AGAの検査をする2つの方法と自宅でできる簡単セルフチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ふとした時に、頭が薄くなったような気がすると「あれ?これってAGAなの?」と不安になりますよね。

実は、AGAは厳密には原因は特定できず、AGAを発症しているかどうか?という判断もあくまでも視診や問診によるものです。

それではAGAの検査とはいったい何をしているのでしょうか?

本ページでは育毛アドバイザーとして過去に300人以上の育毛のお手伝いをしてきた筆者がAGA検査について以下の流れで紹介していきます。

  1. AGA検査をする2つの方法とAGA遺伝子検査の真実
  2. AGAかどうかの2つの基準と簡単セルフチェック
  3. AGAの疑いを持ったらすぐにはじめるべき対策10選

本ページを読んでいただくことで、セルフチェックによってあなたの髪の状態がわかり、本格的な対策や予防を打つきっかけとなるでしょう。

1. AGA検査をする2つの方法とAGA遺伝子検査の真実

髪が薄くなったと感じたら、気のせいなのか?本当にAGAを発症しているのか?と不安になりますよね。

本ページでは、AGA検査とはなんなのか?AGA遺伝子検査ができる2つの方法について詳しく解説していきます。

1-0.「 AGA検査とは」とAGA遺伝子検査の真実

病院等では、専門家の視診や問診によってAGAである可能性が高いかどうかを診断されます。また、遺伝子を検査することで、AGAを発症しやすい遺伝子かどうかを調べることができます。ちまたでは、これらをまとめてAGA検査と認識しているようです。

AGA遺伝子検査

遺伝子検査とは、細胞を採取し、AGAになりやすい遺伝子かどうかを調べる検査です。

アンドロゲン受容体に関係している遺伝子のCAGとGGCという塩基配列が何回繰り返されているか(リピート数)を調べます。

CAGリピート数が短ければ、脱毛を誘発する「脱毛ホルモン(DHT)」の作用を受けやすく、DHTの生成を抑える薬剤であるフィナステリドの効果は高くなるとされています。

残念ながらAGA遺伝子検査は治療薬である「プロペシア」が効きやすいかどうかわかるというメリットはあります。しかし、実はこれ以外にもAGAを発症する遺伝の要因があり、それに関しては検査できません。そのため、精度が高くない上、お金もかかるので医師の勧めがない限りあまりおすすめしません。

また、AGA 場合ほとんどのクリニックで、プロペシアが処方されるので、効きやすいかどうかを知っても仕方ないというところもあります。

とはいえ、AGA検査をしたいという人のために、実際にAGA遺伝子検査をする2つの方法とそれぞれのメリットやデメリットについて紹介します。

1-1. 自宅でキットを使う方法

自宅でAGAの検査ができたら手軽ですよね。

ネットなどで、「AGAドック」という 検査キットを購入することでAGAになりやすい遺伝子をもっているかどうかがわかります。

出典:Amazon

およそ12,000円程度で購入することが可能で、下記の流れで簡単に検査ができます。

  1. AGAドックを購入
  2.  口の内側(ほほの内側)を綿棒で擦り付けて粘膜を採取
  3.  キットを返送
  4. 遺伝子検査結果が到着

自宅での検査の3つのメリット

自宅で検査するメリットは下記の3つです。

  • 病院に行く必要がない
  • 手軽
  • 薬を処方されない分コストがやすい

自宅でできる検査は病院に行く必要がないので、手軽に行うことができます。AGAになりやすいかどうかを調べるだけであれば、自宅での検査が手軽でおすすめです。

自宅での検査のデメリット

自宅検査のデメリットは1つです。

  • 専門家のアドバイスを聞けない

検査の結果がどのような結果だったとしても、専門家のアドバイスがないので、どのように対策をしていいかわかりません。

AGAをすでに発症している人は、基本的にはすぐに治療を始めた方がいいので、自分で対策をはじめるか、病院で治療について相談することをおすすめします。

詳しい病院での治療法についてはこちらの記事「AGA治療で選ぶべき病院の条件とおすすめのクリニック3選」で紹介していますので、参考にしてみてください。

無料カウンセリングをしてくれる病院も紹介しているので、専門家にまずは相談したいという方はチェックしましょう。

1-2. 病院で行う検査

AGAの疑いがある場合どんな病院にいけばいいかというと、皮膚科かAGAクリニックになります。

多くの病院でも実は、検査キットと同じ(口の中のほほの粘膜の採取)方法を用います。他には毛根を検査したり、血液検査をする場合もあります。

しかし、皮膚科では治療に関して詳しいアドバイスを受けることが難しく、専門的な治療法に対応できないので、治療を検討している方は、皮膚科ではなく、AGAクリニックに行くことをおすすめします。

病院で行う検査のメリット

病院で検査を行う場合、検査そのものではなく、専門家の視診や問診によってのアドバイスを受けられることにあります。

AGAを発症している場合、AGAを改善するためにはなるべく早い治療と対策が必要です。病院で検査をしてすぐに治療に移れるので、どのような対策をすればいいのか、どのような治療が可能で、費用がどのくらいかかるのか、リアルな情報を得ることができます。

病院で行う検査のデメリット

病院で行う検査のデメリットは主に下記の2つです。

  • 病院に行く手間
  • 費用面

病院に行く時間が取れない人にはとっては、病院に行くのは面倒ですよね。

AGAは基本的には早めの治療が基本なので、病院に行ってAGAが進行していると判断された場合は治療をすすめられます。

病院での検査そのものは、およそ10,000円程度で行うことができますが、薬なども合わせて処方されるケースが多く合わせると20,000円程度の費用がかかります。

検査だけで良いという人は病院に行く必要はないでしょう。

ただ、検査をした上で、治療を進めたい方は「AGAルネッサンスクリニック」に行きましょう。

AGAルネッサンスクリニックであれば血液検査が2,160円で行うことができます。また、治療薬も最安値で処方してもらえるので、血液検査を望まれる方におすすめです。

2. AGAかどうかの2つの基準と簡単セルフチェック

髪が薄くなって、AGAなのか心配になっても、「病院に行くのは気がひける」という人もいらっしゃると思います。そのような方のために、遺伝子検査などではなく、お金も使わずにできる簡単なチェック方法があるので、参考にしてみてください。

AGAは早期の対応が鍵ですので、少しでも疑いがあればすぐに対策をすることが大事です。それでは見ていきましょう。

あなたの頭はどういう状態に近いでしょうか?AGAのハゲ方には大きくわけて下記の3つのパターンあります。%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-20-10-00

M字ハゲ 剃り込み部分が後退しM字になってくる チェック①、②で診断可能
U字ハゲ 前髪が薄くなり額が後退してくる チェック②で診断可能
O字(つむじ)ハゲ つむじ辺りから薄くなる チェック②で診断可能

それぞれのハゲる場所に関して、実際にAGAなのか?そうでないのか?参考にしながらチェックしていきましょう。

チェック①: クリニックでも使われるM字ハゲチェック

耳の一番上の部分から真っすぐ頭頂部へ繋いだラインと、そのラインから2cmの幅以内にM字ハゲの頂点の生え際があたるようであればM字ハゲとみなされます。

これは、クリニックでも使われることのある診断方法です。

スクリーンショット 2017-01-12 12.48.18

チェック2: 抜け毛チェック

実はAGAには明確な基準はありませんが、抜け毛をチェックすることで、AGAが始まっているかどうか判断がつきます。

下記の図を見ながら、あなたの抜け毛のチェックをしてみてください。

スクリーンショット 2017-01-12 12.32.09

もし抜け毛を何本もチェックして、先がとがった髪、細い髪、短い髪が多いなどの特徴がある人は、すでにAGAが進行し初めている可能性があります。

通常、髪は2〜7年のサイクルで生え変わると言われており、脱毛症の人は抜け毛をチェックすることで、あなたの髪がどのタイミングで抜けているかをチェックすることができます。

下記は髪の生え変わりの周期を表した図です。まずは髪のサイクルを理解しましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-17-32-28

通常、2年〜6年かけて成長期から退行期に入るまでに毛根が太くなったり、髪が太く成長します。しかし、脱毛症の人は成長期が短くなるため、髪が成長する前に抜けてしまいます。

実は、一生の中でこのサイクルの数は決まっており、サイクルが早まることで二度と生えてこない状態に早く到達してしまうことになります。

数えるのは難しいと思いますが、日本人が1日の抜け毛の本数は50〜100本と言われており、1日に150本以上抜けていればAGAを発症している可能性があります。

3. AGAの疑いを持ったらすぐにはじめるべき対策10選

チェックをして、危険度が高かった人もそうでなかった人も、AGAは早期の対策や予防が最も重要です。なぜなら、AGAを発症し、髪のサイクルが早まっている人は、どんどん髪の寿命が短くなっていくためです。

対策をすることで、このサイクルを正常にする効果が期待できます。

AGAはいくつもの原因が絡みあっているので、効果的に対策するためには1つのことだけを対策するのではなく、気になるポイントを多面的に対策をする必要があります。

まずはメカニズムから理解していきましょう。

3-0. AGAのメカニズム

下記の図はAGAのメカニズムを示したものです。

AGAは主に男性ホルモンの乱れから起こります。男性ホルモン「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という還元酵素が結びつくと「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されます。

DHTは、「脱毛ホルモン」と呼ばれるほど脱毛に作用するホルモンで、毛髪の成長を抑制したり皮脂を過剰に分泌し毛髪の育成に悪影響を及ぼします。

そのため、髪のサイクルが早まってしまい、薄毛になるというのがAGAのメカニズムです。それでは順番に対策を見ていきましょう。

3-1.生活習慣でできるAGA対策4選

生活習慣の中で注意すべき4つのポイントを紹介していきます。

①睡眠は時間と質にこだわる

睡眠が足りないと、ストレスがたまりホルモンのバランスを崩すので毛髪環境に悪影響を与えます。

どうしても時間が確保できない方は睡眠の質にこだわってみましょう。以下の4つを守ることで睡眠の質が向上するため、改善が期待できます。

  • 寝る前にスマホやパソコンをなるべく触らない
  • 90分の睡眠サイクルを意識する
  • 22時~2時の睡眠時間を確保する
  • リラックスした状態で睡眠時間を向える

②有酸素運動をする

ランニングなどの有酸素運動は、少量ではありますが汗と一緒にDHTを流し出すことができるのでAGAの改善に効果が期待できます。

また、ストレスの発散や血行の促進にもつながるため、AGAの対策をしたい方は定期的な有酸素運動をすることをおすすめします。ランニングを続けられなさそうであれば、以下のように無理のないことから始めてみましょう。

  • 通勤でバスを使わず歩く
  • 休日に散歩をする
  • 毎日湯船に浸かる
  • サウナで汗を流す

無理して運動してストレスになってしまうと元も子もありません。あくまでも気分をリフレッシュしながら汗をかけそうなものがあれば試してみましょう。

③ ストレスの発散方法を見つける

あなたなりのストレスの発散方法を見つけることも、AGA対策には効果的です。仕事など、ストレスから逃れることができなくても、そのストレスをうまく発散できれば髪の毛へのダメージを減らすことができます。

そこであなたなりのストレスの発散方法を見つけ、定期的にストレスを発散してあげましょう。

下記の2つはストレスを和らげる効果があると言われているので試してみるといいかもしれません。

  • 「太陽の光を浴びる」
  • 「ハーブティーを飲む」

④タバコは吸わない

タバコは髪の育成に必要なビタミンを破壊します。また、タバコは血管を収縮させ血行を悪くしてしまいます。

タバコは辞めるか、本数を減らすように気をつけましょう。

3-2. 食生活でできるAGA対策4選

具体的にAGAの改善を目指す時に意識したい食生活を紹介します。

①AGAに効果が期待できる栄養素を摂る

AGAに効果を期待するために、脱毛ホルモン「DHT」を抑制する成分を適度に摂ることをおすすめします。

DHTを抑制する2つの成分は、「イソフラボン」と「亜鉛」と言われています。これらの栄養素は、DHTの元になる物質を抑制する働きがあります。そのため、イソフラボンと亜鉛を適度に摂取しましょう。

  • イソフラボンを取れる食材・・・納豆、豆腐など
  • 亜鉛を取れる食材・・・・・・・牡蠣、煮干し、するめ、ビーフジャーキー、チーズなど
  • 「ビタミン」・・・血行促進・髪の老化防止
  • 「たんぱく質」・・髪の毛の原料となる
  • 「ミネラル」・・・髪の育成の促進をする

1日3食、肉・魚・野菜・乳製品などバランス良く食べることを心がけましょう。

② 毎日簡単に食べられるのはこれ!

一人暮らしなどで、なかなか食事に気を使えない方にも簡単な食べ物から、始めていただければと思います。忙しい方にも毎日食べていただきたいのは、「ゴマ」と「納豆」です。

納豆には「イソフラボン」「亜鉛」「ビタミン」などが豊富に含まれているため、頭皮と髪の毛に優しいです。定食屋などでも簡単に追加できるので、1日1食どこかで食べられるように意識してみましょう。

③AGAに影響を与えるものを控える

反対に、AGAが気になった時に、頭皮の健康のためにできるだけ避けたいものが以下4つのものです。

  • 塩分
  • 油分
  • 糖分
  • 食品添加物

「油分」や「糖分」をとることで、皮膚がギトギトになり、毛髪の育成に良くない環境ができてしまいます。また、「食品添加物」「塩分」は血行を悪化させるため、発毛に悪影響を与えます。

そのため、以下のような食べ物はなるべく避けることがAGA対策には大切です。

  • ラーメン
  • スナック菓子
  • ファーストフード
  • 揚げ物

我慢することは難しくても、頻度を落としたり、良くない成分が少ないものを選ぶなど工夫をしてみましょう。

④アルコールは控える

お酒をたくさん飲む人はアルコールを控えた方がよいでしょう。理由は4つです。

  • 睡眠の質を下げる
  • DHTを抑制するはずの栄養素が減少する
  • 髪に必要な栄養素が破壊される

アルコールはこのように様々な部分に影響を及ぼすため、AGAを改善したい人は飲む量を減らしたり、飲む頻度を減らすように心がけましょう。

3-3. 頭皮環境でできるAGA対策2選

AGA対策として、頭皮のケアも非常に重要になってきます。そのため以下で紹介する2つのポイントを意識しましょう。

頭皮では常に皮脂が分泌されていますが、頭皮は髪を育てる重要な場所であり、毛穴に詰まることで、頭皮の環境に悪影響を与えます。頭皮環境も髪の成長を妨げている恐れがありますので、対策が必要です。

① 髪の毛に優しい「アミノ酸系のシャンプー」を使う

市販のシャンプーの多くが「洗いすぎてしまう」という問題があります。そういったものだと、頭皮の皮脂を必要以上に取り除いてしまい、その後皮脂が余剰に分泌されてしまったり、細菌の繁殖や炎症につながります。

アミノ酸は皮膚や髪の毛を作るたんぱく質の成分になっています。そのため、適度に頭皮を洗浄することができるのでAGAには効果的です。

② 頭皮に優しく洗う

頭皮の汚れが毛髪の成長を妨げるため、きちんと頭皮についた汚れを落とすことが大切です。しかしながら、洗髪の際に頭皮に負担のかかる洗い方になってしまうと、頭皮や髪の毛にダメージを与え、AGAの原因になる恐れがあります。

4. さいごに

AGAの病院での検査方法や遺伝子検査の真実について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

AGA遺伝子検査では、AGAかどうかの判断はできません。あくまでも、AGAになりやすいかどうか、プロペシア(治療薬)が効きやすいかどうかがわかるだけです。

AGAの症状が進行しはじめてているなら、すぐに対策をすることが重要なので、AGAかどうか心配な人はなるべく早く病院に行って検査ではなく診断されることをおすすめします。

少しでもAGAの疑いを持ったら、すぐに対策をはじめることをおすすめします。本ページで紹介した方法を参考に対策に取り組みましょう。

あなたAGAに関する悩みが軽くなり、生涯健やかな髪を保てることを心から祈っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket