AGAに効果が期待できる7つの治療法と効果がなかった4つのケース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

AGAって本当に治るのか?治療に本当に効果があるのか?とAGAの治療法やその効果が気になっていませんか?

AGAは改善する人もいれば、何年治療をしても改善しない人もいらっしゃいます。治療の効果がなかった人は、もしかすると重要なことを理解していないからかもしれません。

本ページでは育毛アドバイザーとして過去に300人以上の育毛のお手伝いをしてきた筆者がAGAの治療の効果が気になるあなたへAGAの治療法別にわかる効果ついて以下の流れで解説していきます。

  1. AGAの改善に効果があるとされている7つの治療法
  2. AGAの治療で効果を得られなかった人の4つのパターン
  3. AGA治療薬の効果の持続期間
  4. AGAの根本の原因とジワジワと効果が期待できる対策7選

本ページを読んでいただければ、AGAの治療で効果を感じるために重要なことに気づき、あなたのAGAの改善に役立つでしょう。

1. AGAに効果があるとされている7つの治療法

AGAの治療はどんな効果があるのか?逆に、どんな人に効果がないのか、これから治療をはじめる人にとってはとても気になることですよね。

AGAの治療方法としては主に下記の表のような7つの方法があります。本章では、それぞれのAGAの治療法とその効果、そして効果が期待できないケースについて解説していきます。

※症状によっては意味がない治療法があるので治療法選びには注意が必要です。

治療の名称 概要 費用 治療を受ける場所
HARG治療法 骨髄や脂肪の幹細胞から抽出した成長細胞を頭皮に注入して発毛を促す薄毛治療。 AGA専門クリニック など
プロペシアの投与 AGAを食い止めるために、脱毛ホルモン(DHT)を抑制する。 AGA専門クリニック・皮膚科 など
ミノキシジルの投与 毛母細胞と呼ばれる髪の根元の細胞の細胞分裂を加速させることで髪の成長を早める AGA専門クリニック など
植毛治療 毛を生えなくなった箇所に植え付ける AGA専門クリニック など
AGAメソラピー 注射や超音波、レーザーなどを使い患部に直接育毛成分を浸透させる治療法 中~高 AGA専門クリニック など
民間療法 生活習慣の改善、食生活の改善、頭皮環境のケア 自宅
育毛剤 医薬部外品の市販の育毛剤を塗付 自宅

本章ではそれぞれの治療法について詳しく紹介していきます。

① HARG治療

HARG治療法とは、Hair Re-generative theraphy(毛髪再生治療)のことです。骨髄や脂肪の幹細胞から抽出した成長細胞を頭皮に注入する治療法です。

毛母細胞を活性化させる効果が強く、発毛を促す効果が期待できます。

効果が出るまでに3~8か月かかること、そして痛みを伴う治療である可能性が高いといったデメリットがありますが、育毛剤のようなアレルギーの心配がなく安心して治療を受けられることがメリットです。

効果が得られない場合

HARG治療では、成長因子がヘアサイクルを正常化させ発毛を促進できても、髪の元となる毛母細胞が死滅しているケースでは効果は期待できません。

② プロペシアの投与

皮膚科や、AGAクリニックに行くと多くの場合で男性は飲み薬である「プロペシア」を投与してもらえます。

プロペシアには、5αリダクターゼという酵素を阻害する効果があります。そのため、AGAの主原因である「脱毛ホルモン」の生成を抑制し、抜け毛を防ぐ効果があります。

女性は妊娠中だと胎児に悪影響を与える恐れがありますので、注意が必要です。

効果が得られない場合

プロペシアには、抜け毛を「止めること」は期待できるものの、「育毛」「発毛」の効果はあまり期待ができません。

また、生活習慣や食生活などの日々の生活に原因がある場合、治療薬を使っても効果がないケースがあります。

③ ミノキシジルの投与

AGAクリニックでは塗り薬「ミノキシジル」を処方してもらえます。

ミノキシジルは医学的に発毛効果が認められている発毛・育毛成分です。ミノキシジルは血管拡張作用があり、神に栄養を届きやすくするとともに、毛母細胞と呼ばれる髪の根元の細胞の細胞分裂を加速させることで髪の成長を早める効果が期待できます。

AGAクリニックの場合、プロペシアに加え、ミノキシジルも処方してもらえるため皮膚科の治療よりも高い効果が期待できます。

効果が得られない場合

AGAを発症して時間が経っている場合、髪の元となる毛母細胞が死滅している可能性もあり、そのようなケースではミノキシジルでも効果が期待できません。

また、生活習慣や食生活などの日々の生活に原因がある場合、治療薬を使っても効果がないケースがあります。

④ 植毛治療

毛を生えなくなった箇所に植え付ける「植毛」という手段もあります。植毛には以下の2種類があります。

  • 人工毛植毛・・・人工繊維でできた人工毛を植え付ける
  • 自毛植毛・・・・自分の髪の毛を薄毛の部分に移植する

以上の2パターンがありますが、リスクが少ない自毛植毛の方が主流となっています。移植した髪が定着すれば、その後のメンテナンス等も必要なくなります。

しかしながら、治療費が高額で、範囲によっては100万円以上の治療費になるケースも多いです。

効果が得られない場合

人口植毛は体質によっては拒否反応により人工毛が抜け落ちてしまうケースがあります。自毛植毛の場合は、せっかく植えても、AGAの症状で抜ける可能性があるので、遺伝的要因が強い人や、生活習慣などの原因の要素が強い場合は効果が期待できない可能性もあります。

もしくは、ずっと薬を飲み続ける必要がありますが、薬を止めた途端に抜けてしまうこともあるので注意が必要です。

⑤AGAメソセラピー

AGAメソラピーとは、注射器やレーダーなどを使って、患部に直接育毛成分を浸透させる最新の治療法の事です。

患部に直接浸透させることができるので、外用薬や内服薬よりも確実に毛根に栄養を届けるため、早期の効果が期待できます。

また、女性の方は、「プロペシア」を使えない分、早い回復に向けてAGAメソラピーを使うことをおすすめします。

効果が得られない場合

ヘアサイクルを正常化させ発毛を促進できても、髪の元となる毛母細胞が死滅しているケースでは効果が期待できません。

⑥育毛剤

自宅でできる治療の手段の1つが「育毛剤」です。

育毛効果が期待できる有効成分が入っており、血管を拡張させ、髪に栄養が届きやすくなることで、育毛効果に期待できます。

ただ、臨床試験などで効果が証明されているわけではなく、効果があったという人もいる反面、効果がなかったという人も存在します。

効果が得られない場合

育毛剤は医薬品ではなく、育毛効果や発毛効果を証明されたものではありません。そのため、「効果がない」という声もあります。

毛母細胞が死滅しているケースで効果が期待できないのはもちろん、そうでない場合も効果が得られない可能性はあります。

⑦民間療法

自分でできる、最もお金のかからない方法が生活習慣を見直すということです。AGAの原因は、遺伝だけでなく、生活習慣や食生活とも言われています。

これらを改善することで、根本的な体質から改善していく効果が期待できます。

そのため以下のように生活習慣や食生活、シャンプーなどできることから改善していくことも治療の大きな一歩になります。

解決策 主な行動
①生活習慣の改善
  • 睡眠の量と質の向上
  • 有酸素運動、難しければ体を定期的に動かし汗をかく
  • ストレスの発散方法を見つける
②食生活の改善
  • 「イソフラボン」「亜鉛」他バランスの良い食生活を
  • 忙しければ「ごま」と「納豆」を食べる
  • 「油分」「塩分」「食品添加物」をなるべく避ける
③頭皮ケア
  • 頭皮に優しいシャンプーを選ぶ
  • 頭皮に優しい洗髪の方法を実践する

効果が得られない場合

民間療法は、どこまでできていればという基準もなく、すでにAGAが進行している人には効果が得られない場合もあります。

ただし、体の中から改善していくことは最も基本的な治療ですので、効果があるないに関わらずこれらの対策をすることは他の治療法の効果を高めるためにも必要です。

もし、上記で紹介した中で興味がある治療法があれば、病院(AGAクリニック)に行って相談されると良いでしょう。詳しくは「AGA治療で選ぶべき病院の条件とおすすめのクリニック3選」で紹介していますので、費用や効果、副作用などもしっかり頭に入れましょう。

2. AGAの治療で効果を得られなかった人の4つのパターン

AGAは早期に対策や治療をすることで、改善できる確率も高まるとされています。しかし、AGAを治すために様々な対策や治療を試みても効果を感じられなかった人がいます。

先ほどは治療法別に効果が期待できないパターンを紹介しましたが、様々な治療をしても効果が得られなかった方の口コミなどを見ると以下の4つの共通点があることがわかりました。

AGAの改善を成功させるために、同じ失敗をしないようにしっかりと理解しましょう。

  • 期間が短い
  • 間違った対策をしていた
  • すでに髪が抜けきっていた
  • 遺伝的要因が強すぎた

2-1. 期間が短い

AGAの治療期間が短い場合は、改善の効果を感じられない場合が多いです。

なぜなら、髪には髪が生えて、成長し、抜けるという一定のサイクルを2年〜7年の期間で繰り返していますが、抜けたあと、髪が生え、生えた産毛が成長する期間も考えると、効果を感じるには最低でも3ヶ月〜6ヶ月は必要です。

その間、治療を行い続けなければならないため、治療の期間が短い場合は効果を感じられないでしょう。

2-2. 間違った対策をしていた

病院に行かずに自分だけの判断で対策をしている人に多いのがこのケースです。AGAの根本的な原因が理解できていない可能性が高く、間違った対策を行いがちです。

例えば、ネットで「シャンプーの方法やシャンプーを変えれば良い」と知って、そればかりを対策しているケースなどです。他にも育毛剤や、マッサージなども当てはまります。

AGAを発症する原因は様々な要素が絡み合っているため、上記のような1つのことを行っただけでは改善の効果を感じられないでしょう。

2-3. すでに髪が抜けきっていた

実は髪には寿命があり、髪が生えて抜けるサイクルには限りがあります。そのため、AGAを発症して時間が経っている場合は、サイクルを全て終えて、もう二度と生えてこない状態になっている可能性があります。

そのため、死んだ毛根にいくら対策をしても元には戻らないので、効果を得られなかった可能性があります。

2-4. 遺伝的要因が強すぎた

AGAの原因で大きな影響力を持つのが遺伝です。生まれつきAGAを発症しやすい遺伝子を持った人がいます。

AGAになりやすいと言っても、100%ハゲるというわけではないので、規則正しい生活を送っていれば、発症しない場合もあります。

しかし、生まれつきAGAになりやすい遺伝子を持っているため、いくら治療をしても、そうでない人に比べ効果を感じにくい可能性があります。

3. AGA治療薬の効果の持続期間

病院で治療を進める場合、最もお世話になるのが、1章でも紹介した「ミノキシジル」と「プロペシア」です。

そして、これらの治療薬は確かな効果が期待できる薬ですが、使用を止めるとまた髪が抜けてしまう可能性があります。

そのため、完全に治療をすることはできないというのが現状です。

AGAは遺伝的な要素や、年齢とともに半ば仕方ない症状であり、フサフサの髪を長く保つためには根本的に体の中から整えていく必要があり、民間療法でご紹介した生活習慣・食生活・頭皮環境の改善が欠かせません。

次章では、AGAの根本的な原因や具体的な対策をご紹介します。

4. AGAの根本の原因とジワジワと効果が期待できる対策7選

治療薬を使っても、一時的なものなので根本的に改善するためには、体質から変えていかなければなりません。

AGAの治療で効果を得るためにも、AGAの原因を理解しておくことがとても重要になります。本章ではAGAメカニズムと対策について詳しく解説していきます。

4-0. AGAのメカニズム

AGAは主に男性ホルモンの乱れから起こります。男性ホルモン「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という還元酵素が結びつくとジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、「脱毛ホルモン」と呼ばれ、脱毛に作用するホルモンで、毛根に存在するアンドロゲン受容体に受け取られることで髪の成長を抑制したり皮脂を過剰に分泌し毛髪の育成に悪影響を及ぼします。

下記の図はAGAのメカニズムを図で表したものです。

このように、主に生活習慣や食生活が乱れていることで、AGAの原因となるジヒドロテストステロンが増えてしまったり、髪の成長を抑制してしまうことでAGAが進行してしまいます。

男性脱毛症(AGA)の原因となるものを7つピックアップしましたので、原因と対策について詳しくみていきましょう。

  1. 食生活
  2. ストレス
  3. 血行不良
  4. 運動不足
  5. 飲酒
  6. 喫煙
  7. 刺激

4-1. 食生活

外食やコンビニなどが中心の食生活だったり、食べるものは油っぽいものばかりなど、食生活は偏っていませんか?

AGAの原因となる食生活は以下の2つです。

  • 栄養不足
  • 塩分・油分・食品添加物の取りすぎ

栄養不足

もしかすると栄養が足りていないことが原因にあるかもしれません。髪の原料となる「タンパク質」や、育成を促進させる「ミネラル」「ビタミン」の不足は髪の成長を妨げる大きな原因になります。

  • 「ビタミン」・・・血行促進・髪の老化防止
  • 「タンパク質」・・髪の毛の原料となる
  • 「ミネラル」・・・髪の育成の促進をする

上記の栄養分が不足していると、発毛の促進を妨げるため、AGAの大きな原因となります。

対策

1日3食、肉・魚・野菜・乳製品などバランス良く食べることを心がけましょう。難しければ、「納豆」と「ごま」を毎日食べられれば、簡単にこれらの栄養素を摂取できます。

5αリダクターゼを抑制することで、デヒドロテストステロン(DHT)の分泌を抑えることが期待る栄養素があります。それは、「イソフラボン」と「亜鉛」です。

  • イソフラボンを取れる食材・・・納豆、豆腐など
  • 亜鉛を取れる食材・・・・・・・牡蠣、煮干し、するめ、ビーフジャーキー、チーズなど

食生活はすべての万病の元ですので、正しいバランスの良い食事を摂るように心がけましょう。

NGな食生活

以下の3つのものはAGAを促進させるリスクがあります。

  • 塩分
  • 油分
  • 食品添加物

「塩分」と「油分」をとることで、皮膚がギトギトになり、毛髪の育成に良くない環境ができてしまいます。また、「食品添加物」は血行を悪化させるため、発毛に悪影響を与えます。

そのため、以下のような食べ物はなるべく避けることがAGA対策には大切です。

  • ラーメン
  • スナック菓子
  • ファーストフード
  • 揚げ物
  • コンビニ弁当など

我慢することは難しくても、頻度を落としたり、良くない成分が少ないものを選ぶなど工夫をしてみましょう。

薄毛に良いとされている食べ物について詳しく知りたい方は「プロが教える!育毛に効果的な食べ物と簡単な食事の全知識」を参考にしてみてください。

4-2. ストレス

仕事や寝不足などでストレスがたまると、男性ホルモンが多く分泌されます。男性ホルモンは脱毛ホルモンとも呼ばれるジヒドロテストステロン(DHT)を生成してしまうため、ストレスはAGAの大きな理由となります。

また、ストレスは血管を収縮させる原因になります。頭皮に必要な栄養は血液によって運ばれていますから、髪の毛への栄養供給を阻害してしまうことでAGAの原因となります。

対策

  • 睡眠の量と質にこだわる
  • 定期的にストレスを発散する

4-3. 血行不良

栄養分や酸素は血液で運ばれますが、頭皮の血行が悪くなってしまうと、毛髪に栄養酸素が行き渡らなくなります。

すると、毛髪の育成に悪影響を及ぼすだけでなく、髪の毛が弱ってしまいます。そのため、血行を悪くするような生活習慣はAGAに大きな影響を与えます。

  • 過度の飲酒や喫煙を控える
  • 適度な運動や入浴を行う
  • 血行に良いものを食べる

4-4. 運動不足

脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)は汗と一緒に体外に排出させることが可能です。この効果はわずかではありますが、運動をしている人はAGAになりにくい傾向にあります。

反対に運動不足な方はジヒドロテストステロン(DHT)を排出しにくいだけでなく、血行が悪くなる傾向にあるため、運動不足はAGAの原因になります。

対策

  • 有酸素運動を定期的に行う
  • 通勤で少しの距離を歩く

4-5. 過度な飲酒

飲酒によるAGAの影響は下記の2点です。

  • ジヒドロテストステロン(DHT)の増加
  • アミノ酸の消費

飲酒により、脱毛ホルモンと呼ばれるジヒドロテストステロン(DHT)が増加します。

また、アルコールの分解するためにアミノ酸が使われます。このアミノ酸は育毛に必要な栄養素であるためAGAには良くありません

対策

量が多くなければ、飲酒は血行促進やリラックス効果が高まります。飲酒時に気をつけるべきなのは、以下の2点です。

  • 飲酒量を控える
  • おつまみに気をつける

飲酒は食欲を高める作用を持っているため、油っぽいものを食べてしまったり、食すぎてしまいがちです。飲酒量は控え、おつまみなども野菜を中心に油っぽいものは控えましょう。

4-6. 喫煙

喫煙がAGAに良くない理由が2つあります。

  • 血行不良
  • ビタミンの破壊

喫煙は血管を収縮させ、血行を悪くする作用があります。血行不良は育毛に必要な栄養の供給に影響を及ぼすため、AGAにつながります。

また、ビタミンは髪や頭皮を作るために必要な栄養素ですが、タバコに含まれる成分によってビタミンが破壊されてしまうためAGAに良くありません。

対策

喫煙をしないことが一番の対策ですが、タバコを軽いものに変えるか、頻度を抑えるなどの対策が必要です。

4-7. 頭皮への刺激

AGAの主な原因は、遺伝、ホルモンバランスですが、頭皮への刺激は直接的なAGAの原因にはなりにくいです。しかし、すでにAGAが始まっている方は頭皮や毛根にダメージを与えることになるので、なるべく頭皮への刺激は控えた方がいいでしょう。

皮脂の洗い残し

頭皮からは常に皮脂が分泌されており、空気中のゴミがつきやすいので非常に汚れやすい環境にあります。そして、その汚れが毛穴をふさいでしまうと、頭皮が皮膚呼吸できなくなり、毛根が弱ってしまいます。そのため、頭皮をよく洗えていないとAGAの大きな原因になります。

対策

対策はきちんと毎日髪を洗うことだけです。下記の頭皮に優しい頭の洗い方を参考にしっかりと洗いましょう。

頭皮に優しい頭の洗い方

  1. シャンプーの前に指の腹で2〜3分程洗う
  2. シャンプーは手の上で泡立ててから使う
  3. 指の腹で洗う(爪を立ててはだめ)
  4. すすぎは3分以上、リンスはその倍以上すすぐ

パーマ・カラー・整髪料

パーマ・カラー・整髪料などが頭皮についてしまうことで、刺激となり炎症を引き起こしたり、毛根がダメージを受けてしまいAGAの原因となっている可能性があります。

対策

パーマやカラーについては、頻度を抑えるか、やらないのどちらかしかありません。

整髪料については、頻度を抑えるか、洗髪時にしっかりと洗い流すように気をつけましょう。

おしゃれが気になる人は、「豊富な画像でわかるハゲでもかっこいい男の髪型と6つの条件」こちらの記事でAGAが気になり始めた人のためのおすすめの髪型をまとめていますので、参考にしてください。

5. 最後に

AGAの治療に効果が得られないケースや、治療の効果について詳しくお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?

AGAの治療は毛根の細胞が死滅してからでは効果がありません。

AGAは根本的な原因に全て対処できるような方法は確立されてないため、効果があると信じて地道に生活習慣や食生活、頭皮環境を整えていくことがとても重要です。

その上で、あなたの髪の状況にあった効果が見込める治療を行いましょう。

あなたの頭の悩みが少しでも改善することを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket