 120ml/本

髪は増えたと感じるまでには最短でも半年はかかるものなのですが、抜け毛が減ったり、髪に元気が出たというのは頭皮や髪にとってとても良い兆候です。そのような兆候が見られたという口コミがいくつも見られました。


口コミ・評判

名前 yully(40歳)
評価:★★★★☆4
使用後2ヶ月経過。育毛効果はあるか?と聞かれれば、特に生えてきた感はない。と答える。
が、早い段階で髪の根元がしっかり立つようになり、更にシャンプー時の抜け毛が半分以下に減ったのは解りやすい変化かも。

ベルタ公式ページ

http://belta-shop.jp/

育毛剤には偽物も多く出回っているので、なるべく販売元のページから直接購入しましょう。

3位 ハリモア

ハリモア』はセンブリエキスやニンジンエキスなど、頭皮環境を整える効果を持つ有効成分を配合し、血行促進や保湿成分が多く含まれている育毛剤です。

髪のダメージや、抜け毛が気になる方におすすめの育毛剤です。

上記2本と比べると、コスパは見劣りするので、上記2本を試してダメだった時に使ってみましょう。

価格(単品) ¥7,600
初回限定価格 ¥3,800
定期購入 ¥5,852
内容量 120ml/本

下記の口コミのように、髪が生えてきて薄毛が改善したと言えるほど、変化があったという声があると、とても期待感をもって取り組めそうですよね。

口コミ・評判

松おち子さん(30歳)
評価:★★★★★★6

子供を産んでからかれこれ5年。

産後抜け毛に悩んでいる人は多いと思いますが、
私みたいに産後からず~っと抜け続ける、、とゆーか生えてこない人ってあんまり多くないと思います。

でも、妻でも母でもやっぱり女でいたい!!

ダイエットはうまくいったから出産前より体重は減ったけど、
髪の毛まで減るなんて聞いてないよぅ~~~~!!!

とゆーことで、女性用の育毛剤をいくつか試してみたのですが、
これが一番あたしには合っています。

(略)

なんだかんだと使用して5カ月くらいですが、
1か月=特に変化なし
2か月=フケがなくなる(頭皮が綺麗になった?)
3か月=髪の毛の根元が太くなったのか立ちが良くなる。
4か月=特になし
5か月=いきなり生えてきた!
6か月=順調に養生中
7か月=もう薄毛卒業?という感じです。
8か月=どうもリニューアルしたみたい!なっナノ化!?
9か月=ナノ化の効果すごい!浸透めちゃくちゃする
10か月=もう10カ月かぁ~!早いな~!
11か月=あと1カ月で1年!美容室でも褒められた!
たぶん4カ月のときにも何かしらあったんだろうけど、
なんとなく習慣化してたので、変化に気付かなかったwww

とにかく生えてきたから良かった♪

おすすめですw

出典:アットコスメ

ハリモア公式ページ

http://harimore.jp/

育毛剤には偽物も多く出回っているので、なるべく販売元のページから直接購入しましょう。

2. 女性に良い育毛剤を選ぶ3つのポイント

女性用育毛剤のランキングを紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

女性用育毛剤は、種類が多いので何を基準に選んでいいのかわからないですよね。

そこで、少しでも良い育毛剤を見つけられるように、最も重要な3つポイントを意識して育毛剤を選ぶことをおすすめします。

  • 無添加
  • 成分数の豊富さ
  • 価格

今回選んだ育毛剤も上記のポイントをしっかりと抑えて選ばれた育毛剤です。

下記の表は、今回20種類以上の育毛剤を比較するにあたって使用した比較表の一部です。

-スマホの方はスクロールできます。-

(名前をクリックすると販売元のページが見れます)

マイナチュレ ベルタ育毛剤 ハリモア 長春毛精 ミューノアージュ 花蘭咲 デルメッドヘアエッセンス ca101薬用スカルプエッセンス フローリッチ
内容量 120 80 120 60 120 120 120 120 120
無添加 ×  ◯  × × ×
有効成分 3 3 3 3 5 3 6 3 2
その他の成分数 38 53 25 12 7 10 4 4 8
ニオイ 無香料 無香料 無香料 少し 無香料 少し 有り 少し 花の香り
返金保障 120日 90日 30日 × × × × 30日 ×
単品購入価格 ¥5,095 ¥5980 ¥7,600 ¥7,128 ¥6,787 ¥7,000 ¥4,320 ¥6,000 ¥5,400
定期購入(初回金額) ¥980 ¥3,980 ¥3,800
(定期なら23%off で¥5,852)
¥1,080 ¥3980
(定期なら10%off で¥6,108)
¥2,400
(定期なら31%off で¥4,800)
¥2160 ¥6,000 ¥4,860
定期購入(6ヶ月)1本あたり ¥4,457 ¥4,580 ¥5,510 ¥6,120 ¥5,753 ¥4,400 ¥3,960 ¥6,000 ¥4,860

今回ランキングで紹介した育毛剤はまず、無添加であるものに絞りました。

なぜ、無添加、成分数の多さ、価格が重要なのか解説しておきます。

2-1. 無添加

なるべく防腐剤や着色料のようなものが入っていな、無添加のものを選びましょう。

女性の頭皮はとても敏感なので、少しの刺激でも頭皮環境を乱してしまう1つの要素となります。

育毛剤を使って、頭皮の状態を悪くしてしまうというのでは、全く意味をなさないので、なるべく無添加で刺激が少ないものを選ぶことをおすすめします。

2-2. 成分数の豊富さ

女性の育毛剤には髪の成長を助ける栄養素や、頭皮を保湿する成分などが豊富に配合されています。

女性の薄毛の原因は主にホルモンバランスの乱れですが、個人によってホルモンバランスが乱れる原因も違えば、体質も異なります。

そのため、どの成分があなたにマッチするかは使ってみないとわかりませんので、少しでも効率よく改善するために、なるべく豊富に成分が配合されているものがよいでしょう。

一例ですが、下記のような成分が含まれていると良いですね。

成分 期待できる効果
グリチルリチン酸 抗菌・抗炎症作用
センブリエキス 血行促進
大豆エキス DHT抑制
ビワ葉エキス 血行促進・毛母細胞活性化
プラセンタ 血行促進・栄養補給・ホルモンバランス調整
M034(海藻エキス) 血行促進・毛母細胞活性化

2-3. 価格

成分も重要ですが、やはりなるべく安いものを選びたいですよね。

しかし、安すぎるものを選ぶと、コストを下げるために刺激の強い成分が含まれていたり、薄毛を改善する効果が期待できる成分が配合されていないものがほとんどです。

ただし、高ければ良いというわけでもなく、これまでに解説したポイントを抑えつつ、なるべくコスパの良いものを選ぶとよいでしょう。

髪は「うぶ毛が生えて、成長し、抜ける」というサイクルがあり、このサイクルの中で抜けたままになっている髪が生えてくるまでは最短でも3ヶ月ほどは時間がかかります。そして、髪が増えたと実感できるまではさらなる時間が必要なことになります。

以上の理由により、育毛剤は継続して使うことが重要であり、家系に負担になって途中でやめてしまうことのないように、なるべくコスパの良いものを選ぶことをおすすめします。

3. 選ぶべきではない3つの育毛剤

先ほど育毛剤を選ぶ際のポイントやおすすめについて紹介しました。これまでのポイントで選べばまず問題ありません。

しかし、「香りがついているもの方がいい」「男性用の育毛剤の方が効果ありそうですがどうですか?」などと質問を受けることがあります。

その回答として、主に下記の3つの育毛剤は選ぶべきではないとお伝えしています。その理由について解説しておきます。

  • 香料が強い育毛剤
  • 男性用育毛剤
  • 市販の育毛剤

3-1. 香料が強い育毛剤

シャンプーや香水など、香りがするものが多いですよね。

これまで紹介した育毛剤は香りはほとんどありませんが、安物の育毛剤などの中には香料がついているものもあり、シャンプーや香水などの香りと混ざってしまたっり、ケンカしてしまう可能性がありますのであまりおすすめしません。

3-2. 男性用育毛剤

男性と女性では肌の敏感さも、皮脂量などにも大きな違いがあります。

そのため、女性が男性用の育毛剤を使うと刺激が強すぎてしまう可能性があるので注意が必要です。

男性用と女性用で効果的な成分なども異なるため、女性用のものを選びましょう。

市販の育毛剤の中には、男女兼用のものもありますが、特化して作っていない分、刺激や成分もどっちつかずになっている可能性が高いです。

3-3. 市販の育毛剤

市販の育毛剤は基本的におすすめしていません。その理由は下記の2つです。

  • 添加物が多い
  • 成分数が少ない

市販の育毛剤は少し価格が安めですが、添加物や刺激になるような成分が配合されています。

そして、脱毛を引き起こすホルモンを抑える作用をもつ成分や、発毛を促進する効果が期待できる成分など、圧倒的に成分の数が少ない、もしくは配合されていないためおすすめできません。

4. 年代によって異なる女性の薄毛の原因

これまで、本当に良い育毛剤を選ぶためのポイントについて紹介してきましたが、実はもう1つだけ抑えておきたいポイントがあります。

女性の薄毛の原因は主に女性ホルモンの乱れによるものですが、女性ホルモンが乱れる原因は年代によって少しずつ違いがあります。

そのため、

育毛剤の効果を高めるためにも、原因を知り多方面から、症状や年代に合った育毛剤や対策でケアをすることが重要です。原因と年代別に女性ホルモンが乱れる原因について確認しておきましょう。

4-1. 女性の薄毛の原因

女性は女性ホルモンの分泌が活発ですが、実は男性ホルモンも分泌しています。

女性の持つ男性ホルモンが「脱毛ホルモン」と呼ばれる物質に変換されると、髪の成長を抑制したり、髪が抜ける症状を引き起こします。

通常、女性ホルモンは男性ホルモンから「脱毛ホルモン」が作られるのを抑える働きがあり、その作用のおかげで女性らしい綺麗な髪や、ハゲることを防いでいます。(下記の図参照)

しかし、ホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンが減少し、「脱毛ホルモン」の生成を抑制できなくなることで、髪が抜け、薄毛になってしまいます。

このように主に、女性ホルモンの減少が薄毛を引き起こします。そして、女性ホルモン減少以外にも、生活習慣や食生活、頭皮環境、遺伝なども薄毛の原因と考えられており、女性の薄毛の原因をまとめると下記の5つになります。

  • 食生活
  • 生活習慣
  • 頭皮環境
  • 女性ホルモンの減少(出産・ピル・加齢)
  • 遺伝

4-2. 年代別に少し異なる薄毛の原因とおすすめの育毛剤

女性の薄毛の原因は主に、女性ホルモンの乱れにありますが、女性ホルモンが減少する原因は年代によって少々傾向があります。

基本的にはランキングで紹介した上位3つの育毛剤であれば、どの年代にも対応できますが、育毛剤によって強みも異なるので、年代によっておすすめする育毛剤が多少変化があります。

この章ではあなたの年代に少しでも合った育毛剤を選ぶために、年代別の薄毛の傾向とおすすめについて紹介します。

  • 10代に多い薄毛の原因と育毛剤よりも大事なこと
  • 20代に多い薄毛の原因とおすすめの育毛剤
  • 30代に多い薄毛の原因とおすすめの育毛剤
  • 40代に多い薄毛の原因とおすすめの育毛剤
  • 50代以降に多い薄毛の原因とおすすめの育毛剤

10代に多い薄毛の原因と育毛剤よりも大事なこと

10代はまだ心も体も成熟しきっておらず、ホルモンバランスが乱れてしまいがちな時期です。

食事、睡眠不足、ストレスなどの、ちょっとした生活習慣の乱れだけでも、ホルモンバランスが崩れてしまう可能性があります。

育毛剤をすすめるようなサイトもありますが、10代のうちは自然治癒力も高く、薄毛の原因も一時的なものである可能性が高いので、育毛剤はまだ使う必要はないでしょう。

それよりも、好きなことをしてストレスを発散したり、生活習慣を整えることに気をつけましょう。

20代に多い薄毛の原因とおすすめの育毛剤

20代は学業による睡眠不足、社会人になってからの仕事のストレス、付き合いなどで外食が増え、食生活の乱れたりなど、若くエネルギーがある分、生活が乱れたり、頭皮に負担がかかる状況になりがちです。

様々なところに女性ホルモンを乱れさせる原因があるため、生活習慣や食生活を整えることに力を入れる必要があります。

20代は皮脂が過剰に分泌したり、ストレスなどにより、血行不良を引き起こし頭皮環境も良くない状態である可能性もありますので、育毛剤での対策も効果的でしょう。

コスパなどの観点などからも、基本的には先ほどのランキングの通りに選ぶことをおすすめします。

30代に多い薄毛の原因とおすすめの育毛剤

30代は女性ホルモンの分泌量がピークを超えて、下がりはじめている可能性もあります。

そのため、男性ホルモンの影響力が増しやすい状態になります。また、職場の人間関係、結婚、家族環境など、生活環境も変化しやすい時期にありますので、知らないうちにストレスが蓄積されている可能性もあります。

ストレスによって、皮脂の分泌が過剰になったり、血行不良を引き起こしている可能性があるので、男性ホルモンの影響力を抑える成分を含んだ育毛剤や、頭皮環境を整えてくれる育毛剤を選ぶとよいでしょう。

基本的には先ほどのランキングの通りに選ぶことをおすすめします。

40代に多い薄毛の原因とおすすめの育毛剤

40代は女性ホルモンの分泌量が明らかに低下し始める時期です。

加齢によって、髪質が変化したり、頭皮の乾燥が気になり始めている可能性もあります。

そのため、なるべく刺激が少ないもので頭皮を保湿をしたり、男性ホルモンの作用をブロックする育毛剤を選ぶことをおすすめします。

基本的には先ほどのランキングの通りに選ぶことをおすすめしますが、エイジングケアに効果が期待できるとされているプラセンタや、保湿効果に優れたコラーゲンが含まれた「ベルタ育毛剤」がおすすめです。

50代以降に多い薄毛の原因とおすすめの育毛剤

40代の頃以上に女性ホルモンの分泌が少なくなり、ほとんど分泌されなくなっていきます。

加齢によって血行も悪くなり、栄養が行き渡りにくくなると髪が細く弱くなっていき、ボリュームがなくなったように感じる人も多いです。

そのため、髪に必要な栄養を届けたり、保湿をしたり、血行を良くしたりなど、あらゆる方面でのケアが重要になってきます。

基本的には先ほどのランキングの通りに選ぶことをおすすめしますが、エイジングケアに効果が期待できるとされているプラセンタや、保湿効果に優れたコラーゲンが含まれた「ベルタ育毛剤」や、血行促進する効果が期待できる成分が豊富な「花蘭咲」がおすすめです。

5. 症状や原因によっては育毛剤を使う必要がない場合もある

他のサイトでは、必要がない人にも「育毛剤で対策しましょう」とおすすめしている場合もありますが、薄毛の症状や原因によっては、育毛剤での対策が適切ではない可能性があります。

そのため、この章では育毛剤が有効な人と、育毛剤が必要ない人の薄毛の症状について解説します。

5-1. 育毛剤が有効な症状

ネットで色々と検索をすると、薄毛は下記のように色々な表現がされており非常にわかりにくいです。

  • びまん性脱毛症の場合
  • 女性男性型脱毛症 (FAGA)の場合
  • 加齢による薄毛の場合
  • 分け目・生え際・頭頂部の薄毛が気になる場合
  • 抜け毛が多く気になる場合

これらの症状は、少し言葉は違えど、生活習慣・食生活・遺伝・頭皮環境などが原因で薄毛を引き起こしていると考えられ、女性ホルモンの減少やホルモンバランスの乱れにより、頭皮環境が乱れている可能性が高いので、育毛剤での対策が効果的です。

5-2. 育毛剤が不要な場合

実は、女性の薄毛に育毛剤での対策が適切ではない場合もあります。

もし、下記に当てはまる場合は、育毛剤ではなく他に対策が必要になるかもしれません。

無駄にお金をかけないためにも、念のために確認しておきましょう。

  • 出産後の薄毛の場合
  • 円形脱毛症の場合
  • 側頭部の薄毛の場合
  • ダイエットをしたことが薄毛の原因の場合
  • 牽引性(けんいんせい)脱毛症の場合

出産後の薄毛の場合

妊娠中は女性ホルモンが一時的に多い状態となります。通常、髪は生えて、成長し、抜けるという一定のサイクルで生え変わっていますが、妊娠により女性ホルモンが増えることで、髪の毛が抜けにくくなります。

そして、出産すると女性ホルモン一気に減少し、妊娠中に抜けなかった髪が一気に抜けてしまうため、髪が薄くなってしまいます。

出産に伴う薄毛は何もしなくても、半年〜1年で治りますので育毛剤は不要です。

さらに詳しく知りたい人はこちら「広告に騙されるな!簡単に治る産後の抜け毛の原因と3つの対策」を参考にしてください。

円形脱毛症の場合

円形脱毛症とは、突然頭に10円サイズの円形の脱毛が起こり綺麗さっぱり抜け落ちてしまう病気です。

こちらは女性特有のものではなく、男女関係なく発症します。軽度のもののほとんどは放置していても治ります。

円形脱毛症は、ストレスや免疫疾患などの病気が原因ですので、育毛剤の対策は適切ではありません。

しかし、まれに症状が重くなる場合があり、その場合は病院に行く必要がありますので、気になる人はこちら「世界一詳しい円形脱毛症の完全ガイド|原因から治療法まで」の記事を参考にしてみてください。

側頭部の薄毛の場合

女性の薄毛の症状は髪全体が薄くなるため、もし髪全体が薄くなった結果、生え際や分け目が目立つことはありますが、側頭部だけが薄い場合は何かの病気である可能性もあります。

当然、何らかの病気が原因の場合は育毛剤での対応は不要です。ただ、皮膚科に相談をしてみることがおすすめです。

さらに詳しく知りたい方はこちら「側頭部が薄毛になった時に疑うべき5つの症状と症状別対処法」を参考にしてください。

ダイエットをしたことが薄毛の原因の場合

過度にダイエットをして、急激に体重や体脂肪が減ると、女性ホルモンの分泌が乱れてしまいます。また、食事制限などにより栄養不足に陥り、髪に十分な栄養分が行き渡らずに、髪が細くなったりコシがなくなったりする可能性があります。

ダイエットが原因な場合は、原因が明らかなので育毛剤に気をつけるよりも、ダイエットをやめることで薄毛は改善するでしょう。はやく痩せきってしまうか、なるべくゆっくりと時間をかけて体重を減らすようにするとよいでしょう。

牽引性(けんいんせい)脱毛症の場合

牽引性脱毛症とは、髪をおだんごヘアのように強くあげて、結んだり、髪が引っ張られて負担がかかることで髪が抜けやすくなってしまう症状のことをいいます。

この場合も、原因は髪に負担をかける髪型が原因ですので、育毛剤は不要です。

さらに詳しく知りたい方はこちら「プロが教える!牽引性脱毛症の8つの原因と対策の完全ガイド」の記事を参考にしてみてください。

6. 育毛剤を効果を高める5つの正しい使い方

育毛剤はあなたの年代に合ったものを使うことも大事ですが、正しく使わなければ効果が出るものも出なくなってしまいます。

少しでも育毛剤の効果を高めるために以下の5つのポイントを守り、正しく使いましょう。

  • 用法用量を守ること
  • 汚れを残さないように頭を洗うこと
  • 髪を8割程度乾かすこと
  • 頭皮マッサージをすること
  • 育毛剤に頼りすぎないこと

もし、これらができていないといい育毛剤を選んでもあまり効果を感じられない恐れがあります。

反対に丁寧にポイントを守って使えば、改善にグッと近づくでしょう。

6-1. 用法用量を守ること

ほぼ全ての育毛剤には「正しい用法と用量」があります。

これは、販売元が「これくらい使えば効果が出る」「これ以上使うと逆に悪影響」などいう観点から決めたもので、これを守ることは非常に重要なポイントです。

多くの育毛剤で「使い方」などがパッケージやボトルに書かれているので、必ず守って使いましょう。

特にやってしまいがちなミスが、「1日2回」と指定されているのに1回しか使わないことです。もったいない気持ちはよくわかりますが、正しい使い方を徹底しましょう。

6-2. 汚れを残さないように頭を洗う

育毛剤を使うタイミングは、入浴後が効果的と言われています。それは、清潔で血行が良い状態の方が浸透力が高まるからです。そのため、入浴時にきちんと頭を洗った後で使いましょう。

育毛剤をより効かせるためにもすすぎ残しがないようにきちんとシャンプーを流すことを心がけましょう。

特に女性の場合はリンスやコンディショナーが残りがちですので、すすぎはしっかりしましょう。

6-3. 髪を8割程度乾かす

濡れたままの髪の毛だと育毛剤が薄まってしまったり、最近が繁殖して薄毛につながる恐れがあります。また乾かしすぎると髪に必要な水分まで奪ってしまう恐れがあります。

そのため8割程度までドライヤーで髪を乾かしましょう。

ちなみにドライヤーをして頂く際は温風を一箇所に過度に当ててしまうと、頭皮のトラブルの原因になります。そこで、温風と冷風を交互に当てて、過度に頭皮に熱を当てないようにしましょう。

また、「髪を乾かしてから使うこと」などと指定のある育毛剤に関しては、その用法を守りましょう。

6-4. 頭皮マッサージをする

育毛剤をつけたら1分程度マッサージすることをおすすめします。マッサージをすることで血行を促進させ、成分の吸収を促進することを期待できます。指のお腹を使って揉み込むイメージで優しく頭皮全体をマッサージしましょう。

頭皮マッサージの方法

髪の毛の下に指をくぐらせ、なるべく頭皮に指が触れている状態が理想です。その状態から、指のお腹を使って揉み込むイメージで優しく頭皮全体をマッサージしましょう。

頭皮の血行をよくして頭皮を柔らかくして、育毛剤をなじませ浸透させることとが目的です。

簡単なマッサージとしては、以下の2つのステップがおすすめです。

1)両手の指で耳のまわりを押さえる

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-18-14-50

出典:Youtube

この時、爪を立てないように指のお腹を使うことを意識しましょう。

2)頭頂部にしわを集めるように持ち上げる

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-18-15-08

出典:Youtube

このように抑えてしわを集めるように持ち上げます。これを3分程行います。同じ要領で場所を変えながら行っていきましょう。

特に以下の2つのツボには血行を促進させることが期待できるため、意識してみましょう。

  • 百会
  • 角孫
百会(ひゃくえ)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-16-52-49

効果

血圧の安定・めまい・立ちくらみ、乗り物酔い、二日酔いなど、全身症状の治療に効果があります。疲れ目や、鼻づまりなどが原因で起こる頭痛、耳鳴りなどにも効果的です。自律神経系の調整をするので、リラックス効果もあり、寝違えや首・肩こり、脱毛症の予防、痔などにも有効です。

場所

頭のてっぺん、耳と鼻を延長線上で結んだところに位置します。

角孫

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-08-16-58-30

効果

結膜炎、耳鳴りや耳の痛み、むし歯や歯周炎、首すじから頭部にかけてのこわばりに効き目があるとされています。頭痛・頭重、めまい、立ちくらみなどにも効果が期待できます。

場所

もみあげ付近の、口を開けたり閉じたりする際に、くぼみができるところにあります。

6-5. 育毛剤に頼りすぎないこと

育毛剤を使う方にありがちなのが、「育毛剤を使っていればいい」という考えです。

薄毛の原因は、「睡眠不足」や「運動不足」「食生活」など多岐に渡ります。そのため、育毛剤を使い始めたとしても、生活習慣を直さなければ、育毛剤の効果がかき消されてしまいます。

つまり、育毛剤と並行して、少しでも規則正しい生活を送れるように意識しましょう。

正しい生活習慣とは具体的に何なのか気になる方は「誰でも今日からできる!世界一効果的にハゲを防止する39の対策」を参考にできることから育毛剤以外の対策をしていきましょう。

7.  育毛剤と合わせてすべき女性の薄毛対策8選

育毛剤は髪を育てる頭皮をケアするために効果的な方法です。しかし、いくら育毛剤を使っても、これから紹介するポイントができていなければ、全く効果が得られないかもしれません。

反対にポイントを抑えることができれば、育毛剤の効果も高めることができるでしょう。

これから紹介する8つの対策を原因別に紹介していきます。この中から、あなたが「できていないな」と思うポイントを中心に取り組んでいきましょう。

  • 生活習慣に心当たりがある方の対策4選
  • 食生活に心当たりがある方の対策4選

7-1. 生活習慣に心当たりがある方の対策4選

薄毛を改善するためにできる対策を4つ紹介していきます。

  •  睡眠は時間と質にこだわる
  • ストレスの発散方法を見つける
  • 有酸素運動をする
  • タバコは吸わない

① 睡眠は時間と質にこだわる

仕事や家事、勉強など日々の生活が忙しく、睡眠時間が取れていないことはありませんか?

どうしても時間が確保できない方は睡眠の質にこだわってみましょう。以下の4つを守ることで睡眠の質が向上するため、薄毛の対策となります。

  1. 寝る前にスマホやパソコンをなるべく触らない
  2. 90分の睡眠サイクルを意識する
  3. 22時~2時の睡眠時間を確保する
  4. リラックスした状態で睡眠時間を向える

 ② ストレスの発散方法を見つける

ストレスは女性ホルモンを減少させたり、薄毛の直接の原因となります。

あなたなりのストレスの発散方法を見つけることも、対策には効果的です。仕事など、ストレスから逃れることができなくても、そのストレスをうまく発散できれば髪の毛へのダメージを減らすことができます。

そこであなたなりのストレスの発散方法を見つけ、定期的にストレスを発散してあげましょう。

下記の2つはストレスを和らげる効果があると言われているので試してみるといいかもしれません。

  • 「太陽の光を浴びる」
  • 「ハーブティーを飲む」

③有酸素運動をする

ランニングなどの有酸素運動は、少量ではありますが汗と一緒に薄毛を引き起こすホルモンを流し出すことができるので薄毛の改善に効果が期待できます。

また、ストレスの発散や血行の促進にもつながるため、薄毛の対策をしたい方は定期的な有酸素運動をすることをおすすめします。「ランニングはちょっと・・・」という方は、以下のように無理のないことから始めてみましょう。

  • 通勤でバスを使わず歩く
  • 休日に散歩をする
  • 毎日湯船に浸かる
  • サウナで汗を流す

無理して運動してストレスになってしまうと元も子もありません。あくまでも気分をリフレッシュしながら汗をかけそうなものがあれば試してみましょう。

④タバコは吸わない

タバコは髪の育成に必要なビタミンを破壊します。また、タバコは血管を収縮させ血行を悪くしてしまいます。

タバコは辞めるか、本数を減らすように気をつけましょう。

7-2. 食生活に心当たりがある方の対策4選

食生活は、頭皮環境に影響を与えたり、薄毛を引き起こすホルモンを増やす原因になります。

女性の薄毛を改善するために食生活の面からできる対策を4つ紹介していきます。

  • 脱毛を抑制する食べ物を食べる
  • 髪の毛に良い食品を摂る
  • アルコールは控える
  • サプリメントを使う

①脱毛を抑制する食べ物を食べる

実は、脱毛症状を抑える効果があるとされている成分があります。

「イソフラボン」と「亜鉛」は、脱毛ホルモンとも呼ばれれるDHTの元になる物質を抑制する働きがあります。そのため、イソフラボンと亜鉛を摂取しましょう。

  • イソフラボンを取れる食材・・・納豆、豆腐など
  • 亜鉛を取れる食材・・・・・・・牡蠣、煮干し、するめ、ビーフジャーキー、チーズなど

②髪の毛に良い食品

その他、髪の毛に良いとされる栄養素は、「ビタミン」「たんぱく質」「ミネラル」と言われています。

  • 「ビタミン」・・・血行促進・髪の老化防止
  • 「たんぱく質」・・髪の毛の原料となる
  • 「ミネラル」・・・髪の育成の促進をする

以上のことから、「イソフラボン」と「亜鉛」だけでなく、「ビタミン」「たんぱく質」「ミネラル」も適度に摂取することが、健康な頭皮作りに必要です。

基本的なことですが、1日3食、肉・魚・野菜・乳製品などバランス良く食べることを心がけましょう。

過度なダイエットなどは、薄毛を引き起こす行動の中でも最悪なので、薄毛を改善したいのであればすぐにダイエットをやめましょう。どうしてもダイエットがしたいかたは、しっかり食べて痩せられるので、糖質制限などはおすすめです。

③アルコールは控える

お酒をたくさん飲む人はアルコールを控えた方がよいでしょう。理由は4つです。

  • 睡眠の質を下げる
  • 脱毛を引き起こすDHTを抑制するはずの栄養素が減少する
  • 髪に必要な栄養素が破壊される

アルコールはこのように様々な部分に影響を及ぼすため、AGAを改善したい人は飲む量を減らしたり、飲む頻度を減らすように心がけましょう。

④サプリメントを使う

サプリメントを使うことで、不足しがちな栄養を補うことができるので、栄養が偏っている人や、栄養が不足しがちな人には効果が期待できる方法です。

現在薄毛の対策として発毛サプリを使っている人も多いです。しかし、サプリには種類がたくさんあり、なかなか何を選んでいいかわからないですよね。詳しい選び方については、こちらの記事「プロが教える発毛にサプリを世界一効果的に使う完全ガイド」で解説しています。

8. さいごに

価格と配合されている成分の豊富さなどの観点からおすすめできる女性用育毛剤のランキングを紹介し、育毛剤に関係するあらゆる点から解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

おすすめの育毛剤ランキングは下記の通りです。

育毛剤は一定期間使い続ける必要がありますので、なるべく成分数が豊富な、コスパのよいものを選ぶことをおすすめします。

育毛剤だけでなく、日常の生活習慣や食事など、あらゆる方面から対策を行うことで、育毛剤の効果も高まりますのでこのページを参考に摂生した生活を心がけましょう。

あなたがベストな育毛剤と出会えることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket