フケに悩む人必見!シャンプーと食べ物で今日から始めるフケ予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

頭を触るとフケが落ちてきたり、爪の間にフケが挟まると、イヤな気分になりますよね。「何としてでも予防したい」とフケを予防する方法を探していませんか?

フケは中々治らないことも多いため、日頃の予防ケアがとても重要です。

このページでは頭皮ケアアドバイザーとして500人を超える髪に悩む方にアドバイスを送ってきた筆者が、あなたの頭皮のお悩みを解決するために必要なことを下記の流れで紹介していきます。

  1. フケの最も根本的な原因はターンオーバーの乱れ
  2. フケ予防のために知っておくべき2つのこと
  3. フケ予防におすすめのシャンプーの選び方とおすすめ
  4. フケを予防する正しい頭の洗い方とドライヤーの仕方
  5. フケを予防するなら意識したい食生活の3つのポイント
  6. 生活習慣でかんたんフケ予防7選

このページを読んで頂くことで、フケを出さないために必要な予防対策がわかるでしょう。

1. フケの最も根本的な原因はターンオーバーの乱れ

頭に触れると、「手にフケがつく」「肩にパラパラと落ちてしまう」など、フケはどうも不潔なイメージで、すぐになんとかしたいですよね。そもそもフケは予防できるものなのでしょうか?

フケは適切なケアをすること予防は可能ですが、間違った対策をしてしまうことで、フケを悪化させるきっかけをつくってしまう可能性もあるので注意が必要です。

間違った対策をしなためにも、フケの予防対策をはじめる前に、フケの正体を知り、フケが出る原因を知りましょう。

1-1. フケとは?

フケとは、頭皮や皮膚表面の古くなり、剥がれ落ちた角質(肌の破片)のことです。

通常、皮膚や頭皮の奥底では、新しい細胞がどんどん作られ、古くなった細胞は少しずつ剥がれていき、新陳代謝(ターンオーバー)を繰り返しています。

通常目に見えないほどの大きさですが、何かがきっかけで、このターンオーバーが乱れてしまうと、まだ未熟な角質がごっそりと剥がれてしまい、目に見えるフケとなっています。

1-2. ターンオーバーの乱れは皮脂のバランスの乱れが原因?

頭皮には皮脂がありますが、その量が多くなったり、少なくなると、頭皮のバリア機能が弱まり、頭皮のターンオーバーが乱れることに繋がります。

通常頭皮からは皮脂が分泌されていますが、頭皮に住む常在菌(マラセチア菌)が皮脂を分解し、膜のように皮膚を覆うことで、頭皮を守るバリア機能のような役割を担っています。

下記の図は、皮脂が菌に分解されバリア機能をもった膜ができるまでを表したものです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-13-18-30-14何かのきっかけで、皮脂の量のバランスが乱れると、バリア機能が弱くなり、ターンオーバーが乱れ、フケにつながります。

1-3. フケの2つの種類

ターンオーバーの乱れることによってフケは生じますが、実は、フケには下記の2種類があり、フケの状態が少し異なります。

それぞれのフケには特徴がありますので、あなたのフケや体質と比べながらどちらかのフケなのか検討をつけましょう。

乾性フケ 脂性フケ
  • パラパラと肩に落ちる細かいフケ
  • 頭皮がカサカサと乾燥している
  • 乾燥肌である
  • 頭皮にかゆみや赤みがある
  • 頭皮を掻くと大きいフケがとれる
    (爪の中にフケがたまる)
  • 頭皮がベタつく
  • 頭皮にかゆみや赤みがある

いかがでしたでしょうか?

あなたの体質や日々の習慣によって、フケの状態がつくられているため、フケの状態に合わせた予防作が必要になってきます。

この章以降では、具体的なフケの予防対策について詳しく解説していきます。

2. フケ予防のために知っておくべき2つのこと

フケの予防として真っ先に思いつくのがシャンプーという人も多いのではないでしょうか?

実は、多くの人が使っているドラッグストアーなどで安価なシャンプーは洗浄力がとても強く、現代人のほとんどは皮脂を洗い流しすぎと言っても過言ではありません。

フケの症状が出ている人は特にシャンプーには注意しなければなりません。まず下記の2つの点について注意しましょう。

  1. 薬用シャンプーは乾性フケには効果は期待できない
  2. 注意!朝シャンでシャンプーはしないこと

2-1. 乾性フケに薬用シャンプーは効果は期待できない

フケやかゆみに効く薬用シャンプーとして「メディクイックH」「オクト」などが薬局などで販売されています。これらのシャンプーには、主に抗菌作用がある成分が入っています。

頭皮にべたつきがあるなど、皮脂が多い人は頭皮の常在菌が増えやすくなっているため、薬用シャンプーによって、菌の繁殖を抑える効果が期待できます。

しかし、乾燥肌の人の乾性フケは、乾燥が原因であり、炎症を引き起こしていることが1つの原因であるため、薬用シャンプーを使ってもあまり効果は期待できないでしょう。

私自身、脂性のフケに悩み、薬用シャンプーを試したことがありましたが改善しませんでした。理由としては、薬用シャンプーに含まれる添加物が刺激となっていることや、菌の増殖を抑えると言っても皮脂の分泌を劇的に抑えるわけではないため効果がなかったのだと考えられます。

ポイント!

  • 薬用シャンプーは、脂性肌の人は試してみても良いですが、「一度使ってみて合わない」と感じた場合は、3章でご紹介するシャンプーの選び方を参考に、刺激の少ないシャンプーを選んでみましょう。

2-2. 注意!朝シャンでシャンプーしないこと

現代では皮脂を洗い流しすぎの人が多い中で、朝もシャンプーをしてしまうと、さらに皮脂が足りなくなってしまいます。

朝シャンをするにしても、カラダだけシャワーを浴びるスタイル、あるいはお湯で流すだけにしましょう。

また、朝は忙しく濡れた状態で乾かすのが甘いことはありませんか?髪を乾かすのが不十分だと、雑菌の繁殖に繋がり、朝シャンが逆効果になってしまいます。

3. フケ予防におすすめのシャンプーの選び方とおすすめ

現代では洗浄力の強いシャンプーのせいで、皮脂を失いすぎている人が多いです。さらに、シャンプーは毎日のケアであるため、フケの予防のためにはシャンプーでのケアが欠かせません。

この章では、フケを予防するにあたって、シャンプーをどのように選べば良いのか?また。おすすめについて解説していきます。

3-1. フケ予防に良いシャンプーの選び方

フケ予防のためには、とにかく、刺激の少ないものを使いターンオーバーを乱さないことが重要です。

そのため、下記の2つを抑えることがフケ予防にはおすすめです。

  1.  アミノ系の界面活性剤を使っていること
  2.  添加物が少ないこと

① アミノ系の界面活性剤を使っていること

まず、洗浄力が優しいシャンプーを選ぶことが重要です。

シャンプーには界面活性剤(水では落とせない汚れをとる成分)の種類によって下記のように種類があります。洗浄力の強さは界面活性剤の種類によって決まります。

界面活性剤の種類 刺激(洗浄力)の強さ 価格 備考
硫酸系 ×
強い
1000円以下 ドラッグストアの1000円以下のシャンプーはだいたいこれ
石鹸系
中位
1000円前後 石鹸カスが頭皮に残りやすい
アミノ酸系
弱い
2000円以上 洗浄力が適度で頭皮や髪に優しい

主にドラッグストアなどで販売されている「1000円以下のシャンプー」や「せっけんシャンプー」と記載されているシャンプーの界面活性剤は硫酸系や石鹸系で、洗浄力が強いです。

あくまでも目安ですが、2000円以上のシャンプーは、アミノ酸系の界面活性剤を使っており、洗浄力も優しいです。(高ければいいというわけではないのでご注意を!)

主なアミノ酸系の洗浄成分
  • ココイルグルタミン酸na
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ラウロイルメチルアラニンNa 

② 添加物が少ないこと

シャンプーには、アルコール、バラベンなどの添加物(防腐剤)が必ずといっていいほど入っています。

シャンプーを腐らせないためには必要な成分なのですが、敏感な人はこれらの成分も刺激になってしまうことがあります。

そのため、なるべく無添加なものを選ぶ方が頭皮には刺激になりにくいです。

添加物とはどんな成分を指すのか下記の表にまとめました。

添加物 成分 概要
防腐剤 バラベン
メチルバラベン
シャンプーの腐敗を防ぐ
合成ポリマー ジメチコン
メチコン
トリシロキサン
主に髪の滑りを良くしたり、コーティングする成分
鉱物油 バラフィン 乳化させるため(性質が違うものを混ぜ合わせる)
人工香料 安息香酸Na
香料
香りづけ

これらの添加物は、髪や頭皮への影響については賛否両論あります。

シャンプーの仕上がりを良くしたり、シャンプーの腐敗を防ぐためなど、入っている方が良いという意見もあれば、頭皮や髪に悪影響を与えるという専門家もいます。

皮膚が弱い人やなるべくカラダには良いものをと考えている人は、なるべくこれらの添加物が入っていないものを選ぶと良いでしょう。

3-2. フケを予防するためにおすすめのシャンプー3選

シャンプーの中でも洗浄力が強すぎないもので、添加物が入っていないものを見つけるのは本当に大変だと思います。

そこで、人気のシャンプーの中から、洗浄成分や添加物について比較を行い最も良いシャンプーを導き出しました。

おすすめなのが下記の3つです。

筆者もありとあらゆるシャンプーを試しましたが、ダントツで「haru ”kurokamiスカルプ”」がよかったです。女性はもちろんのこと、男性にもおすすめです。

haru ”kurokamiスカルプ”

スクリーンショット 2016-08-24 11.43.57

haru ”kurokamiスカルプ”』は、天然成分100%にこだわって作られた無添加シャンプーで、今、女性にも男性にもとても人気のアミノ酸シャンプーです。

頭皮環境を整える天然成分を多数配合しており、頭皮に優しくフケのケアにも最適です。髪の仕上がりもスルスルとなめらかな仕上がりになります。

ユーザーへのアンケートの結果、93%が効果を実感するなど、頭皮にお悩みの方が大絶賛するシャンプーです。

  • 定期購入( 2ヶ月毎): ¥2,880/400ml ←1ヶ月あたり1440円!
  • 通常:¥3,600
  • 特徴: アミノ酸シャンプー、100%天然由来、無添加、ノンシリコン

haru「kurokami スカルプ」公式ページ

http://www.haru-shop.jp/

頭皮のニオイケアもしたい人におすすめ『ハーブガーデン』

ハーブガーデン』は、天然由来成分無添加100%のシャンプーで、あらゆるメディアや雑誌で紹介され、SNSでも大人気のアミノ酸シャンプーです。

植物由来のオイルや、美容成分がたっぷり入っているので、頭皮を優しくケアしながら、美しい艶のある髪に仕上げてくれます。

ハーブガーデンシャンプーは定期で購入すると¥2,000、コンディショナーとセットで購入しても、¥4,000なので、とてもコスパの良いシャンプーです。15日間の返金保証もついているのでもしもの時も安心できますね。

  • 定期購入(2ヶ月毎): ¥2,000/300ml  ←1ヶ月あたり1000円!
    (コンディショナーセット¥4,000)
  • 特徴: アミノ酸シャンプー、無添加、オイル入り

ハーブガーデン公式ページ

http://www.herbgarden-sf.com/

脂性フケの人におすすめ!『KADASON』

KADASON』は皮膚科医が監修し、すこやかな頭皮環境のために開発されたこだわりのシャンプーです。

頭皮ケアができる成分が配合されており、頭皮のベタつきやフケ、かゆみに悩む人など、脂漏性皮膚炎でしっかりと頭皮の洗浄が必要な人におすすめです。

頭皮への刺激は優しく、それでいてしっかりと洗えます。筆者もフケに悩んだ時に使っていましたが、1回2回使っただけで頭皮の調子がよくなったように感じ、とてもよかったです。

  • 価格:¥3,218
  • 特徴:抗炎症成分・抗菌成分配合、ベタイン系

KADASON 公式ページ

http://www.kadason.jp/html/page1.html

4. フケを予防する正しい頭の洗い方とドライヤーの仕方

頭皮の毎日のケアと言えばお風呂に入って、髪を洗い、髪を乾かしますよね。

しかし、たとえどんなに良いシャンプーを使っていたとしても、頭の洗い方やドライヤーの仕方が悪いと、フケの原因になってしまいます。

フケ予防で特に大事なポイントですので、日頃のやり方を思い出しながら、実践してみてくださいね。

4-1. 洗髪時の5つのポイント

頭皮の脂や汚れはお湯ですすぐだけでも7割〜8割は落ちると言われています。

そして、ほとんどの人は洗浄力の強いシャンプーを使っているため、強く洗い過ぎるなど言語道断です。

また、頭の汚れを洗い流すよりも、シャンプーやリンスを頭に残らないように気をつけることが重要です。

下記の5つのポイントに注意しながら丁寧に洗髪をしましょう。

4-2. しっかりと乾かす

頭皮の乾燥やフケの原因はもしかするとドライヤーの使い方にあるかもしれません。

ドライヤーは非常に高温の熱を出しますので、頭皮の水分を奪い乾燥の原因になります。できるだけ頭皮に負担がかからないドライヤーの仕方をご紹介します。

ちなみに、過度に水分を失わせないように8割くらいまで乾かした後は、冷風にして乾かすか、自然に乾燥させることをおすすめします。

頭を乾かさずに長い時間放置してしまったり、乾かし方が不十分だと、雑菌が繁殖してフケの原因になります。そのため、普段乾かし方が甘いと感じる人はしっかりと乾燥させましょう。

5. フケを予防するなら意識したい食生活の3つのポイント

食生活もフケの原因として大きく関わっています。

フケを長期的に予防したいのなら、食生活の改善も欠かすことができません。普段から気をつけるべきポイントについて3つ紹介しておきます。

  1. 食べ過ぎに気をつける
  2. 栄養不足に気をつける
  3. 過度なアルコールを摂取しない

① 食べ過ぎに気をつける

食べ過ぎると皮脂が過剰に分泌される原因になるため、ターンオーバーを乱し脂性フケに繋がります。

食事として取り入れた栄養分は、常にエネルギーとして使われ、使われなかった分は脂肪として蓄えられます。

現代では食生活の乱れや、欧米型の食生活により、肥満体型の人も増えていますが、糖分、塩分、脂分の多い食事ばかりだと、皮脂が過剰に分泌されやすくなってしまいます。

揚げ物や、肉の脂など、脂っぽい食事だけではなく、白米やお菓子などの炭水化物や糖分の取りすぎも同様に皮脂の分泌に影響します。

まずは、食べ過ぎないようにこころがけましょう。

② 栄養不足に気をつける

食生活が偏り、皮膚の合成に必要な栄養が不足していると、ターンオーバーが乱れフケに繋がります。

皮膚を作るのに必要な栄養素が足りていなかったり、高カロリーなものばかりな食事により、血行不良をおこす可能性がありますので、食生活から改善していくことは予防になります。

下記の表は皮膚の乾燥に効果が期待できる栄養素と食べ物の表です。

栄養素 効果 食べ物
ビタミンA  皮膚を維持する、新陳代謝を活発化する  いわし、さば、あなご、うなぎ、卵、牛乳、ピーマン、にんじん
ビタミンB  新陳代謝を活発化乾燥による炎症を抑える 豚肉、レバー、卵、豆類
ビタミンC  コラーゲンの合成、抗酸化作用  レモン、いちご、柿、しいたけ、ピーマン
ビタミンE  血行促進、新陳代謝の活発化  油、ゴマ、アーモンド、豆類、たらこ
セラミド  皮膚を保湿する成分  豆類、こんにゃく、ほうれん草、ヨーグルト、ひじき、わかめ
リノレン酸  細胞分裂の補助  えごま、大豆、小麦、柿
亜鉛  細胞分裂に必要、新陳代謝の活性化  牡蠣、牛肉、たらこ、卵

上記の表を参考にしながら、普段の食生活に積極的に取り入れるようにしましょう。

③ 過度なアルコールに注意する

アルコールは少量であれば、リラックス効果や血行促進効果がありますが、過度に飲みすぎると、

  • 睡眠の質を下げる
  • DHTを抑制するはずの栄養素が減少し皮脂を多く分泌する
  • 髪に必要な栄養素が破壊される

アルコールは上記ように様々な部分に影響を及ぼすため、フケに繋がります。

そのため、アルコールはほどほどにすることも予防になります。

6. 生活習慣でかんたんフケ予防7選

これまで、食生活や、シャンプーなどでできるフケ予防について紹介してきましたが、生活習慣の中でも予防としてできる対策がたくさんあります。

この中でできることから1つずつおこなっていきましょう。

  1. パーマやカラーをやめる
  2. 紫外線に気をつける
  3. 睡眠の質を高める
  4. ストレスを溜め込まない対策をする
  5. カラダを動かす
  6. 保湿をする
  7. 育毛サロンの頭皮ケア無料体験を受けてみては?

① パーマやカラーをやめる

パーマやカラーリングはとても刺激の強い液体を使っているため、頭皮にとっては強い刺激となり、バリア機能も弱ってしまいます。

そのため、パーマやカラーをしてすぐは頭皮の状態がよくない可能性があるため、紫外線や乾燥には特に注意が必要です。

パーマやカラーをおこなって、フケがではじめても、すぐに治るならいいですが、しばらく治らないことがある場合は、パーマやカラーの頻度を抑えるか、行わないようにしてみましょう。

もし、パーマやカラーをする際は美容師さんにあらかじめフケが出ることを伝えることで、頭皮を保護するクリームなどを塗ってから、パーマやカラーをしてもらえる場合があります。

② 紫外線に気をつける

夏場は強い紫外線によって皮膚を守るバリア機能が低下し、乾燥の原因になっている場合があります。特に夏場は帽子などで、紫外線対策をして、頭皮を守りましょう。

なお、帽子をかぶる際は、蒸れて頭皮に悪い影響を及ぼさないように、通気性のいいものを選びましょう。

③ 睡眠の質を高める

睡眠不足によって、免疫機能の低下、血行不良、ホルモンバランスの低下など、頭皮や皮膚にとって悪影響を与えるものばかりです。

特に22時〜2時は成長ホルモンが活発に分泌され、頭皮の合成や新陳代謝も活発になる時間帯であるため、なるべくこの時間帯に睡眠をとることを心がけましょう。

1日6時間以上寝ることがベストですが、1時間半サイクルで睡眠をとると睡眠の質を高めることができると言われており、4時間半、6時間、7時間半などのサイクルを意識しながら睡眠の質を高めると、予防に効果的です。

睡眠の質を高めるために、就寝前はスマホの画面を見ない、ホットミルクを飲む、ストレッチをするなども効果的と言われています。

④ ストレスを溜め込まない対策をする

ストレスは、睡眠不足と同様に免疫機能の低下、血行不良、ホルモンバランスの低下など、頭皮や皮膚にとって悪影響を与えます。

ストレスの緩和には睡眠が最も簡単で効果的ですが、あなたなりのストレスの発散方法を見つけ、定期的にストレスを発散してあげることで予防になります。

下記はストレスを和らげる効果があると言われているので試してみるといいかもしれません。

  • 太陽の光を浴びる
  • 森林浴をする
  • 散歩
  • 入浴
  • 瞑想
  • ハーブティーを飲む

⑤ カラダを動かす

フケの原因の一つに血行不良がありますが、血は皮膚を作るために必要な栄養素を運ぶ重要な役割を担っています。

運動をして筋肉を使うことで、ポンプのように血を循環させることできるので、血行が良くなります。運動不足を感じる人はウォーキングやジョギングなどの軽い運動からでいいので、体を動かすように心がけましょう。

体を動かすことでストレスの解消にも繋がるので一石二鳥ですね。

⑥ 保湿をする

アルコール分を含むものや、防腐剤を含むものなど、保湿を狙っていない商品や、体に害がある可能性のある成分が含まれた商品がたくさん出回っているので注意が必要です。

そこで保湿グッズを選ぶときは「ネットには嘘ばかり!頭皮保湿グッズの真実と道具いらずの対策まとめ」を参考にしながら選んでみましょう。

おすすめの化粧水

様々な化粧水を比較した結果、頭皮に使えるおすすめできる化粧水を紹介します。

すこやか地肌

すこやか地肌』は頭皮にフケやかゆみの悩みを抱える人のための頭皮保湿ローションです。

ヒアルロン酸、コラーゲン、アルガンオイルなど、たくさんの美容成分が配合されています。また、抗炎症作用や、抗菌作用を持つ成分も含まれ、かゆみを改善する効果が期待できます。

乾性フケの人におすすめのローションです。

  • 初回限定価格:¥1,980
  • 定期購入:¥4,980

45日間の間は全額返金保証が付いているので、何か気に入らなかったり、肌に合わない場合も安心です。

すこやか地肌公式ページ

http://mejshop.jp/sukoyaka/

おすすめできない保湿製品

「化粧水やオイルなどを使って保湿をすると良い」という情報がありますが、「h&s地肌マッサージクリーム」「キュレル」などの化粧水の中には、防腐剤やアルコールの強いものなど、かえって頭皮に刺激を与えてしまうものが多く存在します。

また一般的にオイルで保湿をできるというようなイメージがあるかもしれませんが、オイルでは保湿はできません。

オイルは保湿のためではなく、皮脂を補うためにあるので、よほど皮脂が少ない人は、使ってみても良いでしょう。しかし、基本的には皮脂は誰もが分泌していて、オイルを頭皮に使うことで菌のバランスを壊す可能性もあるので、おすすめしません。。

⑦ 育毛サロンの頭皮ケア無料体験を受けてみては?

育毛サロンと呼ばれる、頭皮のエステサロンのようなサロンがあり、そこでは、頭皮の汚れやフケをスッキリ洗浄したり、頭皮マッサージを受けられます。

無料体験を行なっているサロンものもあり、コスパよく、プロに頭皮を洗浄してもらえます。

例えば「バイオテック」は全国各地にある育毛サロンで、無料なのに90分間プロの施術を受けられる無料体験コースが存在します。

通常は有料でおこなっているコースですが、体験と言いながらも満足できる内容です。無料体験コースがあるうちに1度は行ってみることをおすすめします。

私も行ったことがありますが、頭皮がスッキリしてフケがしばらく出なくなったので大満足でした。

バイオテックキャンペーンページ:http://www.biotech.ne.jp/

こういった無料体験のようなものは、「営業が強くないか?」と心配でしたが、そんなことは全くなく、美容室に行って髪を切った後のように、特に営業はなく、和やかな雰囲気のまま帰れました。

【フケと併発して薄毛や抜け毛は気になっていませんか?】

フケの症状と併発して起こりやすいのが薄毛です。「最近髪が薄くなってきたかな?」「抜け毛が増えた」と気になっていませんか?

もし将来ハゲたくないなら、今から予防や対策をした方が良いでしょう。薄毛対策はフケを改善するための対策ともとても近いです。

こちらの記事「広告にだまされるな!自宅で0円から始められる薄毛対策10選」で日頃できるケアを紹介したり、薄毛を改善するための情報を紹介していますので、参考にしてみてください。

もし、髪が薄くなっているのか?対策が必要なのかな?となんとなくでも気になる人は、「AGAヘアクリニック」のスマホで自宅にいながら専門家に頭皮や髪について無料相談できるサービスを利用してみても良いでしょう。

完全無料でフケについてのアドバイスもおこなってくれると評判です。

AGAヘアクリニック公式ページ:https://agahairclinic.com/

7. さいごに

フケの原因から、簡単にできる予防対策まで詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

フケはターンオーバーの乱れによって引き起こされます。

シャンプーや食事などに注意しながら、フケを予防するようにつとめましょう。

まずは下記のようなシャンプーを使って対策するのが手軽でおすすめです。

あなたのフケの悩みが軽くなることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket