AGA治療は保険適用になるの?プロが教える治療費を安く抑えるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

病気などで薬を処方してもらう場合、健康保険証を提示すれば、自己負担額は減額されますが、”AGA治療は保険の適用にならない”ということは一度は耳にしたり、目にしたことがあるのではないでしょうか?

「AGA治療はとてもお金がかかりそう」というイメージがあるかもしれませんが、薬の処方だけであれば3400円から可能です。

■こんな疑問を持っていませんか?

  • AGA治療は保険の適用になるの?
  • 保険の適用にならないならどれくらいの費用がかかるの?
  • 保険の適用にする抜け道ってあるの?

このページでは、過去に育毛アドバイザーとして1000人を超える方々の育毛をお手伝いをしてきた経験を持つ筆者が、AGA治療の保険についてや費用について下記の流れで詳しく紹介します。

  1. AGA治療は医療保険の適用にならないの?
  2. 抜け毛の症状で医療保険の対象になるケース
  3. AGA治療に医療ローンは使えるの?
  4. AGA治療費を安く抑えるコツとおすすめのクリニック
  5. クリニックによって異なるAGA治療費の相場

このページを読んでいただければ、AGA治療の保険についてや、治療に関するお金について知識が身につき、少しお得に治療できるようになるでしょう。

1. AGA治療は医療保険の適用にならないの?

AGA治療は、医療保険の適用になるのか?ならないのか?これからAGAの治療を検討している人が気になるポイントの1つです。

そこでまずはじめに、AGAと医療保険について、気になるポイントについて解説していきます。

  1. AGAの治療薬も診察も全て医療保険の適用にならない
  2. AGA治療は医療控除の対象にもならない
  3. AGA治療に保険証は必要ない
  4. 皮膚科でも医療保険の適用にならないの?

1-1. AGAの治療薬も診察も全て医療保険の適用にならない

AGA(男性型脱毛症)の治療は、厚生労働省が定めた医療保険が適用される病気に含まれていないため、AGA治療は保険の適用になりません。

生命に関わる病気の治療として見なされていないことが理由です。そのため、レーシックやED治療、美容整形などと同様に自由診療となり全て実費負担となっています。

風邪や骨折など医療保険が適用される病気や怪我であれば、2〜3割の負担で済む制度になっているので、全て実費負担になることで、非常に高額に感じてしまうかもしれません

ただ・・・AGAクリニックは近年数がとても増えたこともあり、価格競争がおこなわれ、安いクリニックであれば3400円から薬を購入することも可能です。詳しくは「4章:AGA治療費を安く抑えるコツとおすすめのクリニック 」をご覧ください。

参考:医療保険制度とは?

医療保険制度は、病気や怪我をして、医療機関の受診や治療を受けた際にかかる医療費の自己負担を減らすための仕組みです。

年齢によって自己負担額はそれぞれ違いますが、おおよそ自己負担額1割〜3割の負担で医療を受けることができます。

1-2. AGA治療は医療控除の対象にもならない

医療控除という「年間の医療費が10万円を超えたら、医療費控除でお金が戻ってくる」制度があります。

しかし、こちらもAGAはそもそも保険の適応にならないため医療控除の対象にもなりません。

1-3. AGA治療に保険証は必要ない

AGA治療をする際、保険証は持って行く必要はありません。

保険に入っていることを証明するために保険証を使いますが、AGA治療はそもそも保険の適用にならないため、保険証は使えないためです。

1-4. 皮膚科でも医療保険の適用にならないの?

皮膚科などの病院でも保険の適用にならないのか?と疑問に持つ方もいらっしゃいますが、保険の適用にはなりません。

どこでもらうかではなく、「厚生労働省が定めた医療保険が適用される病気」に当てはまる病気と診断されなければ、保険の適用にはなりません。

皮膚科でもAGA治療はできるの?

なお、一部の皮膚科ではAGAの治療薬を処方してもらうことは可能です。

皮膚科でも、一部の皮膚科ではAGA治療薬を処方してくれるところもありますが、数としては多くはなく、皮膚科に行くメリットがないためおすすめしません。

  皮膚科 AGAクリニック
治療の目的 現状維持 育毛・発毛
治療の種類 プロペシア(AGA治療薬)だけ プロペシア・ミノキシジル・メソセラピー

サプリ・HRAG治療・植毛など

プロペシアの値段 高い 安い
専門性 ?
検査  血液検査・遺伝子検査
無料カウンセリング ×

そして、AGAクリニックと言うと、治療費が高そうなイメージがあるかもしれませんが、AGA治療については皮膚科よりもクリニックの方が安いのです。

皮膚科では専門的な知識を持っていない医師も多いので、治療にはAGAクリニックに行くようにしましょう。

AGAと医療保険についてのポイント

  • AGAは医療保険の適応にならない
  • AGAは医療控除の対象にならない
  • 皮膚科でも医療保険の適応にならない

2. 抜け毛の症状で医療保険の対象になるケース

AGAは医療保険の適用になりませんが、抜け毛や脱毛症の中でも、”病気である”とされる症状だった場合は医療保険の適応になります。

ごく稀ですが脱毛を引き起こす可能性のある症状が2つあります。

もし抜け毛以外に、体調に変化がある場合は下記の2つの病気を疑いましょう。これらであればその治療のために保険を適用できるケースがあります。

病気 特徴 行くべき病院
円形脱毛症 10円サイズの円形に脱毛班がある場合 皮膚科
甲状腺機能障害 倦怠感、疲労感、むくみなどの症状がある人、側頭部が薄くなっている人 内科

円形脱毛症は部分的に円形の脱毛が起こる症状なので、わかりやすいとは思いますが、もし気になる方はこちら『世界一詳しい円形脱毛症の完全ガイド|原因から治療法まで』の記事を参考にしてください。

甲状腺機能障害が原因の薄毛については、こちらで『側頭部が薄毛になった時に疑うべき5つの症状と症状別対処法』少し解説していますので、気になる点がある人はご覧ください。

これらは、厚生労働省が定めた医療保険が適用される病気に含まれるため保険の適用になりますし、年間を通して治療費が10万円を超える場合は医療控除も受けられるので、領収書・処方箋・診断書は残しておきましょう。

3. AGA治療に医療ローンは使えるの?

多くの人がおこなうAGA治療は、1ヶ月あたり1万円以下で済んでしまうので、医療ローンを組むようなことはありません。

しかし、下記のようなより先進的で高度な治療をおこなう場合は、医療ローンを組むケースもあります。

高度な治療 概要 費用の目安
メソラピー 注射や超音波、レーザーなどを使い患部に直接育毛成分を浸透させる治療法 ¥19,000〜140,000/1回
HARG治療 骨髄や脂肪の幹細胞から抽出した成長細胞を頭皮に注入して発毛を促す治療 ¥80,000〜150,000/1回
植毛治療 毛が生えなくなった箇所に自身の髪を植え付ける ¥300,000/1回〜

上記のような治療は、1回あたり数万円〜数十万円の費用がかかり、治療によっては何度かおこなう必要があるため、治療費は高額になります。

ただ、多くのAGAクリニックでは、医療ローンを利用でき、月々1万円〜1万5000円程度に設定されていることが多いです。

AGAの治療薬で改善しなかった場合や、なるべく確実に早く効果を得たいという人が受ける治療ですので、まだ治療を初めていない人は気にする必要はありません。

4. AGA治療費を安く抑えるコツとおすすめのクリニック

少しでも費用を抑えて治療ができれば嬉しいですよね。

この章では少しでもAGAクリニックでの治療費を安く済ませる裏技についてご紹介していきます。

  • コツ① ジェネリック薬を処方してもらう
  • コツ② 初回の料金が安い複数のAGAクリニックに行く

コツ① ジェネリック薬を処方してもらう

AGAクリニックによっては、「価格の安いジェネリック薬(後発医薬品)でも良いですか?」と確認してくれるところもありますが、たまに、先発医薬品をそのまま処方される場合があります。

ジェネリック薬とは・・・

新薬の特許が切れた後、薬の成分は全く同じで臨床試験を簡易化して安くした薬をジェネリック薬と言います。効果はほとんど先発医薬品と同じと考えられています。

ジェネリック薬は先発医薬品に比べ1000円〜2000円程度安いため、費用を安く抑えたい人は、ジェネリック薬を処方してもらえるか聞いてみましょう。

コツ② 初回の料金が安い複数のAGAクリニックに行く

AGA治療薬はクリニックによって、開きがありますがクリニックによっては、初回限定で薬の費用が安いクリニックがあります。

これら3つのクリニックであれば初回の薬の処方料金が安いので、もし「費用を安く抑えたい」「複数のクリニックに行くことは面倒ではない」という人は順番に3つのクリニックをまわると、薬の代金を安く抑えることができます。

治療費が安くおすすめのAGAクリニック

AGAクリニックでは、まず治療薬を使ってはじめていくことが多いです。

そのためなるべく治療薬が安いクリニックに行くことをおすすめしています。5章でも比較をしていますが、全国にある30以上のクリニックを比較した結果、立地や価格、治療の豊富さの観点で最もおすすめだったのが、『AGAスキンクリニック』です。

このクリニックであれば全国50箇所以上に拠点を持ち、安いので、迷ったらここがおすすめです。

最もおすすめの『AGAスキンクリニック』

AGAスキンクリニックは非常に低価格で豊富な治療を受けられる、私が最もおすすめしたいクリニックです。

提携院含め全国に約50院をもつ業界の中でも最大規模の薄毛専門クリニックで、費用に関しても毎月3,000円台からと業界最低水準で治療を受けられます。

AGAメソセラビーなど高度な治療も行っているので、AGA治療をこれからはじめる方だけでなく、色々試したけど効果がなかった人にも、全ての方におすすめのクリニックです。

<治療法と価格>

  • カウンセリング/再診料・・・・・無料
  • 初診料・・・・・・・無料(一部の治療を始める時のみ5,000円)
  • プロペシア、フィナステリド錠など・・・・3,400円(税別)/月〜
  • AGAメソセラピー・・・¥50,000〜
  • AGA幹細胞再生治療・・・¥60,000〜

<拠点>

【関東】東京 (秋葉原・池袋・上野・品川・渋谷・新宿・西新宿・新橋・銀座・六本木・町田)、神奈川(横浜)、埼玉(大宮・川口)、千葉(柏・船橋)
【北海道・東北】北海道(札幌・函館)青森、宮城(仙台)、秋田
【中部・北陸】富山、愛知(名古屋)
【近畿】京都、大阪(梅田・難波)、神戸
【山陰・山陽】広島(広島・福山)、愛媛(松山)、高知
【九州・沖縄】福岡(福岡・小倉)、沖縄(那覇)
【女性専用クリニック】東京 (渋谷・新宿・銀座)、埼玉(大宮)、北海道(札幌)、愛知(名古屋)、大阪(梅田)、福岡(福岡)、沖縄(那覇)

AGAスキンクリニック公式ページ

https://www.agaskin.net/

似たような名前のクリニックがたくさんあるので、間違えないようにしましょう。

AGAスキンクリニックについてさらに詳しく知りたい人はこちら「AGAスキンクリニック完全ガイド|評判から上手な利用方法まで」を参考にしてみてください。

家の近くにAGAクリニックがないんだけど..

もし、「近くにAGAスキンクリニックがない」「病院に行くのが面倒」という場合は、最近は「スマホ」で家にいながら診療を受けられるサービスがあります。

それは『AGAヘアクリニック』というクリニックで、スマホでの無料カウンセリングののち、希望がある場合は治療薬を郵送で送ってもらうことができます。

プロペシアのジェネリック薬は5500円〜なので、比較的安価です。

AGAヘアクリニック公式ページ:

https://agahairclinic.com/

利用方法は非常に簡単で、申し込むと当日または翌営業日に予約時間の調整の電話がかかってきて、最短で当日に受診することが出来ます。

5. クリニックによって異なるAGA治療費の相場

AGAの治療を検討しているあなたは、保険が効かないのであれば、AGAの治療費が一体いくらかかるのか心配ですよね。

本章では、有名なクリニックや皮膚科の初診料や治療費などを紹介していきます。

本ページでは、全国に拠点があり、実績の数の多い人気のクリニックを4つピックアップしました。診察料や治療費など、費用がかかるものに関して比較をしていきます。

5-0. AGAクリニック治療費の比較

AGAクリニックのHP上に記載されている診察料や治療薬の料金などを、以下の表にまとめてみました。

やはり、先ほどご紹介した「AGAスキンクリニック」は初めての方におすすめのクリニックです。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

治療内容 相場 AGAスキンクリニック ゴリラクリニック へアメディカル 湘南美容クリニック 皮膚科
カウンセリング ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ×
初診料  ¥0〜5,000 ¥0(時々¥5,000) ¥3,000 ¥5,000 ¥0 ¥1,000
プロペシア ¥4,200〜9,000  初回 ¥4,200〜  ¥9,000 ¥6,500 初回 ¥4,200〜 ¥7,000~¥8,000(別途診察料が必要)
ザガーロ ¥4,800〜 10,000 初回 ¥4,800〜 × ¥9,500 初回 ¥4,800〜 ¥8,000~¥10,000(別途診察料が必要)
AGAメソセラピー ¥50,000〜140,000/1回  ¥50,000/1回 ¥140,000/1回 × ¥69,800 /1回 ×
HARG治療 ¥80,000〜150,000/1回  × ¥100,000/1回 ×  ×  ×
植毛 ¥80〜2,000/1グラフト × × × ¥673〜/1グラフト  ×

5-1. カウンセリングと初診料

初回のカウンセリングについては、多くのAGAクリニックが¥0で行っています。完全に無料で行っているところもあれば、DM発送や、Lineなどの会員登録を条件に無料で行っているクリニックもあります。
←スマホの方は左右にスクロールできます→

相場 AGAスキンクリニック ゴリラクリニック へアメディカル 湘南美容クリニック 皮膚科
カウンセリング ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0  ×
初診料   ¥0〜5,000 ¥0(時々¥5,000) ¥3,000 ¥5,000  ¥0  ¥1,000〜

初回の費用については記載がない病院もありますが、その場合、初診料や治療薬、検査代金などの合計金額になります。

無料カウンセリングだけでよい場合はあらかじめその旨を伝えておくとよいでしょう。

5-2. プロペシア

プロペシアは抜け毛を防ぐ効果があり、AGA治療で主に使われる治療薬の1つです。クリニックによって価格はまちまちです。
←スマホの方は左右にスクロールできます→

治療内容 相場 AGAスキンクリニック ゴリラクリニック へアメディカル 湘南美容クリニック 皮膚科
プロペシア ¥4,200〜9,000  初回 ¥4,200〜  ¥9,000 ¥6,500 初回 ¥4,200〜 ¥7,000~¥8,000(別途診察料が必要)

治療薬は最低でも半年は治療を継続する必要があるため、なるべく安いクリニックで処方してもらうことをオススメします。

また、薬は1ヶ月分を処方されます。

AGAスキンクリニック」では、ジェネリック薬が初回3,400円2回目以降6,000円で購入できます。

5-3. ザガーロ

ザガーロはプロペシアよりも強力な薬で、抜け毛を防ぐ効果があり、AGA治療で主に使われる治療薬の1つです。プロペシアよりも少し高価な薬です。
←スマホの方は左右にスクロールできます→

治療内容 相場 AGAスキンクリニック ゴリラクリニック へアメディカル 湘南美容クリニック 皮膚科
ザガーロ ¥4,800〜 10,000 初回 ¥4,800〜 × ¥9,500 初回 ¥4,800〜 ¥8,000~¥10,000(別途診察料が必要)

プロペシアと同様に、高価を持続させる限り飲み続ける必要があるため、なるべく安いクリニックで処方してもらうことをオススメします。

5-4. AGAメソセラピー

AGAメソセラピーとは、注射や超音波、レーザーなどを使い患部に直接育毛成分を浸透させる治療法のことです。内服薬などよりも効率よく薬剤を届けられるため、効果は高いとされています。
←スマホの方は左右にスクロールできます→

治療内容 相場 AGAスキンクリニック ゴリラクリニック へアメディカル 湘南美容クリニック 皮膚科
AGAメソセラピー ¥50,000〜140,000/1回  ¥50,000/1回 〜¥140,000/1回 × 〜¥69,800 /1回 ×

1回で注入する容量によって料金が異なったり、月一回の治療を3ヶ月分や6ヶ月分まとめて申し込むことによって1回あたりの費用が安くなるような仕組みになっています。

また1回あたりの薬剤の量によって費用は変動します。最安値のクリニックは「銀クリ」というクリニックで19,440円でした。

5-5. HARG治療

HARG治療とは、骨髄や脂肪の幹細胞から抽出した成長細胞を頭皮に注入して発毛を促す再生医療です。最先端の治療というだけあって、治療できるクリニックも限られています。
←スマホの方は左右にスクロールできます→

治療内容 相場 AGAスキンクリニック ゴリラクリニック へアメディカル 湘南美容クリニック 皮膚科
HARG治療 およそ¥80,000〜150,000/1回   × ¥100,000/1回 ×  ×  ×

今回ピックアップしたクリニックの中では、HARG治療を受けられるのはゴリラクリニックだけでした。

その他のクリニックで安価だった「ガーデンクリニック」では頭部の1/3程度の広さで1回あたり¥80,000で治療が受けられます。相場としては、¥80,000〜150,000でした。

5-6. 植毛

植毛とは髪が生えなくなった箇所に自身の毛根を切り出し、患部に植え付ける治療法です。

1つの毛穴から1〜4本の髪が生えており1グラフトと数え、400グラフト〜3000グラフト程度の植毛がなされます。こちらもクリニックによって大きな差があります。

植毛治療はクリニックによって独自の植毛方法を持っており、植える髪の本数や価格も大きく異なります。相場はおよそ¥600/1グラフト程度です。

TOMクリニックがずば抜けて安いですが、34万円〜300万円程度の高額な治療費がかかるものです。

植毛については、解説すると長くなるので、詳しく知りたい人はこちら「世界一わかりやすい「植毛」とは?豊富な図解や比較でわかる全知識」を参考にしてみてください。

6. さいごに

これまでAGA治療が保険適用にならない理由や、少しでも安く治療を受けるコツなどについて詳しくお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

AGAと医療保険についてのポイント

  • AGAは医療保険の適応にならない
  • AGAは医療控除の対象にならない
  • 皮膚科でも医療保険の適応にならない

少しでも治療費を抑えたい人は、本ページを参考に治療法に目星をつけた上でクリニックを受診するとよいでしょう。おすすめは『AGAスキンクリニック』です。

あなたのAGAが改善することを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket