広告に騙されるな!簡単に治る産後の抜け毛の原因と3つの対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

産後の抜け毛の多さに驚いて、悩みを抱えていませんか?

実は出産をした女性の7割が産後の抜け毛で悩んでいます。

産後の抜け毛は病気などではなく全く心配はありませんが、髪が抜ける原因を知らなければ、間違った対策をしてしまったり、不安によりストレスが溜まってしまいかねません。

本ページでは育毛アドバイザーとして過去に300人以上の育毛のお手伝いをしてきた筆者が産後に抜け毛が増える理由と対策、ちょっとした工夫を下記の流れで紹介していきます。

  1. 産後に抜け毛が増える理由
  2. 抜け毛を防ぐために、産後こそ気をつけるべき3つのこと
  3. 産後薄くなった頭を隠せる髪型3選

本ページを読んでいただければ、あなたの抜け毛の悩みがぐっと軽くなるでしょう。

1. 産後に抜け毛が増える理由

産後に髪が抜け毛が増えて驚く女性は非常に多いです。しかし、出産を経験した女性のおよそ7割が経験していることなので安心して大丈夫です。

ネットにも多くの方の悩みが投稿されていますが、下記のように共感と「治るから大丈夫」という声もたくさんあるので、安心していただけるのではないでしょうか。

口コミ・評判

yuukorokorobooさん
絶賛抜け毛中です。産後三ヶ月くらいから始まり、最近少し落ち着いてきたかな?と思ってます。(産後半年です)質問者様とよく似ているようで、私も三ヶ月頃までストレス漬け、泣きまくりました。しかし今はすっかり良くなりました。体重も妊娠中8㌔太り、12㌔痩せました。半年たった今は全く減りません。お菓子が好きな為太ってしまいました。生理も産んだ翌月始まり、生理前は母乳の出が悪くなり子どもが泣くので完ミに変えました。どれも全部病気ではありませんよ!抜け毛は古いものが出ていくという意味ですごく良いことだとうちの母が言ってました。生理が早く始まるのも子宮が元気だからだそうです。もう次の子を産む準備を始めているそうです。なのでご安心下さい。

このように、産後の抜け毛は仕方ないものでなのです。それでは、なぜ産後に髪が抜けるのか?その理由について解説していきたいと思います。

1-1. 産後に髪が抜ける理由

産後に髪が抜ける原因は女性ホルモンの減少にあります。妊娠中は女性ホルモンが一時的に多い状態となります。

通常、髪は生えて、成長し、抜けるという一定のサイクルで生え変わっていますが、妊娠により女性ホルモンが増えることで、髪の毛が抜けにくくなります。

そして、出産すると女性ホルモン一気に減少し、妊娠中に抜けなかった髪が一気に抜けてしまうため、髪が薄くなってしまいます。

実は、女性ホルモンが減少することはとても重要な役割を担っています。生まれた赤ちゃんに母乳を与える方も多いと思いますが、女性ホルモンが減少することで母乳の分泌を活発化させています。

1-2. 宣伝文句にだまされるな!

「一刻も早く薄毛を何とかしたい」という方も非常に多く、気持ちは痛いほどわかります。

一般的に、産後の抜け毛を改善するために女性用の育毛剤やシャンプーがいいと言うサイトや本などもありますが、筆者はおすすめしていません。

なぜなら、産後の抜け毛は一時的な物で、育毛剤やシャンプーなどに頼らなくても、時間と共にほとんどが治ってしまうからです。また、育毛剤やシャンプーは薄毛を改善する効果は証明されておらず、現状維持の要素が強いからです。

「早く治らないかな?」「どうやって対策したらいいのかな?」という心配はストレスとなり、それこそ髪にも影響が出ますので、赤ちゃんを産むために必要なことだったと受け入れる心がとても重要です。

1-3. 産後の抜け毛はいつ治るのか?

産後に始まった脱毛の症状は個人差はありますが、半年〜1年も経てば治ってしまいます。

髪は抜けて、成長し、生えるという一定のサイクルを繰り返していますが、髪が抜けてから産毛が生え始めるまでが最短でおよそ3ヶ月ほどと言われています。そこから髪が成長し、太く、長くなるためにはさらに時間がかかるので、薄毛が目立たなくなるのは最短でも半年程度と考えた方が良いでしょう。

2. 抜け毛を防ぐために、産後こそ気をつけるべき3つのこと

産後の抜け毛は対策などしなくても、自然に治っていくものなので心配はいりません。

ただ、出産後の環境の変化により、下記の3つのようなことが原因で薄毛になってしまうケースが稀にあります。

  • 食事
  • 睡眠
  • ストレス

以下のポイントは育児と両立することは大変難しいかもしれませんが、少し意識することで心や体を健全に保ち、症状の回復につながるでしょう。

2-1. 食事

食事は髪の育成に必要な栄養を届けるためには欠かせないポイントです。

赤ちゃんを育てる女性は、母乳に栄養分を奪われるので栄養が不足しがちです。妊娠前に食べていた量と同じ量を食べていても、足りない可能性もあります。

赤ちゃんのためにもタンパク質、ビタミン、ミネラルなど、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

産後すぐにダイエットを開始する方も多いですがダイエットは、さらに栄養不足のリスクを高めますし、制限によりストレスもたまりやすくなってしまいますのでほどほどにしましょう。

2-2. 睡眠

赤ちゃんがいると睡眠が妨げられるのは仕方ないですよね。多くの女性が睡眠不足に陥りがちです。

睡眠不足から抜け毛が起こることもあります。夜に長い睡眠を摂ることが難しければ、お昼寝をするなどなるべく睡眠によるストレスを溜めないようにしましょう。

2-3. ストレス

ストレスは抜け毛を引き起こす原因になるので、なるべくストレスを溜めない方がよいでしょう。

出産により、家族が増えることで、生活環境も変化が起こります。

育児は体力を使いますし、生活の変化はそれだけでもストレスとなります。さらに産後はホルモンのバランスが乱れやすく、心も不安定になりがちです。

なるべくパートナーや親族の方などと協力をしながら、ストレスを溜め込まないように気をつけましょう。

3. 産後薄くなった髪を隠せる髪型3選

産後髪が抜けて、薄くなった状態で外に出るのが嫌になってしまう女性も少なくありません。

育児にも邪魔にならず、簡単にセットできて、少しでも薄毛を隠せる髪型を3つ紹介します。

髪型を変えて隠してしまうことで、ストレスも軽減でき、抜け毛の改善を早めてくれるかもしれません。

ポンパドール

出典:http://trendpride.com/archives/6514.html

前髪を上げてしまうことで、頭頂部の薄毛を隠すことができてとても優しい印象になります。ショート、ロングなど、髪の長さに関係なくできる髪型なのもよいですね。

育児をするときに前髪は邪魔になることも多いので一石二鳥です。

ポニーテール

出典:http://yuigami.com/958.html

育児中の女性に定番の髪型はポニーテールです。育児に忙しい女性にとってセットに時間がかからないのは重要なポイントですよね。髪を一つにまとめることで髪が垂れてくるのを防ぎ、生え際が見えにくくなるので、薄毛を隠すことができます。

お団子(女性)

出典:https://www.cosme.net/biche/articles/izfNntra

薄毛を隠すにはお団子がとても有効な髪型です。

髪が長ければ隠れる部分を多く調節することができる上、頭全体の生え際を隠すことができるので、とても便利な髪型です。

産後の髪は抜けやすくなっているため、引っ張り上げすぎないようにだけ注意しましょう。

4. さいごに

産後の抜け毛についての原因や対策、薄毛を隠せる髪型について詳しくお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?

産後の抜け毛の原因は、出産により女性ホルモンが一気に減少することにあります。

女性にとって髪はとても重要なので、焦る気持ちはわかりますが、赤ちゃんを育てるために必要なことだと割り切って、日常生活を整え平穏に暮らしましょう。

育児中の女性にぴったりで、薄い髪を隠せる髪型を参考にしながら、時間をかけずにストレスをかけないようにしましょう。

あなたの頭の悩みが少しでも改善することを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket