男性がびまん性脱毛症になる理由と今日からできる10の対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

髪が全体的に薄くなってくると、男性もびまん性脱毛症になるのか?と焦っていませんか?

女性だけがびまん性脱毛症になると思っている方も多いのですが、実は男性もびまん性脱毛症になる可能性があります。

本ページでは育毛アドバイザーとして過去に300人以上の育毛のお手伝いをしてきた筆者が男性のびまん性脱毛症について以下の流れで紹介していきます。

  • 男性がびまん性脱毛症を発症するその理由
  • 男性のびまん性脱毛症の主な5つの原因と対策10選
  • 男性のびまん性脱毛症の3つの治療法

本ページを読んでいただければ、男性のびまん性脱毛症について、原因や対策、治療法が明確になりあなたの悩みがグッと解決に近ずくでしょう。

1. 男性がびまん性脱毛症を発症するその理由

びまん性脱毛症は女性の症状と考えている方も多いですが、実は男性にも起こりえる可能性があります。

本ページでは、男性のびまん性脱毛症について詳しく解説していきます。

1-1. 男性もびまん性脱毛症を発症するその理由

結論から言うと、びまん性脱毛症は男性も発症します。

そもそも、びまん性脱毛症の「びまん性」とは、病変がはっきりと限定できずに、広範囲に広がっている状態のことを言います。

男性の場合、M字ハゲやつむじハゲなど、ハゲる場所が限定されている場合が多いですが、男性型脱毛症(AGA)もびまん性脱毛症の一種です。

2. びまん性脱毛症のメカニズム

もし、あなたの髪の薄毛が進行している場合、早急に対策をとらなければ、さらに症状が進行しもう2度と生えてこなくなってしまう可能性もあります。そうならないためにしっかりと薄毛のメカニズムを理解した上で、適切な対策をとりましょう。

その原因は主に遺伝、悪しき生活習慣、そして加齢によって引き起こされます。

乱れた食生活、ストレス、寝不足、運動不足など、生活のいたるところに薄毛の原因となる習慣がひそんでいます。それでは下記の図を見ながら、メカニズムを理解していきましょう。

男性ホルモン「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という還元酵素が結びつくとジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、「脱毛ホルモン」と呼ばれ、脱毛に作用するホルモンで、毛根に存在するアンドロゲン受容体に受け取られることで髪の成長を抑制したり皮脂を過剰に分泌し毛髪の育成に悪影響を及ぼします。

このように、主に生活習慣が乱れていることで、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンが増えてしまったり、髪の成長を抑制してしまうことで薄毛が進行してしまいます。

2. 男性のびまん性脱毛症の主な5つの原因と対策10選

男性のびまん性脱毛症の主な原因は下記の5つです。どれか1つの対策ができれば良いということではなく、様々な原因が絡み合っているので、1つずつあなたの生活習慣を思い出しながら、気になるポイントを重点的に対策をするようにしましょう。

  1. 生活習慣
  2. 食生活
  3. 頭皮環境
  4. 遺伝
  5. 加齢

2-1. びまん性脱毛症の原因となる生活習慣と4つの対策

以下のように薄毛には様々な原因がありますが、以下のように「ストレスの増加」や「運動不足」が脱毛ホルモン(DHT)の分泌を促進していたり、「血行の悪化」が毛髪の成長を抑制している恐れがあります。

つまり、上記のような薄毛に悪影響を与えている生活習慣を見直せられれば、それだけで薄毛の改善が期待できます。そこで本章では、生活習慣の中で注意すべき4つのポイントを紹介していきます。

①睡眠は時間と質にこだわる

睡眠が足りないと、ストレスがたまりホルモンのバランスを崩すので毛髪環境に悪影響を与えます。

どうしても時間が確保できない方は睡眠の質にこだわってみましょう。以下の4つを守ることで睡眠の質が向上するため、改善が期待できます。

  • 寝る前にスマホやパソコンをなるべく触らない
  • 90分の睡眠サイクルを意識する
  • 22時~2時の睡眠時間を確保する
  • リラックスした状態で睡眠時間を向える

②有酸素運動をする

ランニングなどの有酸素運動は、少量ではありますが汗と一緒にDHTを流し出すことができるので薄毛の改善に効果が期待できます。

また、ストレスの発散や血行の促進にもつながるため、薄毛の対策をしたい方は定期的な有酸素運動をすることをおすすめします。ランニングを続けられなさそうであれば、以下のように無理のないことから始めてみましょう。

  • 通勤でバスを使わず歩く
  • 休日に散歩をする
  • 毎日湯船に浸かる
  • サウナで汗を流す

無理して運動してストレスになってしまうと元も子もありません。あくまでも気分をリフレッシュしながら汗をかけそうなものがあれば試してみましょう。

③ ストレスの発散方法を見つける

あなたなりのストレスの発散方法を見つけることも、薄毛対策には効果的です。仕事など、ストレスから逃れることができなくても、そのストレスをうまく発散できれば髪の毛へのダメージを減らすことができます。

そこであなたなりのストレスの発散方法を見つけ、定期的にストレスを発散してあげましょう。

下記の2つはストレスを和らげる効果があると言われているので試してみるといいかもしれません。

  • 「太陽の光を浴びる」
  • 「ハーブティーを飲む」

④タバコは吸わない

タバコは髪の育成に必要なビタミンを破壊します。また、タバコは血管を収縮させ血行を悪くしてしまいます。

タバコは辞めるか、本数を減らすように気をつけましょう。

2-2.びまん性脱毛症の原因となる食生活と4つの対策

続いて、食生活は薄毛の改善が期待できる理由と、具体的にとるべき行動を紹介していきます。

以下のように、食生活も薄毛の原因の一つになっています。

髪の発育に必要な栄養や、「脱毛ホルモン」の抑制が期待出来る栄養が取れていないことが、薄毛の原因になっている恐れがあります。さらに、塩分や油分の多い食べ物をとると、血行が悪くなったり、頭皮がギトギトになってしまい、毛髪の育成に悪影響を与えるため薄毛につながります。

反対にきちんと栄養のバランスを取れれば、「DHTの生成を抑制できる栄養素」や「髪の毛の成長を助ける栄養素」を取れるため、薄毛の改善が期待できます。

では、具体的に薄毛の改善を目指す時に意識したい食生活を紹介します。

①薄毛に効果が期待できる栄養素を摂る

薄毛に効果を期待するために、脱毛ホルモン「DHT」を抑制する成分を適度に摂ることをおすすめします。

DHTを抑制する2つの成分は、「イソフラボン」と「亜鉛」と言われています。これらの栄養素は、DHTの元になる物質を抑制する働きがあります。そのため、イソフラボンと亜鉛を適度に摂取しましょう。

  • イソフラボンを取れる食材・・・納豆、豆腐など
  • 亜鉛を取れる食材・・・・・・・牡蠣、煮干し、するめ、ビーフジャーキー、チーズなど
  • 「ビタミン」・・・血行促進・髪の老化防止
  • 「たんぱく質」・・髪の毛の原料となる
  • 「ミネラル」・・・髪の育成の促進をする

1日3食、肉・魚・野菜・乳製品などバランス良く食べることを心がけましょう。

② 毎日簡単に食べられるのはこれ!

一人暮らしなどで、なかなか食事に気を使えない方にも簡単な食べ物から、始めていただければと思います。忙しい方にも毎日食べていただきたいのは、「ゴマ」と「納豆」です。

納豆には「イソフラボン」「亜鉛」「ビタミン」などが豊富に含まれているため、頭皮と髪の毛に優しいです。定食屋などでも簡単に追加できるので、1日1食どこかで食べられるように意識してみましょう。

③薄毛に影響を与えるものを控える

反対に、薄毛が気になった時に、頭皮の健康のためにできるだけ避けたいものが以下4つのものです。

  • 塩分
  • 油分
  • 糖分
  • 食品添加物

「油分」や「糖分」をとることで、皮膚がギトギトになり、毛髪の育成に良くない環境ができてしまいます。また、「食品添加物」「塩分」は血行を悪化させるため、発毛に悪影響を与えます。

そのため、以下のような食べ物はなるべく避けることが薄毛対策には大切です。

  • ラーメン
  • スナック菓子
  • ファーストフード
  • 揚げ物

我慢することは難しくても、頻度を落としたり、良くない成分が少ないものを選ぶなど工夫をしてみましょう。

④アルコールは控える

お酒をたくさん飲む人はアルコールを控えた方がよいでしょう。理由は4つです。

  • 睡眠の質を下げる
  • DHTを抑制するはずの栄養素が減少する
  • 髪に必要な栄養素が破壊される

アルコールはこのように様々な部分に影響を及ぼすため、薄毛を改善したい人は飲む量を減らしたり、飲む頻度を減らすように心がけましょう。

2-3.びまん性脱毛症の原因となる頭皮環境と4つの対策

薄毛対策として、頭皮のケアも非常に重要になってきます。そのため以下の2つのポイントを意識しましょう。

あなたの頭皮環境も毛の成長を妨げている恐れがあります。

頭皮が不潔な方は薄毛のリスクが高まってしまいます。

頭皮からは常に皮脂が分泌されてでおり、空気中のゴミがつきやすいので非常に汚れやすい環境にあります。そして、その汚れが毛穴をふさいでしまうと、頭皮が皮膚呼吸できなくなり、毛根が弱ってしまいます。そのため、頭皮をよく洗えていないと薄毛の大きな原因になります。

① 髪の毛に優しい「アミノ酸系のシャンプー」を使う

市販のシャンプーの多くが「洗いすぎてしまう」という問題があります。そういったものだと、頭皮の皮脂を必要以上に取り除いてしまい、その後皮脂が余剰に分泌されてしまったり、細菌の繁殖や炎症につながります。

アミノ酸は皮膚や髪の毛を作るたんぱく質の成分になっています。そのため、適度に頭皮を洗浄することができるので薄毛には効果的です。

② 頭皮に優しく洗う

頭皮の汚れが毛髪の成長を妨げるため、きちんと頭皮についた汚れを落とすことが大切です。しかしながら、洗髪の際に頭皮に負担のかかる洗い方になってしまうと、頭皮や髪の毛にダメージを与え、薄毛の原因になる恐れがあります。

そのため、以下のステップで髪を洗うように意識をしましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-10-21-36-12

2-4. 遺伝が薄毛に影響を与える理由

遺伝は薄毛に大きく関わっています。遺伝により薄毛になりやすい性質を持っているため、若くても男性ホルモンの増加とともに薄毛になる確率はグッと高まります。

遺伝するポイントは以下の2つです。

  • 5αリダクターゼの分泌量・・・・・両親どちらからも遺伝の可能性があり
  • アンドロゲン受容体の感度・・・・母親からのみ遺伝する

残念ながら、遺伝に対して直接対策を行うことは難しいです。

しかし、薄毛に関わる遺伝的なものが原因であっても、2章で挙げたように、男性ホルモンを増やさないように気をつけたり、ジヒドロテストステロン(DHT)が生じないように対策をすることで、立ち向かうことができます。

2-5. 加齢と共に薄毛になる理由

加齢と共に体の機能は衰えてきます。血行が悪くなり、髪の成長に必要な栄養が届きにくくなります。また、髪は、生えて、成長し、抜けるという一定のサイクルを繰り返していますが、このサイクルは生涯で決まっているとも言われています。

そのため、加齢と共にもう二度と生えて来ない髪があることで、少しずつ頭は薄くなっていきます。

加齢に関しても遺伝と同様に防ぎようがありません。しかし、髪のサイクルを少しでも長く保つためには、これまで紹介した生活習慣、食生活、頭皮環境の対策に取り組むことで延命することができます。

3. 男性のびまん性脱毛症の3つの治療法

生活習慣を改善してみて全く効果がなかった人や、生活習慣に問題がないにもかかわらず薄毛が進行してきている人は自分に合う発毛治療法を見つける参考にし、目星をつけた上ですぐにクリニックを受診することをお勧めします。

まずは、下のフローチャートで何番に当てはまるか確認してみてください。

いかがでしたか?発毛治療は主に4つあり、価格、効果、即効性、治療場所で以下の表にまとめています。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

治療方法 民間療法 3-1. 医薬部外品 3-2. 医薬品 3-3. 高度な治療
外用薬 内服薬 HARG治療 AGAメソラピー 植毛
価格 ¥0~
¥10,000
¥1,500~
¥6,000
¥6,000〜 10,000/月 ¥4,200〜 10,000/月 ¥80,000〜150,000/1回 ¥19,000〜140,000/1回 ¥80〜2,000/1グラフト
効果
即効性 ×
治療場所 自宅 自宅 自宅・病院 病院・(自宅) 病院 病院 病院

2章で紹介した対策は主にお金もかけず、自宅でできる対策ですが、速攻性はなく、予防や現状維持としての側面が強いです。フローチャートで①民間療法にいきついた人は2章を徹底的に改善しましょう。

本章では、より強力な改善策として取り組める3つの方法について解説していきます。

3-1. 医薬部外品(育毛剤)

医薬部外品とは厚生労働省が認可した有効成分を含むもので、効果もある程度期待でき、医薬品ほど副作用のリスクは高くありません。

しかし、効果が出るまで長い期間が必要ですので、最低でも3か月ほど継続する必要がありますが、他の医薬品にくらべ、安価で入手しやすいことが多いです。

これから検討する方に、特におすすめなのが以下の2つです。

  • イクオス・・・初めての育毛剤におすすめ
  • 薬用ナノインパクト100・・他の医薬部外品で効果が出なかった方におすすめ

イクオス

イクオス』は、豊富な成分を含んでいる非常にコスパのいい育毛剤です。

薄毛の原因に対して、様々な角度からの対処に期待できる成分が豊富で、以下のような効果が特に期待できる育毛剤でした。

  • 脱毛ホルモンの元になる「5αリダクターゼ」をブロックする
  • 脱毛の指令が出るのを防ぐ
  • 炎症を抑え、頭皮を健やかに保つ
  • 保湿・血行促進

以上のように様々な角度効果が期待できるので、薄毛をなんとかしたい多くの方におすすめの育毛剤です。

また、商品が合わない場合には45日と比較的長い期間の返金を受け付けてくれること、フリーダイヤルで育毛の相談を受け付けていることから初めての育毛剤におすすめです。

価格(単品) 9,698円(税抜)/本
3ヶ月利用時 19,374円(税抜)/3本
内容量 120ml/本

イクオス公式ページ

http://iqos-official.jp/user_data/

Amazonなどで買うよりも公式ページで定期便を使うことが最もお得です。

また、口コミがどうしても気になる方は「500の口コミでわかるイクオスはあなたにベストな育毛剤か」にまとめたので参考にしてみてください。

薬用ナノインパクト100

薬用ナノインパクト100』は創業100周年を超える上場企業「ホソカワミクロン株式会社」のグループ会社によって販売される育毛剤です。

薄毛の原因に対して「現状維持」と「改善」それぞれに効果が期待できる成分がバランスよく含まれていることが特徴です。

その名の通り、豊富な成分のナノ化(小型化)に非常に力を入れた育毛剤で、皮脂の詰まった毛穴からも成分が浸透することが期待できます。

浸透力に期待が高く持てるため、他の育毛剤で効果が出なかった方にもおすすめの1本です。

価格(単品) 7,560円/本(初回半額)
3ヶ月利用時 18,900円/3本
内容量 60ml/本

薬用ナノインパクト100公式ページ

https://nanoimpact.jp/

Amazonなどで買うよりも公式ページの定期便を使うことが最もお得です。

3-2. 医薬品

医薬品には塗り薬である「外用薬」と飲み薬である「内服薬」の2種類が存在します。

外用薬に関してはドラッグストアで購入できるものもありますが、基本的にまずは病院に行き、医師と相談した上で服用することをおすすめします。

あなたの進行度などによっては薬以外の高度な治療を提案される可能性があります。

ちなみに、病院に関しては近くのAGAクリニックなどに行くことになりますが、病院の選び方を間違えると、「思った治療が受けられない」「遠すぎて通えない」など後から後悔してしまいます。

そこで病院に行こうと思った方は必ず「ハゲ治療での病院を選ぶ4つのポイントとおすすめの病院5選」をチェックしてから病院を選ぶことをおすすめします。

外用薬

ドラッグストアで購入出来るリアップシリーズなどがあり、有効成分ミノキシジルを含んでいるものが多く、塗布部分の血管を広げ頭皮の発育に必要な栄養素を運びやすくします。

内服薬に比べると、副作用のリスクは低く、効果が出るまで3か月ほどの継続は必要になります。

筆者おすすめの外用薬

ミノキシジル外用薬は、リアップシリーズの他、ロゲイン、カークランド、ポラリスなどのジェネリック品があります。

リアップなどはドラッグストアで購入できますが、まずはミノキシジルを含む医薬品を医師の指導のもと処方してもらい試してみることをおすすめします。

その上で、問題がなければドラッグストアで購入できるリアップのミノキシジル配合率の低いものから使用してみましょう。

image1

ジェネリック品は個人輸入でも購入することができますが、本物と偽物の区別が難しく、万が一偽物を服用した場合効果がないどころか、重大な副作用を引きお越すこともあるため、購入時に薬剤師から説明を受けるリアップがオススメです。

リアップについて詳しく知りたい方は、「リアップの4つの効果と効果を最大化するための全ポイント」の記事を参照してください。

内服薬

内服薬は、クリニックで処方されるような有効成分フィナステリドを含むプロペシアやデュタステリドを含むザガーロなどがあります。

AGAの原因物質を抑制することで抜け毛を防ぐものがほとんどで、直接体に吸収されるので外用薬より高い効果が期待できます。

効果 錠剤の写真
プロペシア AGAの原因物質を抑制 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-16-25-37
ザガーロ AGAの原因物質を強力に抑制 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-16-21-41

それぞれの内服薬を詳しく知りたい方は、以下のページにそれぞれ200人ずつの口コミをまとめましたので参考にしてみてください。

3-3. 高度な治療

病院で相談すると、医薬品以外の方法も提案される可能性があります。例えばあなたの薄毛があまりに進行してしまって、薬の服用だけでは回復の見込みが低い場合などです。

具体的には以下3つのような治療法があり、あなたの予算や症状に応じてプロの目で判断をしてくれます。

  • HARG治療
  • AGAメソラピー
  • 植毛

それぞれは値段も医薬品と比較すると高いですが、最先端の育毛治療なので、医師からの申し出があれば試してみましょう。

HARG治療

豊富な栄養分や髪の発育を促す成長因子を含むプラセンタ注射や、プラセンタにミノキシジルを配合したカクテル注射などがあります。

頭皮に直接注入する治療法がほとんどで、痛みのない針などクリニックによって様々な注入方法があります。

幾度も検査されて初めて製品化できるので副作用もほとんどなく安全性も高いですが、効果が出るまで継続が必要になるので費用は高めになり注射の痛みにも個人差があります。

HARG治療(プラセンタ)は、「100人の口コミでわかるプラセンタの発毛効果の真実と活用完全ガイド」の記事で詳しく紹介しています。

AGAメソラピー

注射器やレーダーなどを使って、直接患部に育毛成分を浸透させる最新の治療法です。

メリットは、患部に直接浸透させることができるので、外用薬や内服薬よりも確実に毛根に栄養を届けるため、早期の効果が期待できることです。また、痛みもほとんどないように各医療機関が様々な取り組みをしています。

また、女性は、プロペシアやザガーロを使えない分、早い回復に向けてAGAメソラピーを使うことをおすすめします。

植毛

毛を生えなくなった箇所に植え付ける治療です。植毛には以下の2種類があります。

  • 人工毛植毛・・・人工繊維でできた人工毛を植え付ける
  • 自毛植毛・・・・自分の髪の毛を薄毛の部分に移植する

以上の2パターンがありますが、リスクが少ない自毛植毛の方が主流となっています。移植した髪が定着すれば、その後のメンテナンス等も必要なくなり、薄毛の悩みから解放されることができます。

しかしながら、治療費が高額で、範囲によっては100万円以上の治療費になるケースも多いです。

4. さいごに

男性のびまん性脱毛症について詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

びまん性脱毛症は女性だけがなるものではなく、男性もなりえる症状です。

症状が悪化する前に、本ページで紹介した対策に取り組むことをおすすめします。もしそれでも改善しない場合や、早く改善したい場合は、病院に行き治療について相談をしましょう。

あなたの髪の悩みが少しでも軽くなることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket