頭皮のプロ直伝!フケに効く薬と根本的に治すため方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

フケが出ると、「薬を使ってでも早く治したい!」そんなことを考えていませんか?

フケは薬で治る場合もありますが、薬だけでは改善しない場合や、その時は治っても、すぐに再発してしまう可能性があるので、薬と合わせてあらゆる対策をして根本的に治すことが必要です。

このページでは頭皮ケアアドバイザーとして500人を超える髪に悩む方にアドバイスを送ってきた筆者が、あなたの頭皮のお悩みを解決するために必要なことを下記の流れで紹介していきます。

  1. 薬を使う前に知っておきたいフケの正体
  2. 薬を使ってフケ治療
  3. フケはシャンプーが原因かも!使って良いものダメなもの
  4. フケを治すために最も重要!自宅でできる6つの対策

本ページを読んで頂くことで、フケを改善できる薬や、対策について知識が深まり、フケの解消に向けて大きな1歩となるでしょう。

1. 薬を使う前に知っておきたいフケの正体

フケが出て、しばらく治らないと、薬を使った方がいいのかな?と考えてしまいますよね。

フケは薬で治る場合もありますが、日常生活の中に原因がある場合、薬だけでは改善しなかったり、一度治っても、すぐに再発してしまう可能性があるので、薬と合わせて日々の習慣も改善していくことが重要です。

薬で治すにしても、生活習慣の改善は必須であり、フケの原因を理解しておかなければ、間違った対策をしてしまうおそれがあります。そのため、この章ではまずはフケとは何なのか?理解しましょう。

1-1. フケの正体

そもそもフケとは、頭皮や皮膚表面の古くなり、剥がれ落ちた角質のことです。

通常、皮膚や頭皮の奥底では、新しい細胞がどんどん作られ、古くなった細胞は少しずつ剥がれていき、新陳代謝(ターンオーバー)を繰り返しています。

通常目に見えないほどの大きさですが、何かがきっかけで、このターンオーバーが乱れてしまうと、まだ未熟な角質がごっそりと剥がれてしまい、目に見えるフケとなっています。

皮脂の過剰分泌や病気、感染などによりこのターンオーバーが乱れてしまうことにあります。

1-2. フケの2つの種類

フケは日々の習慣によって生じますが、体質や生活習慣によって下記のように乾性のフケと脂性のフケどちらにもなりえます。

乾性フケ 脂性フケ
  • パラパラと肩に落ちる細かいフケ
  • 頭皮がカサカサと乾燥している
  • 顔の肌が乾燥しやすい方である
  • 頭皮を掻くと大きいフケがとれる
    (爪の中にフケがたまる)
  • 頭皮がベタつく
  • 頭皮にかゆみや赤みがある

あなたのフケはどちらの状態に近いでしょうか?おおよそどちらかに分類できることが多いです。

このフケの症状に合わせた対策をしなければ逆効果になってしまうので、どちらのフケに近いか把握をしておきましょう。

1-3. フケを治す3つの対策

フケを治すために必要な対策はいくつもありますが、大きく分けると下記の3つにわけられます。

  • 薬を使う
  • シャンプーを変える
  • 自宅で対策をする

薬で治る場合もありますが、薬はあくまでも対処療法であるため、根本的な原因を解決できていなければ、薬を使っても改善しなかったり、薬の使用をやめた途端に再発することもあります。そのため、薬以外のシャンプーや自宅でできる対策についてもしっかりとおこなっていきましょう。

この章以降ではそれぞれの対策について順番に詳しく紹介していきます。

2. 薬を使ってフケ治療

フケは薬を使って治療をすることで、はやく改善できる可能性があるので、はやめの受診をおすすめします。

この章では薬を使ったフケ対策について下記の流れで紹介します。

  • どんな場合に皮膚科で薬が必要か?
  • 薬でフケが治るまでの期間
  • 市販の薬はどうか?
  • 皮膚科で処方してもらえる2種類の薬

2-1. どんな場合に皮膚科で薬が必要か?

フケは症状が悪化すればするほど、悪循環に陥り、治りにくくなってしまうこともあるため下記のどれかに当てはまった場合は皮膚科に行くとよいでしょう。

  • 頭皮が炎症を引き起こし赤みやかゆみを生じている場合
  • 1ヶ月以上症状が改善しない場合
  • フケの量が増えるなど症状が悪化して行っている場合
  • フケの原因を突き止めたい場合

2-2. 薬でフケが治るまでの期間

皮膚科に行って処方してもらった薬を使った途端に治ることもありますが、およそ2週間〜1ヶ月程度は治療に時間がかかるでしょう。

あるいは、皮膚科に行っても中々治らない可能性もあり、薬の使用をやめた途端にまたフケが出てしまうことおあるため、生活習慣などの改善も含めじっくりと対策をしていく必要があります。

2-3. 市販の薬はどうか?

薬局などで販売されている薬で有名なのは上記の写真の「メディクイックH」「ムヒHD」などがあります。

これらの薬には下記の3つの効果が期待できます。

  • 菌の増殖を抑える
  • かゆみを抑える
  • 湿疹や炎症を沈める

これらの効果は主に、脂性のフケの原因である菌の増殖を抑え、炎症を抑えたり、かゆみを抑え、かきむしることで加わる物理的な刺激を抑えることができる可能性があります。

上記で紹介した効果効能が期待でき、脂性フケは改善する可能性はありますが、フケは体質や原因も個人差があるため、使ってみなければわかりません。

市販の薬では、自己判断で薬を選ぶことになるため、原因や症状に合った薬を選べない可能性があります。そのため、フケの原因を診断し、確実な薬を使う為になるべく皮膚科に行くことをおすすめします。

ちなみに、乾性のフケは保湿が必要であるためあまりおすすめしません。

2-4. 皮膚科で処方してもらえる薬の2つ種類

その点皮膚科では、乾性フケ・脂性フケなど、症状に合わせて薬を処方してもらうことができるため安心できます。

それぞれの症状に使われる薬にはどんなものがあり、どのような用途で使われるのか紹介します。

乾性フケの治療に使われる薬

乾性のフケは、頭皮が乾燥していることで引き起こされているため、頭皮の皮膚を保護したり、炎症やかゆみを抑えることで治療をしていきます。

乾性フケに使われる薬には下記のようなものがあります。主に下記の中から、医師があなたの状態にあった薬を処方してくれるはずです。参考までに紹介しておきます。

イメージ 有効成分 用途
ワセリン
プロペト
ワセリン 保湿
ウレパール
ケラチナミン
パスタロン
尿素
ヒルドイド
ビーソフテン
ヘパリン類似物質
レスタミンコーワ
ベナ錠
ジフェンヒドラミン かゆみを抑える
オイラックスクリーム クロタミトン

かゆみの症状を抑える薬として、賛否両論ある「ステロイド」が使われることがありますが、乾燥が原因の場合、そこまで強い効力は必要ないため、ステロイドが使われることは少ないです。

脂性フケに使われる薬

脂性のフケを治療するために、抗菌剤や、ステロイドなどで治療をすることが一般的です。

脂性フケの治療に使われる薬は下記のようなものがあります。主に下記の中から、医師があなたの状態にあった薬を処方してくれるはずです。参考までに紹介しておきます。

イメージ 有効成分 用途
ニゾラールローションクリーム
ニトラゼン(ジェネリック薬)
ケトコナゾール 抗真菌
ゲンタシン軟膏クリーム ゲンタマイシン硫酸塩 抗菌
ルリッド錠 ロキシスロマイシン 抗菌

脂性フケの症状がひどい場合や、時間が経っても治らない場合は、脂漏性皮膚炎の可能性があります。

脂漏性皮膚炎により赤みや、かゆみがひどい場合は、抗菌・抗真菌作用とステロイドの混合薬が使われることがあります。

ステロイドとは
ステロイドとは、炎症を抑えたり、アレルギー反応を抑える薬です。副腎皮質から分泌されるホルモンに似せた人工的に作られた物質で、副作用が強いことや、症状を抑えるだけの対処療法であることから賛否両論ある薬です。副作用として、皮膚が弱くなったり、感染症にかかりやすくなるとされています。

参考. フケを伴う4つの病気や感染症

フケの症状はこれまで紹介した乾性フケや脂性のフケ以外にも、病気や菌による感染や寄生虫まで、あらゆる可能性があります。

病気や感染症として診断される症状としては下記の4つがあります。

病名 特徴 概要
脂漏性皮膚炎 頭だけでなく、眉、耳、鼻などの周りにも赤みが出る 皮脂が多く分泌されることによって常在菌であるマラセチア菌が繁殖し刺激となることであかみや、かゆみフケなどの症状が出る
白癬菌(しらくも) 楕円形に髪が抜けたり、フケのような鱗屑(りんせつ)が出る 白線菌はカビの一種で、水虫などと同じ菌が頭皮に感染することでフケが発症します。
乾癬 皮膚が少し盛り上がり、赤い発疹、フケのようなうろこ状の鱗屑 原因不明の皮膚疾患で、血管が拡張し皮膚の新陳代謝が通常の10倍以上の速度で進むため、皮膚が剥がれ落ちていく
しらみ 髪の根元に白い卵がある、髪をかき分けると虫がいる 髪の根元付近に卵を産み、フケと間違われることもある寄生虫で、かゆみを引き起こす

もしかすると、これらの病気や感染症が原因でフケが発生している可能性もあるので、薬を使う使わないをなしにしても、一度皮膚科に行くことをおすすめします。

フケの症状は皮膚科であればどこでも対応してもらえるので、手軽にお近くの皮膚科を受診しましょう。

3. フケはシャンプーが原因かも!使って良いものダメなもの

フケは薬だけで根本的に治すことはできないので、シャンプーなどで対策をすることも必要です。

もし、普段使っているシャンプーに原因がある場合、シャンプーを変えることで根本的な原因を解決できる可能性もあります。

この章では下記の流れで解説していきます。

3-1. 薬用シャンプーはフケを改善する効果があるのか?

フケやかゆみに効く薬用シャンプーとして「メディクイックH」「オクト」などが薬局などで販売されています。これらのシャンプーには、主に抗菌作用がある成分が入っています。

皮脂が多い人は頭皮の常在菌が増え、ターンオーバーを乱す可能性が高いため、薬用シャンプーによって、菌の繁殖を抑える効果が期待でき、頭皮にべたつきを感じる人や、脂性の肌の人には効果がある可能性があります。

しかし、乾燥肌の人の乾性フケは、乾燥が原因であり、炎症を引き起こしていることが1つの原因であるため、薬用シャンプーを使ってもあまり効果は期待できないでしょう。

私自身、脂性のフケに悩み、薬用シャンプーを試したことがありましたが改善しませんでした。理由としては、薬用シャンプーに含まれる添加物が刺激となっていることや、菌の増殖を抑えると言っても皮脂の分泌を劇的に抑えるわけではないため効果がなかったのだと考えられます。

3-2. 市販の無添加シャンプーはおすすめしない

シャンプーには下記に示すような添加物と呼ばれる成分が入っていることが多いです。

添加物とは・・・

シリコン・石油系界面活性剤・防腐剤・人工香料・人工着色料

上記に示すような物質で、薬局などで販売されているほとんどの市販のシャンプーに含まれていますが、これらの成分が含まれていないシャンプーを無添加と言っています。

無添加のシャンプーを使えば、刺激を与えないで済むため、今まで添加物を含んだ成分でシャンプーをしていた人はフケを改善できる可能性があります。

しかし、上記のような無添加のシャンプーは、無添加であるかわりに髪をコーティングする成分が含まれていないため、髪がギシギシした仕上がりになりがちであるためおすすできません。

一般的なシャンプーにはシリコンなどで滑りをよくしていますが、これらのシャンプーには含まれていないためです。(シリコンは必ずしも悪い成分ではありません)

3-3. シャンプー選びの3つのポイントとおすすめのシャンプー

フケはターンオーバーを乱すことが原因であるため、なるべく刺激がないシャンプーを選ぶことをおすすめします。

その点で必要なポイントは下記の3つです。

  • 無添加・・・防腐剤、刺激物が入ってないことで刺激を減らす(頭皮に優しい)
  • 天然オイル入り・・・天然オイルで髪をコーティングできる(髪に優しい)
  • アミノ酸系シャンプー・・・洗浄力が強すぎず、適度に皮脂を残しバリア機能を守る(頭皮に優しい)

無添加

シャンプーには下記に示すような添加物と呼ばれる成分が入っていることが多いです。

添加物とは・・・

シリコン・石油系界面活性剤・防腐剤・人工香料・人工着色料

上記に示すような物質で、薬局などで販売されているほとんどのシャンプーに含まれていますが、これらの成分が含まれていないシャンプーを無添加と言っています。

無添加のシャンプーを使えば、刺激を与えないで済むため、今まで添加物を含んだ成分でシャンプーをしていた人はフケを改善できる可能性があります。

天然オイル入り

一般的なシャンプーには、シリコンなどが入っており、髪をコーティングしてスルスルと通りをよくしてくれますが、無添加のものは、シリコンも入っていないため、ギシギシした質感になりがちで髪にはよくありません。

そのため、無添加でも綺麗な髪を保つために、天然のオイルが入ったシャンプーをおすすめします。

シリコンが入っていなくとも、自然のオイルの力で頭皮に優しく、髪をスルスルと通りをよくしてくれます。

アミノ酸系シャンプー

シャンプーには界面活性剤(水では落とせない汚れをとる成分)の種類によって下記のように種類があります。

界面活性剤の種類 刺激の強さ 価格 備考
硫酸系シャンプー ×
強い

安め
1000円以下
1000円以下のシャンプーはだいたいこれ
石鹸系シャンプー
中位

中位
2000円前後
石鹸カスが頭皮に残りやすい
アミノ酸系シャンプー
弱い
×
高め
3000円以上
皮脂を落としすぎないので最も良い

硫酸系シャンプーは非常に洗浄力が強すぎるためおすすめできません。薬局などで販売されている市販のもののほとんどが硫酸系のシャンプーです。

また、刺激は少し抑えられますが、石鹸系のシャンプーは石鹸独特のカスが頭皮に残りやすかったり、ギシギシした仕上がりになるためおすすめできません。

おすすめのシャンプー3選

アミノ酸シャンプーの中でも添加物や、刺激が少なく人気のシャンプーを3つ紹介します。

  • モーガンズシャンプー
  • haru 黒髪スカルプ・プロ
  • &GINO プレミアムブラックシャンプー

これらのシャンプーは刺激が少なく、頭皮を優しく適度に洗浄できるおすすめのシャンプーです。

普段、市販のシャンプーで洗っていてフケが出てしまっている人も、少し背伸びをして、これから紹介するシャンプーで正しく髪と頭皮を洗えば、たちまちフケの悩みが解決してしまうかもしれませんね。

モーガンズ シャンプー2,800円~3,400円

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-27-19-00-57

出典:Amazon

  • 界面活性剤:植物性アミノ酸
  • 頭皮への刺激:少なめ

モーガンズ シャンプー』は、洗浄力も適度に高く頭皮ケアに重きを置いているシャンプーです。それでいて、髪にも優しくきしみやぬるつきがあまりなく、しなやかな洗い心地のシャンプーです。

独特なオリエンタルな匂いが特徴です。アミノ酸シャンプーですが、洗浄力はしっかりと保っているので、脂性フケの人におすすめです。

haru 黒髪スカルプ・プロ:4,000~4,500円

スクリーンショット 2016-08-24 11.43.57

  • 界面活性剤:天然(アミノ酸)
  • 頭皮への刺激:優しい

haru 黒髪スカルプ・プロ』は、天然成分100%にこだわって作られた女性向け無添加シャンプーで、今、女性にとても人気のアミノ酸系シャンプーです。

頭皮に優しいだけでなく、頭皮環境を整える天然成分を多数配合しており、フケの原因にも対処することができます。

ユーザーへのアンケートの結果、93%が効果を実感するなど、頭皮にお悩みの方の多くがその効果を実感しています。

&GINO プレミアムブラックシャンプー:5,000~5,200円

スクリーンショット 2016-08-24 11.44.28

  • 界面活性剤:天然(アミノ酸)
  • 特徴:21種類の植物成分

&GINO プレミアムブラックシャンプー』は頭皮に栄養を与える、21種類の天然植物成分を配合したアミノ酸系のシャンプーです。

栄養補給にもこだわったシャンプーなので、「3分ヘアパック」が推奨されています。「3分ヘアパック」とはシャンプーをつけたまま3分間放置し、頭皮全体にシャンプーの植物成分を行き渡らせると言う画期的なお手入れ方法です。

成分がいい分、値段も高めですが、試してみる価値はあります。香りや爽快感があるので特に男性におすすめです。

乾燥肌の人も、脂性肌の人にもおすすめのシャンプーです。

4. フケを治すために最も重要!自宅でできる6つの対策

病気が原因のフケなど、症状が重いものを紹介してきましたが、軽い症状であれば、自宅でも対処はできます。また、薬で治しても、生活習慣の中に原因がある場合は再発してしまう恐れがあるため、しっかりと日頃から気をつけて置かなければなりません。

乾性フケと脂性フケの対策として、自宅で簡単にできる対策を紹介していきます。

日常生活の中には、頭皮を乾燥さたり、ダメージを与えバリア機能を低下させるたくさんの場面があります。フケを改善する対策をフケの状態別に下記に6つ挙げましたので、順番に見ていきましょう。

  • 頭の洗い方を見直す (乾性フケ・脂性フケ)
  • ドライヤーを正しく使う (乾性フケ・脂性フケ)
  • 体を動かす (乾性フケ・脂性フケ)
  • 食生活を正す (乾性フケ・脂性フケ)
  • 紫外線対策をする (乾性フケ)
  • 化粧水で保湿する (乾性フケ)

4-1. 頭の洗い方を見直す(乾性フケ・脂性フケ)

頭皮の脂や汚れはお湯ですすぐだけでも7割〜8割は落ちると言われています。強く洗い過ぎたり、シャンプーやリンスを頭に残らないようにしっかり洗髪しましょう。頭の洗い方で気をつけるポイントをご紹介します。

4-2. ドライヤーを正しく使う(乾性フケ・脂性フケ)

頭皮の乾燥の原因はもしかするとドライヤーの使い方にあるかもしれません。ドライヤーは非常に高温の熱を出しますので、頭皮の水分を奪い乾燥の原因になります。できるだけ頭皮に負担がかからないドライヤーの仕方をご紹介します。

ちなみに、過度に水分を失わせないように8割くらいまで乾かした後は、冷風にして乾かすか、自然に乾燥させることをおすすめします。

頭を乾かさずに長い時間放置してしまったり、乾かし方が不十分だと、雑菌が繁殖してフケの原因になります。そのため、普段乾かし方が甘いと感じる人はしっかりと乾燥させましょう。

4-3. 体を動かす(乾性フケ・脂性フケ)

頭皮のフケの原因の一つに血行不良がありますが、血は皮膚を作るために必要な栄養素を運ぶ重要な役割を担っています。

運動をして筋肉を使うことで、ポンプのように血を循環させることできるので、血行が良くなります。運動不足を感じる人はウォーキングやジョギングなどの軽い運動からでいいので、体を動かすように心がけましょう。

体を動かすことでストレスの解消にも繋がるので一石二鳥ですね。

4-4. 食生活を正す(乾性フケ・脂性フケ)

あなたの頭皮の乾性フケはもしかすると、食生活の乱れが原因かもしれません。皮膚を作るのに必要な栄養素が足りていなかったり、高カロリーなものばかりな食事により、血行不良をおこしている可能性がありますので、食生活から改善していく必要があります。

下記の表は皮膚によいとされる栄養素と食べ物の表です。

栄養素 効果 食べ物
ビタミンA  皮膚を維持する、新陳代謝を活発化する  いわし、さば、あなご、うなぎ、卵、牛乳、ピーマン、にんじん
ビタミンB  新陳代謝を活発化乾燥による炎症を抑える 豚肉、レバー、卵、豆類
ビタミンC  コラーゲンの合成、抗酸化作用  レモン、いちご、柿、しいたけ、ピーマン
ビタミンE  血行促進、新陳代謝の活発化  油、ゴマ、アーモンド、豆類、たらこ
セラミド  皮膚を保湿する成分  豆類、こんにゃく、ほうれん草、ヨーグルト、ひじき、わかめ
リノレン酸  細胞分裂の補助  えごま、大豆、小麦、柿
亜鉛  細胞分裂に必要、新陳代謝の活性化  牡蠣、牛肉、たらこ、卵

上記の表を参考にしながら、普段の食生活に積極的に取り入れるようにしましょう。

しかし、食べ過ぎや、脂っぽいものの食べ過ぎは脂性フケの原因になりますので、注意しましょう。

4-5. 紫外線対策をする(乾性フケ)

夏場は強い紫外線によって頭皮の細胞が破壊され、皮膚を守る機能が低下し、乾燥の原因になっている場合があります。特に夏場は紫外線対策をして、頭皮を守りましょう。

紫外線対策としては、帽子をかぶる、UVカットのトリートメントなどがあります。なお、帽子をかぶる際は、蒸れて頭皮に悪い影響を及ぼさないように、通気性のいいものを選びましょう。

4-6. 化粧水で保湿をする (乾性フケ)

ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿性が高い頭皮用の化粧水を使って保湿するといいでしょう。指の腹を使ってマッサージするように塗り込み、皮膚に浸透させることでしっかりと水分を保湿してくれるでしょう。

アルコール分を含むものや、防腐剤を含むものなど、保湿を狙っていない商品や、体に害がある可能性のある成分が含まれた商品がたくさん出回っているので注意が必要です。

保湿グッズを選ぶときは「ネットには嘘ばかり!頭皮保湿グッズの真実と道具いらずの対策まとめ」を参考にしながら選んでみましょう。

おすすめの化粧水 すこやか地肌

様々な化粧水を比較した結果、頭皮に使えるおすすめできる化粧水を紹介します。

すこやか地肌』は頭皮にフケやかゆみの悩みを抱える人のための頭皮保湿ローションです。

ヒアルロン酸、コラーゲン、アルガンオイルなど、たくさんの美容成分が配合されています。また、抗炎症作用や、抗菌作用を持つ成分も含まれ、かゆみを改善する効果が期待できます。

乾性フケの人におすすめのローションです。

初回限定価格 ¥1,980
定期購入 ¥4,980
単品購入 ¥6,200

45日間の間は全額返金保証が付いているので、何か気に入らなかったり、肌に合わない場合も安心です。

すこやか地肌公式ページ

http://mejshop.jp/sukoyaka/y/?ad_code=ossjaw

5. さいごに

薬を使ったフケの治療についてや、フケを改善するために必要な対策について詳しく解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

皮膚科で処方してもらえる薬を使えば、すぐによくなる場合もありますが、日常生活の中に原因がある場合は、薬でも治らなかったり、再発する場合も多いです。

薬で症状を抑えるのも良いですが、このページで紹介した対策を参考に根本的にフケを改善しましょう。

まずは洗い方などの何気なく行っていることの改善、そしてシャンプーを変えてみてはいかがでしょうか?おすすめは下記の3つです。

あなたのフケの悩みが軽くなることを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket