AGAは保険適応になるかの真実と治療費を安く抑える方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「AGAの治療はしたいけど、保険の適応になるなら・・・」と保険で治療費が安くなるのか気になっていませんか?

AGAの治療費は保険の適応にならないため高額な費用がかかります。しかし、脱毛症状の原因によっては医療費控除が受けられる場合があったり、ちょっとした工夫をすることでAGAの治療費を抑えることも可能です。

本ページでは、本ページでは、過去に育毛アドバイザーとして300人を超える方々の育毛をお手伝いをしてきた経験を持つ筆者が、AGAの治療費や保険の適応について、下記の流れで詳しく紹介します。

  1. AGAが保険の適応にならない理由と控除をもらえるケース
  2. クリニックによって異なるAGA治療費の相場
  3. AGA治療を少しでも安くする3つの方法

本ページを読んでいただければ、AGAの治療費を少しでも安くするための知識が身につきます。

1. AGAが保険の適応にならない理由と控除をもらえるケース

AGAの治療で気になるのは治療費ですよね。残念ながら、AGAの治療費は保険の適応にならないため高額な費用がかかります。

ただ、稀に医療控除の適応になるケースも存在し、使ったお金が少額返ってくることもあります。また、本格的にAGA治療をする場合、少し知識をつけるだけで半額近くも費用が異なってくる可能性もあるので、本ページを参考にしっかりと知識を身につけましょう。

1-1. AGAが保険の適応にならない理由

AGA(男性型脱毛症)の治療は、厚生労働省が定めた医療保険が適応される病気に含まれていないため、保険の適応になりません。

生命に関わる病気の治療として見なされていないことが理由です。そのため、レーシックやED治療、美容整形などと同様に自由診療となり全て実費負担となっています。

風邪や骨折など医療保険が適応される病気や怪我であれば、2〜3割の負担で済む制度になっているので、全て実費負担になることで、非常に高額に感じてしまいます。

1-2. 皮膚科でも保険の適応にならないのか?

病院の皮膚科などでも保険の適応にならないのか?と疑問に持つ方もいらっしゃいますが、保険の適応にはなりません。

どこでもらうかではなく、「厚生労働省が定めた医療保険が適応される病気」に当てはまる病気と診断されなければ、保険の適応にはなりません。

なお、皮膚科でもAGAの治療薬を処方してもらうことは可能です。

1-3. 医療控除の対象になるケース

基本的にAGA治療は病気とみなされないため、保険の適応にもなりません。そして医療控除という「年間の医療費が10万円を超えたら、医療費控除でお金が戻ってくる」制度がありますが、こちらの適応にもなりません。

しかし、一点だけお伝えしておきたいのが、AGAの症状である脱毛症状ですが、脱毛症状を引き起こす病気はAGAだけではありません。

円形脱毛症や、甲状腺機能障害などの病気が原因の脱毛症である場合は、保険の適応になりますし、年間を通して治療費が10万円を超える場合は医療控除も受けられるので、領収書・処方箋・診断書は残しておきましょう。

2. クリニックによって異なるAGA治療費の相場

AGAの治療を検討しているあなたは、保険が効かないのであれば、AGAの治療費が一体いくらかかるのか心配ですよね。

本章では、有名なクリニックや皮膚科の初診料や治療費などを紹介していきます。

本ページでは、全国に拠点があり、実績の数の多い人気のクリニックを4つピックアップしました。診察料や治療費など、費用がかかるものに関して比較をしていきます。

2-0. AGAクリニック治療費の比較

AGAクリニックのHP上に記載されている診察料や治療薬の料金などを、以下の表にまとめてみました。

←スマホの方は左右にスクロールできます→

治療内容 相場 AGAスキンクリニック ゴリラクリニック へアメディカル 湘南美容外科(旧:AGAルネッサンスクリニック) 皮膚科
カウンセリング ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ×
初診料  ¥0〜5,000 ¥5,000 ¥3,000 ¥5,000 ¥0 ¥1,000
プロペシア ¥4,200〜9,000  初回 ¥4,200

2回目以降 ¥7,000(再診料込)

 ¥9,000 ¥6,500 初回 ¥4,200

2回目以降 ¥6,500

¥7,000~¥8,000(別途診察料が必要)
ザガーロ ¥4,800〜 10,000 初回 ¥4,800

2回目以降 ¥8,200(再診料込)

× ¥9,500 初回 ¥4,800

2回目以降 ¥8,200

¥8,000~¥10,000(別途診察料が必要)
AGAメソセラピー ¥50,000〜140,000/1回  ¥50,000/1回 ¥140,000/1回 × ¥69,800 /1回 ×
HARG治療 ¥80,000〜150,000/1回  × ¥100,000/1回 ×  ×  ×
植毛 ¥80〜2,000/1グラフト × × × ¥673〜/1グラフト  ×

2-1. カウンセリングと初診料

初回のカウンセリングについては、多くのAGAクリニックが¥0で行っています。完全に無料で行っているところもあれば、DM発送や、Lineなどの会員登録を条件に無料で行っているクリニックもあります。
←スマホの方は左右にスクロールできます→

相場 AGAスキンクリニック ゴリラクリニック へアメディカル 湘南美容外科(旧:AGAルネッサンスクリニック) 皮膚科
カウンセリング ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0  ×
初診料   ¥0〜5,000 ¥5,000 ¥3,000 ¥5,000  ¥0  ¥1,000〜
初回の合計金額  ¥10,000〜25,000 ¥25,000〜  記載なし  ¥10,000〜  記載なし  診察料と薬の合計¥1,000〜

初回の費用については記載がない病院もありますが、その場合、初診料や治療薬、検査代金などの合計金額になります。

無料カウンセリングだけでよい場合はあらかじめその旨を伝えておくとよいでしょう。そうでない場合は 最低でも¥10,000〜30,000程度は覚悟しておく必要があります。

なお、薬だけで良いのであれば皮膚科でも可能ですが、他の検査や治療ができない場合が多いことが難点ですので、基本的にはクリニックに行くことをおすすめします。

2-2. プロペシア

プロペシアは抜け毛を防ぐ効果があり、AGA治療で主に使われる治療薬の1つです。クリニックによって価格はまちまちです。
←スマホの方は左右にスクロールできます→

治療内容 相場 AGAスキンクリニック ゴリラクリニック へアメディカル 湘南美容外科(旧:AGAルネッサンスクリニック) 皮膚科
プロペシア ¥4,200〜9,000  初回 ¥4,200

2回目以降 ¥7,000(再診料込)

 ¥9,000 ¥6,500 初回 ¥4,200

2回目以降 ¥6,500

¥7,000~¥8,000(別途診察料が必要)

治療薬は効果を持続させる限り飲み続ける必要があるため、なるべく安いクリニックで処方してもらうことをオススメします。

また、薬は1ヶ月分を処方されますが、クリニックによっては再診料と合わせた金額になることもあるため、薬だけの金額よりも高くなってしまうことがあるので頭に入れておきましょう。

2-3. ザガーロ

ザガーロはプロペシアよりも強力な薬で、抜け毛を防ぐ効果があり、AGA治療で主に使われる治療薬の1つです。プロペシアよりも少し高価な薬です。
←スマホの方は左右にスクロールできます→

治療内容 相場 AGAスキンクリニック ゴリラクリニック へアメディカル 湘南美容外科(旧:AGAルネッサンスクリニック) 皮膚科
ザガーロ ¥4,800〜 10,000 初回 ¥4,800

2回目以降 ¥8,200(再診料込)

× ¥9,500 初回 ¥4,800

2回目以降 ¥8,200

¥8,000~¥10,000(別途診察料が必要)

プロペシアと同様に、高価を持続させる限り飲み続ける必要があるため、なるべく安いクリニックで処方してもらうことをオススメします。

2-4. AGAメソセラピー

AGAメソセラピーとは、注射や超音波、レーザーなどを使い患部に直接育毛成分を浸透させる治療法のことです。内服薬などよりも効率よく薬剤を届けられるため、効果は高いとされています。
←スマホの方は左右にスクロールできます→

治療内容 相場 AGAスキンクリニック ゴリラクリニック へアメディカル 湘南美容外科(旧:AGAルネッサンスクリニック) 皮膚科
AGAメソセラピー ¥50,000〜140,000/1回  ¥50,000/1回 〜¥140,000/1回 × 〜¥69,800 /1回 ×

1回で注入する容量によって料金が異なったり、月一回の治療を3ヶ月分や6ヶ月分まとめて申し込むことによって1回あたりの費用が安くなるような仕組みになっています。

また1回あたりの薬剤の量によって費用は変動します。最安値のクリニックは「銀クリ」というクリニックで19,440円でした。

2-5. HARG治療

HARG治療とは、骨髄や脂肪の幹細胞から抽出した成長細胞を頭皮に注入して発毛を促す再生医療です。最先端の治療というだけあって、治療できるクリニックも限られています。
←スマホの方は左右にスクロールできます→

治療内容 相場 AGAスキンクリニック ゴリラクリニック へアメディカル 湘南美容外科(旧:AGAルネッサンスクリニック) 皮膚科
HARG治療 およそ¥100,000/1回   × ¥100,000/1回 ×  ×  ×

今回ピックアップしたクリニックの中では、HARG治療を受けられるのはゴリラクリニックだけでした。

ガーデンクリニック」では頭部の1/3程度の広さで1回あたり¥80,000で治療が受けられます。相場としては、¥80,000〜150,000でした。

2-6. 植毛

植毛とは髪が生えなくなった箇所に自身の毛根を切り出し、患部に植え付ける治療法です。植毛は人工植毛と自毛植毛との2種類がありますが、リスクが少なく、主流になっている自毛植毛についての比較をしていきます。
←スマホの方は左右にスクロールできます→

治療内容 相場 AGAスキンクリニック ゴリラクリニック へアメディカル 湘南美容外科(旧:AGAルネッサンスクリニック) 皮膚科
植毛 ¥80〜2,000/1グラフト × × × ¥673〜/1グラフト ×

1つの毛穴から1〜4本の髪が生えており1グラフトと数え、400グラフト〜3000グラフト程度の植毛がなされます。こちらもクリニックによって大きな差があります。相場はおよそ¥600/1グラフト程度です。

植毛治療はクリニックによって独自の植毛方法を持っており、植える髪の本数や価格も大きく異なります。相場はおよそ¥600/1グラフト程度です。1つの毛穴から1〜4本の髪が生えており1グラフトと数え、400グラフト〜3000グラフト程度の植毛がなされます。

TOMクリニックがずば抜けて安いですが、34万円〜300万円程度の高額な治療費がかかるものです。

2章まとめ

AGA治療は自由診療であるために、クリニックによって診察料や治療薬、治療費などは大きく異なり、場合によっては、最も安いクリニックと高いクリニックを比較すると、2倍ほど金額に差があることもあります。

安いことが必ずしもよいとは言いませんが、費用を抑えたい人は、治療に目星をつけた上でクリニックを選ぶといいでしょう。

3. AGA治療を少しでも安くする3つの方法

AGAの治療費は非常に高額なので、少しでも安く済ませたいですよね。実はAGAの治療はクリニックで行うものが全てではありません。

下記の3つの方法を使えば、治療費を安くしたり、ほとんどお金をかけずに治療をすることも可能です。

しかし、他のサイトではおすすめされている場合もありますが、筆者は基本的にはおすすめしていないものも中にはありますので、注意して読み進めていきましょう。

  • 個人輸入の通販で治療薬を手に入れる
  • 育毛剤を使う
  • 民間療法だけで治療を行う

3-1. 個人輸入の通販で治療薬を手に入れる

これまで紹介した外用薬や内服薬などの治療薬は厚生労働省の認可がある薬です。しかし、ネットの通販などで、海外から個人輸入したジェネリック品を買うことができます。クリニックによっては、ジェネリック品を扱っているところもあります。

そうすることで効果や含有成分がほとんど同じの治療薬を半額程度に抑えることができます。

ただ、厚生労働省の認可を受けていない治療薬は、リスクもあります。特にネットで買う場合は、偽物が混じっているケースや、類似品として思いもよらない副作用のリスクがあるので、筆者はおすすめしていません。

3-2. 育毛剤(医薬部外品)を使う

育毛剤(医薬部外品)とは臨床試験などの明確に効果があるというデータが得られていないもののことを指します。

ただし、AGAを改善する効果が期待できる成分を含んでおり、人によってはAGAを大きく改善することに成功する人もいます。

育毛剤はおよそ¥3,000〜9,000くらいが相場で、AGAの治療薬に比べ少し安いものもあります。副作用もほとんどないものが多いので安全に治療ができることがメリットです。

育毛剤は種類も多く、効果が期待できるものを選ぶのは大変なので、こちらの記事「73種の徹底比較でわかったおすすめ育毛剤ランキング」を参考に使用を検討してみてもいいでしょう。

3-3. AGA治療をせずに民間療法だけで治療を行う

AGAの治療は薬や育毛剤だけで行うものではありません。AGA治療を行うことで、髪が抜けるという症状は改善することが可能ですが、治療をやめてしまうと元に戻ってしまうものがほとんどです。

AGAの原因は、生活習慣・食生・頭皮環境とも言われており、これらを改善することで体の根本から改善をすることが可能になる可能性もあります。

お金を使わずに、日々できることからでき、当然副作用に悩ませられることがないことがメリットです。

AGAをお金を使わずにできることで対策をしたい人はこちらの記事「広告にだまされるな!自宅でかんたんにできるAGA対策12選」で、今日からできる対策を徹底的に紹介しているので、参考にしてみてください。

4. さいごに

これまでAGA治療が保険適応にならない理由や、治療法別に費用の相場について詳しくお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

AGA治療は保険の適応にならないため高額になってしまいます。自由診療であるが故に、クリニックによって大きく治療費に違いがありますが、それぞれの治療の費用を知り、クリニック毎の費用を比較することで、最小限の治療費に抑えることができます。

少しでも治療費を抑えたい人は、本ページを参考に治療法に目星をつけた上でクリニックを受診するとよいでしょう。

あなたのAGAが改善することを心から祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket